)

鹿児島で美味しいボタニカルなお菓子作りと、 世界遺産の屋久島のステキな旅のサポートをします

2019.01.29

鹿児島で美味しいボタニカルなお菓子作りと、 世界遺産の屋久島のステキな旅のサポートをします
温暖な気候で様々な農産物に恵まれた鹿児島県・屋久島。今回は特産である野菜や果物を原料に、お菓子作りを通して地域を支える老舗菓子メーカーにスポットを当てます。

1910年創業。地域に根ざしたお菓子づくり「馬場製菓」

農業県である鹿児島は、温暖な気候から豊富な農産物が育つことで知られており、なかでも屋久島特産の柑橘類や種子島のさつまいもは全国的に有名です。これら地産の農産物で地域の味を創る「農業発想」をコンセプトに、1910年の創業以来変わらぬお菓子作りを続けているのが鹿児島県・屋久島の「馬場製菓」です。特産のさつまいもやぽんかんを使った商品は数々の受賞歴があり、鹿児島を訪れたら必ず買って帰りたいお土産の代表選手。観光センターやレストラン、屋久杉製品の展示販売など、菓子製造からスタートした活動は、様々な分野に枝葉を伸ばし進化を続けています。

地場の素材を活用して。特産野菜が伝統菓子に変身!

地場の素材を活用して。特産野菜が伝統菓子に変身!
江戸時代中期、大阪で生まれたと伝えられる「きんつば」。現在は寒天とつぶ餡を原料とした四角型が主流となっています。
1973年、馬場製菓ではこのきんつばを地産のさつまいもを使って製造。宇宙センターやマリンスポーツなど魅力いっぱいの種子島、砂風呂、開聞岳で知られる指宿など、県内の自然豊かな地域で厳正に計画生産された4種のさつまいもを主原料に、熟練の職人さんの手で一つ一つ丁寧に作られています。なかでも、日本で初めてさつまいもが伝わったとされる種子島がルーツの「一吉紫芋」は馬場製菓が開発・商標登録したオリジナル。糖度9度以上の、この地でしか味わうことのできない幻と言われる品種です。素材の美味しさが生きたきんつばは、全国菓子大博覧会の名誉総裁賞ほか、皇室献上銘菓に認定されるなど数々の栄誉に輝いています。

地場の素材を活用して。特産野菜が伝統菓子に変身!2
また、この地に古くから伝わる蒸し菓子「かるかん(軽羹)」も、きんつばと双璧をなす人気アイテム。鎌倉~江戸時代に薩摩を治めた大名・島津家に認められ、唯一島津の名を冠することを許されたかるかんには、かるかん粉(米粉の一種)、砂糖、山芋など国産の最上級素材を使用。3種のさつまいもを使ったオリジナルと共に、九州を代表する銘菓として評判となっています。最新のさつまいものお菓子では種子島の安納地区でしか採れない「安納芋」をたっぷり使った薩摩芋スイートケーキが人気を集めています。鹿児島市場でもお求めいただけます。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/baba/


地場の素材を活用して。特産野菜が伝統菓子に変身!3

銘菓製造のその先へ。世界遺産・屋久島の魅力を多角的に発信

お菓子製造から出発した馬場製菓は、魅力あふれる自然や土地の味をより広く伝えるため、活動の場を広げています。

●旅のアクセスポイント・屋久島観光センター

銘菓製造のその先へ。世界遺産・屋久島の魅力を多角的に発信
手つかずの自然が残る屋久島には、登山のほかダイビング、シュノーケリングなどのマリンスポーツ、シンボルである縄文杉や白谷雲水峡のエコツアーなど魅力溢れる楽しみがいっぱい。馬場製菓が運営する「屋久島観光センター」では、これらのアクティビティを効率よく楽しむためのコースプランニングや宿泊施設の手配、登山・アウトドア用品のレンタルなど様々なサービスを行っています。登山届の受付や交通案内、バス・レンタカー手配、天気・海に関する情報提供など、公共的なサポートにも対応しています。
http://www.yksm.com/

ほかにも、センター内には島内最大の特産品市場「やくしま市場」や、屋久杉製品の展示販売コーナーなど見どころがいろいろ。農産物・海産物など生鮮食品をはじめ、屋久島産の焼酎などが揃います。特産のぽんかんを使ったもなかなど、馬場製菓の人気アイテムも充実しています。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/babayaku/

銘菓製造のその先へ。世界遺産・屋久島の魅力を多角的に発信2
屋久島と聞いて多くの人が思い浮かべるのが、島の象徴的存在の「縄文杉」と呼ばれる屋久杉。センター2階には屋久杉製品を展示・販売するコーナーが併設されており、ストラップやお箸などお土産向けの商品から、仏壇、テーブルといった工芸品までが揃います。

銘菓製造のその先へ。世界遺産・屋久島の魅力を多角的に発信3
銘菓製造のその先へ。世界遺産・屋久島の魅力を多角的に発信4
銘菓製造のその先へ。世界遺産・屋久島の魅力を多角的に発信5
●レストランで土地の味を堪能

山と海に囲まれた豊かな自然環境から独自の食文化が育まれた屋久島。その恵みを観光センター2階の「Restaurant&Caffe 屋久島」 で楽しむことができます。島特産のトビウオの唐揚げをトッピングしたラーメンは人気テレビ番組でも取り上げられ、全国区の人気に。また山海の幸満載の御膳料理や、地場で捕れた鹿肉を使ったジビエ料理もここならではの味です。

銘菓製造のその先へ。世界遺産・屋久島の魅力を多角的に発信6
銘菓製造のその先へ。世界遺産・屋久島の魅力を多角的に発信7
鹿児島市とイタリアのナポリに深い関係があることはあまり知られていないかもしれません。錦江湾とナポリ湾、桜島とヴェスヴィオ火山と、それぞれの風景がよく似ていることから、1960年、2つの街は姉妹都市として制定されました。「ナポリ通り」という名の通りがあったり、ナポリをテーマとしたイベントが催されたり。その関係は58年を経た今も変わりません。鹿児島中央駅2階のレストラン「葡萄の樹」では、そんな2都市の文化を料理を通して体験することができます。鹿児島の豊かな風土で育まれた素材で作るナポリ伝統料理のほか、馬場製菓のきんつばやかるかんなど薩摩スイーツを使ったオリジナルデザートが人気です。お食事の最後には葡萄の樹で人気なスイートシロクマを食べてみてはいかがでしょうか。

銘菓製造のその先へ。世界遺産・屋久島の魅力を多角的に発信8
銘菓製造のその先へ。世界遺産・屋久島の魅力を多角的に発信9
http://www.t-budounoki.com/


「馬場製菓」
0997-42-0091
http://babaseika.info/about/

※2018年12月16日現在の情報です。詳細は直接施設にお問い合わせ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む