)

流氷を見に行こう

2017.01.12

日本を代表する冬の観光地・北海道へは、遠く南半球からも数多くの観光客がウインタースポーツや札幌の雪まつりのために訪れます。でも、もうひとつ忘れてはいけないのが流氷です。遠くアムール川河口で生まれ、1,000kmを旅してオホーツク沿岸を埋めつくす流氷の世界へ旅立ちましょう。運がよければアザラシやオオワシにも出会えます。

360度流氷の世界へ「網走流氷観光砕氷船おーろら」(網走市)

360度流氷の世界へ「網走流氷観光砕氷船おーろら」(網走市)
網走港から発着し、氷に乗り上げて割りながら進む、南極観測船と同じ仕組みを持つ流氷観光砕氷船。最大定員450名の大型船で、暖かい船内からも、遠くまで見渡せる展望デッキからも流氷の眺めを満喫できます。

360度流氷の世界へ「網走流氷観光砕氷船おーろら」(網走市)2

360度流氷の世界へ「網走流氷観光砕氷船おーろら」(網走市)3
●0152-43-6000
https://www.ms-aurora.com/abashiri/
●2017年1月20日〜4月2日運航、1月・3月は1日4便、2月は1日5便、4月は1日2便。このほか2月10日〜3月12日までの金土日には16:30発のサンセットクルーズも。
●大人3,300円、小学生1,650円。できれば予約を

氷原へ突き進め!「流氷砕氷観光船ガリンコ号Ⅱ」(紋別市)

氷原へ突き進め!「流氷砕氷観光船ガリンコ号Ⅱ」(紋別市)

らせん状のアルキメディアンスクリューを装備した流氷砕氷観光船。現在の船は、アラスカ油田開発のための実験船を改造した初代に代わって平成9年に登場しました。船首室からはスクリューが豪快に氷を割っていく様子も見られます。

氷原へ突き進め!「流氷砕氷観光船ガリンコ号Ⅱ」(紋別市)2

氷原へ突き進め!「流氷砕氷観光船ガリンコ号Ⅱ」(紋別市)3
●0158-24-8000
http://www.garinko.com/
●冬期の運航は2017年1月10日〜3月下旬、1日5便。このほか2月のみサンライズクルーズとサンセットクルーズあり。
●大人3,000円、小学生以下1,500円(流氷がない場合はそれぞれ2,500円/1,250円)。全便予約制、10名以上で出航

白い海へ歩きだそう「流氷ウォーク®」(斜里町)

白い海へ歩きだそう「流氷ウォーク®」(斜里町)
専用のドライスーツを着用して、流氷の海をウォーキング。保温性と浮力を備えているから、流氷の浮かぶ海に入っても大丈夫。氷のきしむ音、わずかに揺れる氷原。クリオネが泳いでいる姿も見つかるかもしれません。流氷と一体になる感覚は他では味わえません。


白い海へ歩きだそう「流氷ウォーク®」(斜里町)2

白い海へ歩きだそう「流氷ウォーク®」(斜里町)3
●0152-22-5522(NPO法人知床ナチュラリスト協会)
http://www.shinra.or.jp/
●2017年2月上旬〜3月下旬(流氷状況により変更あり)、1日4回開催(約1時間30分)
●中学生以上5,100円、小学生2,600円(小学生以上、身長130cm以上が参加条件)、ウトロ地区各ホテルより送迎あり、予約制

氷に囲まれた熱いイベントへ「もんべつ流氷まつり」(紋別市)

氷に囲まれた熱いイベントへ「もんべつ流氷まつり」(紋別市)
紋別市海洋公園で開催される恒例イベント。 国内でも珍しい天然氷を使用した巨大なメイン氷像に加え、大小数十もの氷像を展示。氷早切り大会、氷柱ガマン抱きつき大会、雪の巨大迷路など、昼も夜もお楽しみいっぱい。地元の海産物も味わえます。

氷に囲まれた熱いイベントへ「もんべつ流氷まつり」(紋別市)2

氷に囲まれた熱いイベントへ「もんべつ流氷まつり」(紋別市)3

氷に囲まれた熱いイベントへ「もんべつ流氷まつり」(紋別市)4
●0158-24-3900(紋別観光協会)
http://mombetsu.net/
●2017年2月10日~12日、10:00-22:00(イベント内容により異なる)

流氷を一年中体験できる「北海道立オホーツク流氷科学センター」(紋別市)

流氷を一年中体験できる「北海道立オホーツク流氷科学センター」(紋別市)
流氷や海洋をテーマにした、遊んで学べる科学館。本物の流氷や、オホーツク海の魚介類の氷漬け水族館があるマイナス20℃の厳寒体験室、全天周ドームシアター、流氷成長模型などの展示に加え、大型水槽で泳ぐ 「流氷の天使」クリオネが必見です。
流氷を一年中体験できる「北海道立オホーツク流氷科学センター」(紋別市)2

流氷を一年中体験できる「北海道立オホーツク流氷科学センター」(紋別市)3

流氷を一年中体験できる「北海道立オホーツク流氷科学センター」(紋別市)4

●0158-23-5400
●北海道紋別市元紋別11
http://www.giza-ryuhyo.com/
●9:00-17:00(入館は閉館の30分前まで)、入場料(展示室・映像ホールセット料金)大人750円、高校・大学生250円、 中学生以下無料
●祝日を除く毎週月曜、祝日の翌日、12月29日~1月3日休館

※いずれも2016年12月13日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む