)

シリーズ「日本の名湯を訪ねる」熱海

2017.01.27

開湯1200年と日本の温泉の中でも長い歴史を持つ静岡県の熱海温泉。江戸時代には将軍・徳川家康がこよなく愛し、歴代将軍が熱海から江戸城のある東京まで熱海の温泉を運ばせたことでも知られています。熱海は、長い時を刻んできた風格と、現代のニーズに合わせた進化で、人気温泉地ランキングでは常に上位をキープしています。
シリーズ「日本の名湯を訪ねる」熱海

江戸時代末期創業の風情を残しつつ現代の快適性も「星野リゾート 界 熱海」

相模湾を望む熱海・伊豆山の高台に佇む温泉旅館。1849年に創業した老舗宿の和の風情を受け継ぎつつ、新たに手を加え現代の快適性を備えた「本館」と、国の登録有形文化財に指定されたクラシカルな洋館でフレンチが愉しめるオーベルジュ「別館ヴィラ・デル・ソル」から成り立っています。伊豆山の自然と相模湾の潮騒に抱かれ、心から寛ぎの時が過ごせる上質空間です。

江戸時代末期創業の風情を残しつつ現代の快適性も「星野リゾート 界 熱海」
江戸時代末期創業の風情を残しつつ現代の快適性も「星野リゾート 界 熱海」2
江戸時代末期創業の風情を残しつつ現代の快適性も「星野リゾート 界 熱海」3
●星野リゾート 界 熱海
●0570-073-011(界予約センター)
●+81-50-3786-1144
●静岡県熱海市伊豆山750-6
●本館1泊2食2名1室1人34,000円〜、別館1泊2食2名1室1人29,000円〜
http://kai-ryokan.jp/atami/
http://www.hoshinoresorts.com/en/resortsandhotels/kai/atami-ryokan.html(英語版)

樹齢100年を越える古木を含め、59品種472本の梅が咲き競う「熱海梅園」

明治19年に開園した熱海梅園は、例年11月下旬から早咲きの梅が咲き始め、中咲き、遅咲きと次々に開花。1月上旬〜3月上旬の「熱海梅園梅まつり」の期間中、いつでも花と花の芳香が愉しめます。まつり期間中は、足湯や土産店もオープン。日によって熱海芸妓連演芸会や落語会、甘酒無料サービスもあり賑わいます。また、秋には日本一遅いと言われる紅葉も見事。11月中旬〜12月上旬には「熱海梅園もみじまつり」も開催されます。

樹齢100年を越える古木を含め、59品種472本の梅が咲き競う「熱海梅園」
樹齢100年を越える古木を含め、59品種472本の梅が咲き競う「熱海梅園」2
樹齢100年を越える古木を含め、59品種472本の梅が咲き競う「熱海梅園」3
●熱海梅園
●0557-85-2222(熱海市観光協会)
●静岡県熱海市梅園町8-11
http://www.ataminews.gr.jp
●8:30-16:00(時間外無料開放)
●無休
●まつり期間中のみ入園料大人: 300円

大広間でのんびり休憩もOK。元旅館の日帰り温泉施設「日航亭 大湯」

熱海駅から徒歩約15分。元は旅館だった建物をそのまま利用しており、どこか昭和が香るような懐かしい雰囲気が魅力の日帰り温泉施設です。露天風呂や内風呂でじっくり温まったあとは、30畳の大広間を休憩室として無料利用できます。また、空いていれば家族風呂も追加料金なしで利用できるので、グループでゆったり温泉浴を愉しみましょう。
大広間でのんびり休憩もOK。元旅館の日帰り温泉施設「日航亭 大湯」
大広間でのんびり休憩もOK。元旅館の日帰り温泉施設「日航亭 大湯」2
大広間でのんびり休憩もOK。元旅館の日帰り温泉施設「日航亭 大湯」3
●日航亭 大湯
●0557-83-6021
●静岡県熱海市上宿町5-26
●9:00-20:00
●火曜休み(祝日の場合は翌日)
●入浴料:中学生以上1,000円

獲れたて新鮮!生け簀で直前まで泳ぐ地魚グルメが自慢「割烹 竜田」

熱海のグルメで外せないのが熱海市場の魚や、網代、伊豆山などの漁港で水揚げされる地魚を使った料理。和洋食取り揃えた老舗小料理屋のこちらでは、生け簀で泳ぐアジをその場でさばいてつくる梅味噌味の和風ビビンバが人気です。

獲れたて新鮮!生け簀で直前まで泳ぐ地魚グルメが自慢「割烹 竜田」
地アジ和風ビビンバ定食 1,250円

獲れたて新鮮!生け簀で直前まで泳ぐ地魚グルメが自慢「割烹 竜田」2
●割烹 竜田
●0557-81-3751
●静岡県熱海市中央町5ー3
●11:00-13:30(LO)、17:00-21:30(LO)
●月曜休み

※2016年12月16日現在の情報です。詳細は店舗に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む