)

二条城観光と一緒に楽しむレトロな京都

2018.08.29

二条城観光と一緒に楽しむレトロな京都
1603年に築城された歴史ある二条城。京都の世界遺産は寺社仏閣がほとんどですが、例外がこの二条城です。格式高く豪華絢爛な二の丸御殿、その正門である色鮮やかな唐門、二の丸御殿の前に広がる二の丸庭園など、一箇所でいくつもの見どころが楽しめる京都屈指の観光スポットです。
この二条城周辺では他にも楽しみたいものがあります。御池通から三条通あたりの街歩きです。
日本へ来たらショッピングは欠かせませんが、ブラブラしながら、街を眺めるのも日本旅行の醍醐味だと思います。

二条城へ来たら寄りたい和菓子店「栗阿彌」

二条城へ来たら寄りたい和菓子店「栗阿彌」
街歩きの前に、まずはちょっと腹ごしらえをしましょう。二条城から10分ほど歩いた御池通沿いに和菓子屋「栗阿彌」があります。

二条城へ来たら寄りたい和菓子店「栗阿彌」2
外観と同じく上品で明るい店内。きれいなパッケージのお菓子が並び、中にはイートインスペースもあります。看板商品は店名にもなっている栗阿彌。

二条城へ来たら寄りたい和菓子店「栗阿彌」3
店内で商品を見ていると、店員さんがお茶を出してくれました。温かいお茶の横には、小さく切ったお菓子が添えられています。さっき見た栗のお菓子「栗阿彌」です。表面の白いつぶつぶは砂糖で、上品な甘さでした。栗の渋皮がついたままなので、甘いだけではなく、少し大人向けの味かもしれません。

二条城へ来たら寄りたい和菓子店「栗阿彌」4
あ~美味しかった! さて、他にも気になるお菓子を見てみましょう。京都らしいちりめんの巾着と、飴や金平糖などから好きなお菓子を選び、組み合わせて買うことができます。優しい色の布地と紐のビビッドカラー、小さくて可愛いお菓子が人を元気にしてくれそう。

二条城へ来たら寄りたい和菓子店「栗阿彌」5
今回は、おすすめされた季節のお菓子を買ってみました。

二条城へ来たら寄りたい和菓子店「栗阿彌」6
包みを開くと、笹のいい香りがします。外側の葛がプルッとしていて、中には甘い餡。きな粉をかけて食べると、一つで結構お腹いっぱいになります。

二条城の近くで昔の雰囲気が味わえる「中京郵便局」

二条城の近くで昔の雰囲気が味わえる「中京郵便局」
御池通をそのまま進み、烏丸御池駅に突き当たって三条を下って少し入ると、雰囲気のある建物が見えてきました。レンガの茶色が可愛らしい、昔を感じる建物ですね。欧風でしょうか。

二条城の近くで昔の雰囲気が味わえる「中京郵便局」2
実はこの建物、現在も郵便局として使われています。外側の壁は昔のまま保存し、中を改装するという方法が取られています。さすが古都京都ですね。

二条城の近くで京都文化に触れた後は、日本のお土産ショッピング

二条城の近くで京都文化に触れた後は、日本のお土産ショッピング
次にやってきたのは「京都文化博物館」。2階の総合展示室では京都の伝統工芸や文化、歴史、お祭りなどについての展覧会が行われています。私が行った時には、有名な祇園祭の山鉾に使われている飾りも実際に見ることができました。自分の目で見て、京都の文化をより深く楽しむことができますよ。外国語の音声ガイドの貸出もあるので、利用してみてください。

二条城の近くで京都文化に触れた後は、日本のお土産ショッピング2
1階には「ろうじてんぽ」という江戸時代末期(約160年前)の京の町家の町並みを再現した通りがあり、飲食店やショップが並びます。

二条城の近くで京都文化に触れた後は、日本のお土産ショッピング3
ろうじてんぽの奥にある「京都楽紙舘」。ここには日本各地の手漉き和紙や洋紙など、色、種類ともに豊富な紙が取り揃えられています。また紙から作られた作品を購入することもできます。

二条城の近くで京都文化に触れた後は、日本のお土産ショッピング4
店に入ると目に飛び込んできたのは和紙人形。きらびやかな柄の和紙を使って、日本的なデザインの人形が作られていて、とても美しいと感じました。お店のおすすめは、約1,000年前の文学作品「源氏物語」をイメージして作られたオリジナル商品。写真右側の和紙人形を始め、折り紙やメモ帳、ポストカードなどがあるそうです。

二条城の近くで京都文化に触れた後は、日本のお土産ショッピング5
京都文化博物館の別館は、明治を代表する洋風建築として、1969年に国の重要文化財に指定されています。昔の日本銀行京都支店だそうです。レンガ造りでとてもしっかりとした印象です。実は、中であの近代的な外観の本館とつながっているのですよ。

二条城の近くで京都文化に触れた後は、日本のお土産ショッピング6
別館の中もきれいに保存されています。光がよく差し込み、かなり明るく感じます。また、白い壁と重厚な茶色の柱が特徴的です。

二条城の近くで京都文化に触れた後は、日本のお土産ショッピング7
天井にもガラスがはめられていて、ここからも少しだけ、光が入ってきます。京都といえば、お寺や着物のイメージですが、そこから更に歴史の進んだ時代の素敵な洋風建築も、現存しているのですね。

二条城の近くで京都文化に触れた後は、日本のお土産ショッピング8
別館の中を見た後は、また日本のお土産ショッピングです!こちらのショップには和柄と犬を組み合わせたポーチやお財布がありました。

二条城の近くで京都文化に触れた後は、日本のお土産ショッピング9
京都といえば、舞妓さんも有名ですね。舞妓さんにちなんだ商品もいろいろ置いてありましたよ。クッキーに手ぬぐい、マスキングテープやあぶらとり紙など、小物にもすべて舞妓さんのイラストが付いています。

二条城の近くで京都文化に触れた後は、日本のお土産ショッピング10
帰りは最寄りの烏丸御池駅から地下鉄が便利です。京都駅まで3駅、約5分です。

さて、今日は京都二条城の近くで街歩きと日本のお土産ショッピングを楽しみました。皆さんが気に入った場所があると嬉しいです。京都で二条城観光へ訪れたら、昔の雰囲気が楽しめる街歩きと、日本のおすすめのお土産ショッピングを楽しんではいかがでしょうか?


「京菓匠 栗阿彌」
●京都市中京区御池通油小路西入式阿弥町137-6
http://ritsuami.com
●9:00~20:00
●年中無休

「中京郵便局」
●京都市中京区三条通東洞院東入菱屋町30

「京都文化博物館」
●京都市中京区三条高倉
http://www.bunpaku.or.jp/
●総合展示・別館 10:00~19:30 (入場は19:00まで) 
※ろうじ店舗は店舗によって異なる

※この情報は2018年5月12日現在のものです。お出かけの際は直接施設にお問い合わせください。
※お店の商品には随時入れ替えがあり、写真の商品がない場合もありますので、ご了承ください。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む