)

おすすめ歴史観光スポット 古都・奈良

2017.01.19

古代日本の中心地として栄えた日本の古都・奈良。京都よりも前の時代から都がおかれていたこの地をめぐるなら外せない観光スポットをご紹介します。

古都の魅力を凝縮「奈良公園」

古都の魅力を凝縮「奈良公園」
(興福寺 撮影:矢野建彦)

奈良駅の周りに広がるのが、高さ約15mの大仏様をご本尊とする東大寺(todaiji)、約50mもの高さがある五重塔をもつ興福寺(Kohfukuji)、鮮やかな朱塗りの社殿の春日大社(kasugataisha)という3つの世界遺産が隣接する奈良公園です。野生の鹿とのふれあいも奈良観光の醍醐味です。

古都の魅力を凝縮「奈良公園」2
●奈良公園
●0742-22-0375(奈良公園事務室)
●奈良市登大路町・雑司町・高畑町・春日野町
http://nara-park.com/
●奈良公園は常時開放、各寺社・施設の開門・閉門時間は要確認
●奈良公園は無休、各寺社・施設は要確認

散歩するだけでも楽しい「ならまち」

世界遺産「元興寺(gangoji)」の旧境内に広がる、格子窓が特徴の古い町屋が立ち並ぶのが「ならまち」と呼ばれる区域です。現在は多くのグルメスポットやショップが集まり、人気の観光地となっています。

散歩するだけでも楽しい「ならまち」
写真提供:奈良市観光協会

見どころの一つとして、軒下に吊るされた赤い身代わり申が目を引く「庚申堂」があります。屋根の上に座る「見ざる・聞かざる・言わざる」を象徴する猿の像も必見です。

●庚申堂
●0742-22-3900(奈良市観光センター)●奈良市西新屋町14 ●参拝自由

散歩するだけでも楽しい「ならまち」2
ならまちの中でもひときわ雅に佇むのが重要文化財「今西家書院」。室町時代中期(15世紀)の建築様式「書院造り」で建てられており、美しいお庭を眺めながら一服することもできます。

散歩するだけでも楽しい「ならまち」3
●今西家書院
●0742-23-2256●奈良市福智院町24-3
http://www.harushika.com/study/
●10:00-16:00 ●月曜、8月上旬~中旬、12月下旬~1月上旬休み●350円

最新オススメグルメスポット① ふわふわ食感で人気爆発「ほうせき箱」

最新オススメグルメスポット① ふわふわ食感で人気爆発「ほうせき箱」
氷に縁の神様を祀る「氷室神社」を篤く信奉するかきごおり店。ふわふわのエスプーマに包まれた口当たり抜群のかき氷に、毎日行列ができています。

●こおりとお茶のお店 ほうせき箱
●0742-93-4260●奈良市餅飯殿町12(夢キューブ内)
https://www.facebook.com/housekibaco/
●10:00-19:00(かき氷は11:00~)●木曜休み

最新オススメグルメスポット① ふわふわ食感で人気爆発「ほうせき箱」2

最新オススメグルメスポット② 「coto coto」

最新オススメグルメスポット② 「coto coto」
自家菜園や奈良近郊で収穫された「大和伝統野菜」など地元食材をふんだんに使用したヘルシーメニューが食べられるお店です。

最新オススメグルメスポット② 「coto coto」2
●coto coto
●0742-22-6922●奈良市東寺林町38(奈良市ならまちセンター1F)
http://www.kiyosumi.jp/cotocoto
●11:30-17:00(ランチ:LO14:00、カフェ:LO16:30)/18:00-24:00(コース:LO21:30、アラカルト:LO 23:00)
●火曜、日曜夜休み

千年を超える歴史と、新しい魅力のたくさんつまった奈良旅行をぜひ楽しんで下さい!

※2016年12月8日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む