)

沖縄でホエールウォッチング!

2017.01.16

沖縄観光の魅力といえば、やっぱり世界有数の透明度を誇る海。いくら亜熱帯といっても日本、さすがに冬は泳ぐのは無理ですが、この時期だけの楽しみがあるんです。それはホエールウォッチング。12月から3月にかけて、沖縄近海を訪れるザトウクジラと巡り会うツアーを出発地ごとに紹介します。

サービス満点の人気ツアー「マリンハウスシーサー那覇店」(那覇港発)

サービス満点の人気ツアー「マリンハウスシーサー那覇店」(那覇港発)

サービス満点の人気ツアー「マリンハウスシーサー那覇店」(那覇港発)2
老舗ダイビングショップがプロデュースする慶良間諸島周辺への半日ツアー。見るだけでなく専門スタッフによる充実したガイドや、骨を通じて音を聞くクジラの耳体験、水中マイクでの生のクジラの歌声、ショップ内のくじら資料館など、盛り上がる要素もいっぱい。

サービス満点の人気ツアー「マリンハウスシーサー那覇店」(那覇港発)3
●0120-10-2743
http://www.seasir.com/naha/whale/
●2016年12月23日〜2017年4月9日
●午前便:8:30出港-12:00帰港、午後便:13:30出港-17:00帰港
●大人:4,200円、6〜12歳:3,000円、0〜5歳:無料 ※那覇市内ホテルへの無料送迎あり(要事前予約)

少人数クルーザーでじっくりウォッチング「サウスtoサウス」(那覇港発)

少人数クルーザーでじっくりウォッチング「サウスtoサウス」(那覇港発)
2016年度のクジラ遭遇率99.5%というツアー。高速クルーザーを使用し、1日2便で各定員25名の少人数制。慶良間・チービン諸島方面へ。レインコート無料レンタル、ポストカードプレゼントも。

少人数クルーザーでじっくりウォッチング「サウスtoサウス」(那覇港発)2
●098-867-4445
http://www.south4445.com/kuzira2.htm
●2017年1月7日〜4月9日、午前便:9:30出港、午後便:13:30出港
●約4時間
●12歳以上:4,200円、6〜11歳:3,200円(いずれもWEB割での価格)、2歳以下乗船不可 ※那覇市内ホテルへの無料送迎あり(要事前予約)

穴場の海域をめざそう「沖縄アイランドクルー」(本部港発)

穴場の海域をめざそう「沖縄アイランドクルー」(本部港発)
美ら海水族館近くの本部港から出発するホエールウォッチングは、伊江島近海や名護湾周辺へ。比較的船が少ないエリアなので、その分クジラも見やすいそう。スタッフが撮影した写真がダウンロードできるサービスもあります。

穴場の海域をめざそう「沖縄アイランドクルー」(本部港発)2

穴場の海域をめざそう「沖縄アイランドクルー」(本部港発)3

穴場の海域をめざそう「沖縄アイランドクルー」(本部港発)4
●0980-47-6140
http://www.oi-crew.com/
●2017年1月7日〜4月6日、午前便:9:00〜、午後便:13:30〜
●約3〜4時間
●大人:4,800円、4歳〜小学生:3,800円、0〜3歳:無料 ※いずれも出港30分前に沖縄アイランドクルーに集合

クジラの泳ぐ海が目の前!「座間味村ホエールウォッチング協会」(座間味港発)

クジラの泳ぐ海が目の前!「座間味村ホエールウォッチング協会」(座間味港発)
ザトウクジラの遊泳海域である慶良間諸島で、地元が中心となって保護のためのルールを守りつつ運営。島の展望台から双眼鏡でクジラを探し、無線で誘導しています。港からウォッチングポイントまで近いのも魅力。

クジラの泳ぐ海が目の前!「座間味村ホエールウォッチング協会」(座間味港発)2
●098-896-4141
https://www.vill.zamami.okinawa.jp/whale/
●2016年12月27日〜2017年4月上旬、午前便:10:30-12:30,午後便:13:00-15:00,いずれも30分前に集合、参加費大人5,400円、小学生2,700円、未就学児無料

※2016年12月13日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む