)

シリーズ「日本の世界遺産」軍艦島

2017.01.17

2015年、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の一つとして世界文化遺産に登録された通称「軍艦島」は、九州・長崎県にある「端島」のこと。島にまつわる観光スポットをご紹介します。

軍艦島の歴史と価値

軍艦島の歴史と価値
軍艦島(端島)は炭鉱の採掘を始めた1870年から104年にわたり、燃料供給面で日本の近代産業を支えた島です。幅約160m、長さ約480mの島に最盛期は5,000人以上が暮らし、人口密度世界一と言われました。当時建設された多くの高層マンションが立ち並ぶ姿から、いつしか「軍艦島」と呼ばれるようになりました。

軍艦島の歴史と価値2
市場や映画館、病院など全ての都市機能を備え栄えた島は、鉱山の閉山とともに全島民が去り、廃墟となりました。住宅内には当時の生活用品などが残されており、島すべてが明治から昭和の庶民の暮らしを知る貴重な資料となっています。

軍艦島資料館

軍艦島資料館
軍艦島での人々の暮らしや炭鉱の働きぶりなどを充実したパネル展示で知ることのできる施設。4K画面で見られるムービーは一見の価値あり。

軍艦島資料館2
●長崎市軍艦島資料館
●095-893-1651●長崎県長崎市野母町562-1
http://www.at-nagasaki.jp/gunkan/museum/
●9:00-17:00●無休(但し12/29~1/3を除く)●大人200円(小中学生100円)

<軍艦島をめぐるツアー>
軍艦島の周遊・上陸ツアーが各港から出港しています。現在個人での島への上陸は許可されておらず、ツアーの参加が必須、また誓約書などが必要です。今回はその中から2つのツアーをご紹介。ホームページで予約・確認を。
※いずれのツアーも、軍艦島入場料金300円が別途必要です。
※天候により、出港・上陸ができない場合があります。

軍艦島コンシェルジュ

軍艦島コンシェルジュ
充実したレクチャーや元住民のガイドで深く軍艦島を楽しめるツアー。プロジェクションマッピングで活気に満ちた町の様子や、立入禁止区域の風景を再現した軍艦島デジタルミュージアムに立ち寄ることも可能です(別料金)。

軍艦島コンシェルジュ2
●軍艦島コンシェルジュ
●095-895-9300●長崎県長崎市常盤町1-60
http://www.gunkanjima-concierge.com/
●ツアー:10:30~、13:40~
●軍艦島デジタルミュージアム:9:00-18:00(最終入館17:30)●不定休
●大人4,000円/軍艦島デジタルミュージアム入館料1,800円(ツアー利用者は900円)

軍艦島クルーズ

軍艦島クルーズ
軍艦島への上陸解禁後、初上陸した船で島を巡るツアー。船内、上陸後ともに現地ガイドが詳しく歴史や遺構について解説。

軍艦島クルーズ2
●軍艦島クルーズ
●095-822-5002●長崎県長崎市元船町17-3長崎港ターミナルビル内
http://www.gunkan-jima.net/
●クルーズ:9:00~、13:00~
●不定休●大人4,200円

※2016年12月7日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む