)

日本の雪まつり4選!

2016.12.28

冬の日本を旅行するなら、札幌や新潟など各地で開催される「雪まつり」にあわせて観光するのはいかがでしょう。純白の雪、ライトアップ、雪洞の灯り…。日本を代表する雪が主役のまつりを4つご紹介しましょう。

日本の雪まつり4選!

日本で最も有名な冬の風物詩「さっぽろ雪まつり」(北海道)

2017年で68回目を迎える「さっぽろ雪まつり」は、例年200万人以上が訪れる札幌の一大イベントです。大通公園、つどーむ、すすきのの3つの会場で、世界の美しい建築物や人気キャラクター、子どもも大人も遊べるすべり台など、雪と氷だけでつくられた大小さまざまな作品が並びます。

日本で最も有名な冬の風物詩「さっぽろ雪まつり」(北海道)

日本で最も有名な冬の風物詩「さっぽろ雪まつり」(北海道)2
<開催概要>
●大通会場 日時:2017年2月6日〜12日の終日(ライトアップ22:00まで) 場所:大通公園 西1丁目〜西12丁目
●つどーむ会場 日時:2017年2月1日〜12日の9:00-17:00 場所:札幌市スポーツ交流施設 コミュニティドーム 札幌市東区栄町885-1
●すすきの会場 日時:2017年2月6日〜12日の終日(ライトアップ23:00まで、最終日22:00まで) 場所:南4条通りから南7条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道
●011-281-6400(さっぽろ雪まつり実行委員会)
http://www.snowfes.com
●さっぽろ雪まつり公式アプリ「さっぽろグルメクーポン」http://www.sta.or.jp/app/

スノーボーダーとランタンが空を舞う!「つなん雪まつり」(新潟県)

新潟県津南町で開催される雪まつりは、スノーボードストレートジャンプ大会「SNOW WAVE」と「スカイランタン」の2大イベントを軸に開催。伝統的な天狗の舞や雪遊びが楽しめるコーナーもあります。特に夜空に願いを込めて無数のスカイランタンを打ち上げる幻想的な光景は感動的です。

スノーボーダーとランタンが空を舞う!「つなん雪まつり」(新潟県)

スノーボーダーとランタンが空を舞う!「つなん雪まつり」(新潟県)2

スノーボーダーとランタンが空を舞う!「つなん雪まつり」(新潟県)3

スノーボーダーとランタンが空を舞う!「つなん雪まつり」(新潟県)4
<開催概要>
会場:ニュー・グリーンピア津南 新潟県中魚沼郡津南町秋成12300
日時:2017年3月11日SNOWWAVE予選9:00〜、露店・雪上イベント12:00〜、スカイランタン打ち上げ19:30〜、20:00〜(スカイランタンチケットは事前販売になります。詳細はお問い合わせを)
●025-765-5585(津南町観光協会)
http://snowfes.info

450年以上の伝統「横手かまくらまつり」(秋田県)

秋田県横手市で450年以上続く水神を祀る小正月行事です。祭り期間中、市内にはかまくらが100基ほど設置され、子どもたちが甘酒・お餅でおもてなし。中に入って水神様に手をあわせ、子どもたちと雪国情緒を楽しみましょう。蛇の埼川原などではミニかまくらにろうそくを灯し、幻想風景を織りなします。

450年以上の伝統「横手かまくらまつり」(秋田県)

450年以上の伝統「横手かまくらまつり」(秋田県)2
<開催概要>
会場:横手市役所本庁舎前道路公園、横手公園、羽黒町武家屋敷通りなど
日時:2017年2月15日、16日18:00-21:00

スノーモンスターを間近に!「蔵王樹氷まつり」(山形県)

蔵王連峰の特別な気象条件によって生まれる「樹氷」は、スノーモンスターなどとして世界的に知られる自然の芸術品です。樹氷が観賞できる期間、夜間はライトアップされ幽玄な景観が眺められます。期間中は土日を中心に冬花火や1,000人松明滑走など多彩なイベントも開催予定です。

スノーモンスターを間近に!「蔵王樹氷まつり」(山形県)

スノーモンスターを間近に!「蔵王樹氷まつり」(山形県)2
<開催概要>
会場:蔵王温泉スキー場
日時:樹氷ライトアップは期間内限定52日間 2016年12月23日〜2017年3月5日17:00-21:00(ロープウェイ上り最終19:50)
ロープウェイ運賃:中学生以上2,600円、子ども1,300円
その他イベント日程はHPを参照下さい。
●023-647-2266(山形市観光案内センター)
http://www.kankou.yamagata.yamagata.jp/zao/winter/pc/maturi/

※2016年12月13日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む