)

シリーズ「日本の城めぐり」中部編

2017.02.23

日本には古代から明治維新に至るまで、数万とも言われる城が築かれました。今回は16世紀に日本の天下人となった織田信長、豊臣秀吉を生んだ名古屋を中心に、中部地方への旅行でぜひ訪れたい城郭をご紹介しましょう。

元豊臣方の大名が天下普請により築城した巨城「名古屋城」(愛知県名古屋市)

元豊臣方の大名が天下普請により築城した巨城「名古屋城」(愛知県名古屋市)
元豊臣方の大名が天下普請により築城した巨城「名古屋城」(愛知県名古屋市)2
元豊臣方の大名が天下普請により築城した巨城「名古屋城」(愛知県名古屋市)3
元豊臣方の大名が天下普請により築城した巨城「名古屋城」(愛知県名古屋市)4
名古屋市のシンボル。江戸幕府を開いた徳川家康が大名を動員して作らせた城です。金のシャチホコを乗せた五層の天守閣は戦災後に外観復元されたもので、現在、尾張藩主の住居・政庁であった本丸御殿も復元工事中です。

●052-231-1700(名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所)
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/
●9:00-16:30(天守閣・本丸御殿への入場は16:00まで)
●観覧料大人500円
●12月29〜31日および1月1日休み

国宝に指定された最古の天守「犬山城」(愛知県犬山市)

国宝に指定された最古の天守「犬山城」(愛知県犬山市)
国宝に指定された最古の天守「犬山城」(愛知県犬山市)2
国宝に指定された最古の天守「犬山城」(愛知県犬山市)3
木曽川を見下ろす小高い山の上に建つ姿は、李白の詩になぞらえ「白帝城」とも呼ばれています。天守は日本に現存する12天守のひとつ。徳川家康と豊臣秀吉が衝突した小牧・長久手の戦いでは秀吉の本陣となっています。

●0568-61-1711(犬山城管理事務所)
http://inuyama-castle.jp/
●9:00-17:00(入場は16:30まで)
●入場料大人550円
●12月29〜31日休み

関ヶ原の戦いのもう一つの舞台「大垣城」(岐阜県大垣市)

関ヶ原の戦いのもう一つの舞台「大垣城」(岐阜県大垣市)
関ヶ原の戦いのもう一つの舞台「大垣城」(岐阜県大垣市)2
写真:大垣市教育委員会提供

1600年、天下分け目の決戦となった関ヶ原の戦いで西軍の拠点となった城。四層四階という珍しい作りの天守が復元され、城内には関ヶ原の戦いの前哨戦、杭瀬川の戦いのジオラマや、当時の火縄銃、弓、槍などを手にとって体験できるコーナーがあります。

●0584-74-7875
http://www.ogakikanko.jp/spot/ogakijyo/
●9:00-17:00
●入場料大人100円
●12月29日〜1月3日休み、臨時休館日あり

140年ぶりに木造で再建された名城「掛川城」(静岡県掛川市)

140年ぶりに木造で再建された名城「掛川城」(静岡県掛川市)
140年ぶりに木造で再建された名城「掛川城」(静岡県掛川市)2
140年ぶりに木造で再建された名城「掛川城」(静岡県掛川市)3
「内助の功」で知られるのちの土佐藩主、山内一豊ゆかりの城。東海道新幹線の掛川駅付近からも姿が望めます。二の丸御殿は数少ない現存御殿建築。1994年、天守閣が大戦後初めて木造で復元されています。

●0537-22-1146(掛川城公園管理事務所)
http://kakegawajo.com/tensyu/
●9:00-17:00(入館は16:30まで)
●入場料大人410円
●無休

※いずれも2017年1月1日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む