)

日本橋を極める

2016.11.21

江戸時代から商人の町として栄えた東京・日本橋界隈。創業100年を超える老舗が点在する中に、近年の再開発で大型施設も続々誕生。旅行中のぶらりショッピングでも日本の文化が感じられます。

日本橋再生のシンボル。「コレド日本橋」

日本橋再生のシンボル。「コレド日本橋」
「コレド日本橋」は、オフィスとアパレルやレストランなどが入居する複合ビル。日本橋交差点に位置し、日本橋駅と直結。オープン以来日本橋のランドマーク的存在となっています。日本橋再開発の先陣を切って2004年にオープン。名称は「CORE(中心・核)+EDO(江戸)」が由来となっています。

●コレド日本橋
●問合せは各店舗に ●東京都中央区日本橋1-4-1
https://31urban.jp/
●11:00-21:00(平日・土)、11:00-20:00(日・祝)※店舗により異なる
●不定休(店舗により異なる)

日本の「食」や伝統の「モノ」が集結。「コレド室町」

日本の「食」や伝統の「モノ」が集結。「コレド室町」

日本の「食」や伝統の「モノ」が集結。「コレド室町」2
コレド室町1に隣接して、2014年にはコレド室町2・3がオープン。日本全国の「食」と「伝統品」のショップも多数出店しています。

●コレド室町1・2・3
●03-3272-4801 ●東京都中央区日本橋室町2-2-1ほか
https://31urban.jp/
●ショップ10:00-21:00、レストラン11:00-23:00(店舗により異なる)
●不定休(店舗により異なる)

日本食の基本「だし」を堪能できる。「にんべん日本橋本店 日本橋だし場」

日本食の基本「だし」を堪能できる。「にんべん日本橋本店 日本橋だし場」

日本食の基本「だし」を堪能できる。「にんべん日本橋本店 日本橋だし場」2
かつお節だし、かつお・昆布あわせだし120ml各100円、250ml各200円

日本食の基本「だし」を堪能できる。「にんべん日本橋本店 日本橋だし場」3
11:00-14:00のランチにはかつぶしめし(S)150円や具だくさんの汁物360円なども

1699年創業の鰹節専門店。ここでは半年の時をかけ、熟成させて作られる本枯鰹節からとっただしやそのだしを使った汁物が味わえます。

●にんべん日本橋本店 日本橋だし場
●03-3241-0968 ●東京都中央区日本橋室町2-2-1コレド室町1 1階
http://www.ninben.co.jp/
●10:00-19:00
●休日はコレド室町に準じる

300年以上続く伝統の味を。「榮太樓總本鋪 本店」

300年以上続く伝統の味を。「榮太樓總本鋪 本店」

300年以上続く伝統の味を。「榮太樓總本鋪 本店」2
江戸時代から人気の「名代 金鍔(なだい きんつば)」1個216円

300年以上続く伝統の味を。「榮太樓總本鋪 本店」3
看板の「榮太樓飴」1缶389円

江戸時代の文政元(1818)年に創業した榮太樓。「井筒屋」を祖に、細田安兵衛三世の時代に現在の屋号に。日本橋を拠点に事業を拡大、名物は金鍔(きんつば)で、その人気は当時の川柳や流行歌にも詠まれたほど。金鍔とは和菓子の一種。現在はつぶあんを四角く固めたものに水溶き小麦粉を付けながら銅板で一面ずつ焼いたものが主流。本来は小麦粉の生地で餡を包み、日本刀のつばのように平らな円型に形を整え油で焼きます。江戸菓子の伝統の味を伝えつつ、新たな美味も提供し続けています。

●榮太樓總本鋪 本店
●03-3271-7785 ●東京都中央区日本橋1-2-5
http://www.eitaro.com/
●9:30-18:00
●日曜、祝日休み

「天ざる」「天もり」発祥の店。「室町砂場」

「天ざる」「天もり」発祥の店。「室町砂場」

「天ざる」「天もり」発祥の店。「室町砂場」2
芝えびと小海柱入りのかき揚げが香ばしい「天ぷらそば(かき揚げ)1,550円」

明治2(1869)年創業の天ぷらそばを冷たいせいろのそばのつけ麺にした「天ざる」「天もり」発祥の店。カラリとごま油で香ばしく揚げた天ぷらは必食です。

●室町砂場
●03-3241-4038 ●東京都中央区日本橋室町4-1-13
●11:30-21:00(LO 20:30)、土曜は-16:00(LO 15:30)
●日・祝休み

※ いずれも2016年10月24日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む