)

冬だから遠くまでよく見える!日本のタワー・展望台巡り

2017.02.28

日本の観光で定番スポットのひとつといえば、タワーや展望台。冬は空気が澄んでいて、高い場所から日中は遠くまで見渡すことができ、夜は綺麗な夜景を眺めることができます。東京や大阪の大都市にそびえ立つシンボル的な3つのタワー、ビルをご紹介します。

歴史を感じさせる東京のシンボル「東京タワー(333m)」(東京)

歴史を感じさせる東京のシンボル「東京タワー(333m)」(東京)
古くから東京のシンボルとしてその名を知られる「東京タワー」。高さ150mに位置する大展望台と、高さ250mの特別展望台(※)があります。展望台へはエレベーターを利用できますが、外階段で昇ることもできます(土日祝開放)。約600段あり20分ほどかかりますが、階段を昇りきると記念として「昇り階段認定証」を授与されます。

歴史を感じさせる東京のシンボル「東京タワー(333m)」(東京)2
歴史を感じさせる東京のシンボル「東京タワー(333m)」(東京)3
冬は温かみのあるオレンジ色に点灯されます

大展望台では、冬の間3Dマッピングイベント「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA」を開催。未来都市・東京の風景をイメージさせる“体験型”マッピング映像の迫力を間近で楽しむことができます。

●東京タワー
●港区芝公園4-2-8
●03-3433-5111
https://www.tokyotower.co.jp/
●無休
●大展望台/特別展望台9:00-23:00(最終入場22:30)※特別展望台は2017年夏頃までリニューアル工事の為営業を休止予定

日本一高いビル「あべのハルカス(300m)」(大阪)

日本一高いビル「あべのハルカス(300m)」(大阪)
日本で一番の高さを誇るビルが「あべのハルカス」。その展望台が「ハルカス300」です。足元から天井までガラスを配した屋内回廊からは、東西南北360度景色を見渡すことができ、大阪平野をはじめ、京都や神戸まで臨める圧巻の迫力です。

日本一高いビル「あべのハルカス(300m)」(大阪)2
あべのハルカスの屋上ヘリポートを見学できる特別ツアー「ハルカス300 ヘリポートツアー」も人気。遮るもののない屋上から見る大阪の絶景は、これまた見応え充分。※入場料に別途+500円

日本一高いビル「あべのハルカス(300m)」(大阪)3
●あべのハルカス
●大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
●06-6621-0300(ハルカス300)
●9:00-22:00
●年中無休
http://www.abenoharukas-300.jp/observatory/

東京の新しい名所「東京スカイツリー(R)(634m)」(東京)

東京の新しい名所「東京スカイツリー(R)(634m)」(東京)
©TOKYO-SKYTREE

東京のシンボルとして2012年に開業した「東京スカイツリー」。足元から高くなるにしたがって円形にかわります。上部が円形になることで、どの方向から吹く風も受け流すことができます。このシルエットは伝統的日本建築などに見られる「そり」や「むくり」を意識しており、この形により見る方向で形がちがうといったデザインになっています。

東京の新しい名所「東京スカイツリー(R)(634m)」(東京)2
©TOKYO-SKYTREE

東京の新しい名所「東京スカイツリー(R)(634m)」(東京)3
©TOKYO-SKYTREE

東京の新しい名所「東京スカイツリー(R)(634m)」(東京)4
©TOKYO-SKYTREE

東京の新しい名所「東京スカイツリー(R)(634m)」(東京)5
©TOKYO-SKYTREE

「天望デッキ(350m)」と「天望回廊(450m)」の2つの展望台があり、見渡すと眼前には東京タワーや東京ドーム、新宿副都心、浅草方面など東京の美しい景色が。東京観光の美しい思い出となること間違いなし!

●東京スカイツリー
●東京都墨田区押上1-1-2
●0570-55-0634(東京スカイツリーコールセンター 9:00-20:00)
http://www.tokyo-skytree.jp/
※「天望デッキ」「天望回廊」ごとにチケットの購入が必要。日時指定券(事前予約)はセット券有り。詳しくはHPを確認

※2017年1月5日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む