)

品川の歩き方

2018.12.19

品川の歩き方
東海道新幹線、そして羽田空港にアクセスする京浜急行の停車駅である品川は多くの観光客に知られるエリア。一方で、品川は移動の中継地点で、遊ぶ場所のイメージはないという人も多いかもしれません。しかし品川には新しい施設、昔ながらの雰囲気を残す飲食店、そして最近ではデートで訪れたい人気スポットなど注目スポットが実は多くあります。今回はそんな品川の魅力を紹介します。

品川とはどんな街?

江戸時代(1603年〜1868年)、幕府により江戸の日本橋を起点に全国に伸びる5つの街道が整備されました。そのうちの一つである東海道沿いにある品川(現在の北品川駅あたり)は江戸からもっとも近く旅人を迎える宿場町として栄えました。

江戸時代以前は港町だった品川周辺、現在は高層ビルが立ち並んでいますが、かつては海に面していました。宿場町として栄えてからも名物の魚介類目当てに多くの人が訪れたと言われています。

明治時代(1868年〜1912年)の1872年には新橋~横浜間に日本初の鉄道が開業。鉄道が開通したことで品川は工業地帯として発展していきます。そして多くの人が集まるため、さまざまな店舗が軒を連ねるようになりました。

そんな品川は近年大きくイメージを変えました。1990年代後半から港南口の再開発で高層ビルが立ち並びはじめ、1998年の京浜急行の羽田空港直通と2003年10月の東海道新幹線の品川駅開業によって東京の玄関口の一つになったのです。

品川到着!駅構内はどうなっている?

品川到着!駅構内はどうなっている?
品川到着!駅構内はどうなっている?2
品川駅には東西を結ぶ自由通路があり、JR駅構内に2005年10月にオープンした飲食店やお土産屋、雑貨屋などが入る大規模な商業施設「エキュート品川」があります。

品川到着!駅構内はどうなっている?3
新幹線は東側の港南口の北側・南側両方に乗り場があります。京浜急行は西側の高輪口に駅がありますが、羽田空港や横浜方面へはJRやエキュートと同じフロアから乗り換え可能です。

品川到着!駅構内はどうなっている?4
ちなみにJR山手線の品川駅と隣の田町駅の間では新駅が建設中で、周辺の再開発も行われています。2020年春の新駅開業や、その後の2027年開通予定のリニア中央新幹線など、品川一帯はこの先も発展が見込まれています。

品川の歩き方

品川は、駅の西側(高輪口)と東側(港南口)で街の表情が大きく異なります。

「旧き町の雰囲気を楽しみたい高輪エリア」

品川の歩き方
JR山手線や京浜東北線、京浜急行など在来線の乗り場に近い高輪口。駅の目の前には多くの老舗ホテルが立ち並んでいます。

品川駅高輪口から北品川駅を目指し10分ほど歩くと、活気のある商店街が見えてきます。北品川駅から隣の新馬場駅付近まで続く、北品川本通り商店会と北品川商店街です。

品川の歩き方2
江戸時代の東海道の狭い道幅そのままの旧東海道沿いの商店街は、お祭りや盆踊りなど季節ごとにいろいろなイベントが行われ、旧品川宿(昔の宿場町)の雰囲気を後世に伝える取り組みをしています。

いっぽう品川駅高輪口を出て、まっすぐ品川プリンスホテルの間の道を上がっていくと、そこは閑静な高級住宅街。観光スポットがあまりありませんが、江戸時代には当時の地方の領主が住んでいた大名屋敷などのあった由緒ある街並みの雰囲気が独特です。


「新しいオフィス街の雰囲気とウォーターフロントを楽しめる港南エリア」

品川の歩き方3
品川駅港南口はもともと工業エリアでした。1990年代に再開発の波が押し寄せ、1998年にオフィス施設、ショッピング施設、さらにレストラン、ホールなども備えた品川インターシティが竣工。さらに2004年にはアトレ品川が開業します。他にも多くのオフィスビルがこの時期に開業。ビルの中には高級ホテルや気の利いたレストランも数多く入っています。

品川の歩き方4
港南口を出てまっすぐ歩いていくと、6~7分で大きな運河に当たります。高浜運河と呼ばれる水辺沿いには緑地が整備されています。かつて工業地帯だった品川の名残を感じさせる場所です。

品川といえばこのお店

観光で品川を堪能したい人はもちろん、乗り換えの合間にちょっと品川でショッピングをしたい、食事をしたいという人も楽しめるお店がたくさんあります。ここでは気軽に立ち寄れる駅に近いお店を紹介しましょう。

「SHINAGAWA GOOS」

品川といえばこのお店
品川駅高輪口から徒歩3分。地上30階建てのSHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)にはホテル、レストランやバー、ショッピングスポットなどが入っています。

品川といえばこのお店2
2階はフード、デリ、カフェ、ベーカリー、ショップという異なる店舗が1フロアに集うNYスタイルのフードホール・マーケット「SHINAGAWA DINING TERRACE」。その中にあるセレクトショップ「カンドウニッポン リアルストア」は世界各国の“美味しい”を集めたセレクトショップで、ワイン、ビール、チーズ、ハムなどの厳選アイテム、素材や製法にこだわったドリンクなどが揃います。日常を優雅にしてくれる品々はお土産にうってつけです。

「SHINAGAWA GOOS」
●東京都港区高輪3-13-3
https://www.shinagawagoos.com/
●無休
●営業時間は店舗により異なります

「品達 品川」

品川といえばこのお店3
日本を代表する食べ物であるラーメン、丼、カレーライス。その人気店が集結した食のテーマパークが京浜急行のガード下にあります。場所は品川駅高輪口から徒歩1分という好立地。

品川といえばこのお店4
店を構えるのは「ラーメンオブザイヤー」グランプリ受賞・三連覇記録保持者でトンコツスープに真っ黒なマー油を浮かべた「なんつッ亭」、ゲンコツ・鶏から取った動物系スープと鰹・鯖・煮干しで取った魚介系スープをベースとした濃厚スープに焼き石を入れることで最後までスープが冷めずにつけ麺を楽しめる「つけめんTETSU」、濃厚豚骨で全国にその名を轟かす人気店「神仙」などラーメン店9店。

さらに日本に金沢カレーブームを巻き起こした「ゴーゴーカレー」、ジューシーで柔らかい豚バラ肉に秘伝のニンニク醤油ダレを絡めた「伝説のすた丼屋」などの人気店が並びます。ちなみに品達 品川内の「しなたつ屋」でお土産を買うこともできます。

「品達 品川」
●東京都港区高輪3-26-20
●03-5475-7020
http://www.shinatatsu.com/
●無休 ※店舗により臨時休業あり。
●11:00-23:00 ※店舗により営業時間が異なります。


「港南口にある路地裏の飲み屋街をハシゴしてみよう」

品川といえばこのお店5
品川といえばこのお店6
近代的な高層オフィスビルが立ち並ぶ品川駅港南口ですが、駅前には昔ながらの雰囲気を色濃く残した一角があります。奥に入るほど道が細くなり、まるで迷路のよう。ここには大衆居酒屋やホルモンを出すお店が軒を連ねているのです。

「日向食堂」
港南口から徒歩1分。ハムカツやもつ煮込みなど居酒屋の定番料理が楽しめる立ち飲みスタイルのお店。駅から近いので、「新幹線に乗る前にちょっと1杯」という人にもオススメ。
●東京都港区港南2-14-10 港南駅前ビル1F
●03-5462-8760
●日曜、祝日休み
●17:00-24:00


「夢や」
旬のお刺身を気軽に堪能できるお店。店内は仕事を終えたサラリーマンでいつも賑わっています。お刺身の他、自家製さつま揚げやぶり大根などが人気。おつまみに合う日本酒も豊富です。
●東京都港区港南2-2-9
●03-3474-2560
●日曜、祝日休み
●16:30-23:30


「路地裏」
港南口の路地裏にひっそりとある、その名も「路地裏」。入り口にかけられた赤い提灯が目印です。人気メニューは「激辛牛すじ煮込み」。トロトロになるまで煮込まれた牛すじに刺激的な辛さのたれをたっぷりつけて食べると、お酒がどんどん進みます。
●東京都港区港南2-2-4
●03-3450-3030
●年末年始休み
●11:00-14:00、17:00-24:00

品川に行ったらするべきこと

品川には歴史ある神社や有名な美術館など、心が落ち着くスポットがたくさんあります。また、カップルやファミリーで楽しめる人気スポットもあるのです。そんな品川の見どころを紹介します!

「マクセル アクアパーク品川」

品川に行ったらするべきこと
品川駅高輪口から徒歩約2分。品川プリンスホテル内にある水族館「マクセル アクアパーク品川」はカップルやファミリーに人気のスポットです。ホテル内の水族館と聞くとこじんまりしたものを想像するかもしれませんが、ここは2フロアに11のゾーンが配置される、都心にしてはかなり大きな水族館です。

品川に行ったらするべきこと2
入口では美しい映像に囲まれて悠々と泳ぐ魚たちが来場者をお出迎え。このアートワークは季節によって変わります。そして水槽やアトラクションに様々なテクノロジーと装飾を融合させた「マジカルグラウンド」を抜けると、水の中をゆったりと漂うクラゲたちを光と音の演出で楽しむことができる神秘的なゾーン「ジェリーフィッシュランブル」が待っています。

品川に行ったらするべきこと3
2階には熱帯魚やサメなどを鑑賞できる「リトルパラダイス」が。そして約20mの水のトンネル「ワンダーチューブ」ではマンタや世界で唯一展示されているドワーフソーフィッシュを鑑賞できます。魚以外にもゴマフアザラシ、ペンギン、ミナミアメリカオットセイ、カピバラなども展示されています。

品川に行ったらするべきこと4
そして最も人気があるゾーンが直径25mの円形プールで行われるドルフィンパフォーマンスを楽しめる「ザ スタジアム」。プログラムは季節のテーマや昼と夜で異なり、ウォーターカーテンと光の演出でダイナミックかつ幻想的な雰囲気の中でイルカのパフォーマンスを味わえます。

●東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内)
●03-5421-1111 <音声ガイダンス>
http://www.aqua-park.jp/
●入場料:おとな2,200円、小・中学生:1,200円、幼児(4歳以上):700円
●無休
●10:00-22:00(2018年9月1日~10月31日) ※最終入場21:00 ※時期により異なります。


「品川神社」

品川に行ったらするべきこと5
1192年に鎌倉幕府を開いた源頼朝が海上交通の安全と祈願成就の守護神としたのが品川神社のはじまりと言われています。品川神社は東京十社のひとつに数えられています。

鳥居の柱に龍が巻いている双龍鳥居(双龍鳥居がある神社は都内で3ヵ所だけ)をくぐると急こう配の階段を上ります。本殿を参拝した後はぜひ「一粒萬倍の泉」へ。本殿の横から幾重にも連なる赤い鳥居を抜けた先にある一粒萬倍の泉でお金を洗うと金運が上がると言われています。

●東京都品川区北品川3-7-15
●03-3474-5575
●9:00-17:00(社務所受付)

「原美術館」

品川に行ったらするべきこと6
実業家として知られる原邦造氏の邸宅を1979年に美術館として開館。常設の現代美術はもちろん、年に数回展覧会も開催されています。1938年に造られた立派な建物を楽しむのもオススメです。

品川に行ったらするべきこと7
作品をゆったり鑑賞した後は、館内に併設される「カフェ ダール」へ。美術館の中庭に面しているカフェは都会の喧騒を忘れ、リラックスした気分でお茶や食事を楽しむことができます。

「原美術館」
●東京都品川区北品川4-7-25
●03-3445-0651
http://www.haramuseum.or.jp/
●入場料:一般1,100円、大学・高校生:700円、小・中学生:500円 ※カフェ・ショップのみ利用の場合も入館料が必要です。
●月曜休み ※祝日の場合は翌平日休館 ※展示替え期間、年末年始は休館。
●11:00-17:00(祝日を除く水曜は11:00-20:00、入館は閉館30分前まで)

品川で宿泊するならどこ?

各地へアクセスの良い品川駅周辺には多数の宿泊施設があります。今回はそんな中でも憧れの高級ホテルを紹介します。


「グランドプリンスホテル高輪 高輪 花香路」

品川で宿泊するならどこ?
グランドプリンスホテル高輪の中に佇む、「和のおもてなし」をコンセプトにした16室の旅館が「高輪 花香路」です。

品川で宿泊するならどこ?2
自慢の日本庭園は約2万㎡の広さ。作庭したのは皇居新宮殿なども手掛けた楠岡悌二氏によるもの。滞在中は日本庭園内にある茶室「竹心庵」でお茶のお手前も体験できます。

品川で宿泊するならどこ?3
お部屋は伝統的な和の設えを重視した和室で、海外からの観光客もゆったりできるようローベッドや回転式の椅子が設置されています。16室ある客室には、「椿」など日本庭園にある花や木の名前が付けられており、Bタイプの和室からは日本庭園が窓一面に広がり、四季折々の景色を楽しめます。

宿泊者はプライベートスパや専用ラウンジを利用可能。日本ならではの贅沢な時間を心ゆくまで味わえる旅館です。

●東京都港区高輪 3-13-1
●03-3447-1111
https://www.princehotels.co.jp/takanawa/contents/renewal/hanakohro/


「ストリングスホテル 東京 インターコンチネンタル」

品川で宿泊するならどこ?4
品川駅港南口から徒歩1分、駅に直結する品川イーストワンタワーの26階~32階にあるラグジュアリーホテル(ホテルエントランスは2階)。

品川で宿泊するならどこ?5
26階のアトリウムロビーは6層に吹き抜けた贅沢な空間。本格的な中国料理を楽しめる「チャイナシャドー」、ヨーロッパやアジアのテイストを融合した料理を提供する「ザ・ダイニング ルーム」など、レストランやバーも充実しています。

品川で宿泊するならどこ?6
大きな窓から東京の眺望を堪能できる客室には上質な木材がふんだんに使われており、モダンな空間の中で一日の疲れをゆったり癒すことができます。

●東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー26F-32F
●03-5783-1111
https://intercontinental-strings.jp/

品川への行き方


品川への行き方
品川は東海道新幹線で大阪、京都、名古屋などからダイレクトにアクセスできます。羽田空港からは京浜急行が直通するので便利です。成田空港からはリムジンバスがかなりの本数があります。渋谷駅、新宿駅などからはJR山手線を利用するのが便利です。

品川のまとめ

品川は高層ビルが立ち並ぶ大都会の雰囲気と昔ながらの町並み、そして高級住宅街の閑静な雰囲気が混ざり合う街。渋谷や新宿、浅草などに比べると観光のイメージは薄いかもしれません。でも、ご紹介したように実はいろいろ楽しみたくなる場所がたくさんあります。乗り換えまでの空いた時間を利用して遊びに行くこともできる便利な街なのです。

※2018年8月27日現在の情報です。詳細は直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む