)

おすすめ歴史スポット 鎌倉

2016.11.09

日本の旅行で訪れる観光地として、いまや大人気の鎌倉。有名な大仏様や神社仏閣を見学したり、美味しいものを食べたりと、満足必至の鎌倉観光コースをご紹介!

鎌倉のシンボル「長谷大仏 高徳院」

鎌倉のシンボル「長谷大仏 高徳院」
圧倒的な存在感で鎌倉のシンボルとも言える鎌倉大仏(別名:長谷大仏)。高さ約11.39メートル(台座を含めると約13.35メートル)もあり、強烈なインパクトがあります。外から眺めるだけでなく、なんと大仏様の胎内に入る事もできるんです(拝観料別途見学料20円)。大仏様の中から見ると、当時の技術や細かい造りなどがよく分かります。

鎌倉のシンボル「長谷大仏 高徳院」2
●高徳院(鎌倉大仏)
●神奈川県鎌倉市長谷4-2-28●0467-22-0703
http://www.kotoku-in.jp/
●8:00-17:00(10月〜3月)

美しい竹林は一見の価値アリ!「報国寺(竹寺)」

美しい竹林は一見の価値アリ!「報国寺(竹寺)」
別名「竹寺」とも呼ばれる報国寺は、本堂裏手の約2,000本もの見事な竹林でよく知られています。外国人旅行者でもご存知の方も多いかも知れません。竹庭のなかには茶席も併設。竹林を眺めながら日本の「風流」を味わってみてはいかがでしょう。

美しい竹林は一見の価値アリ!「報国寺(竹寺)」2
●報国寺
●鎌倉市浄明寺2-7-4●0467-22-0762
http://www.houkokuji.or.jp/index.html
●9:00-16:00

鎌倉食べ歩き観光のメッカ「小町通り」

鎌倉食べ歩き観光のメッカ「小町通り」
鎌倉駅を出て赤い鳥居が見えてくれば、ここが小町通りの入り口。小町通りにはお土産ショップや鎌倉名物を売るお店、レストランなどが軒を連ね、休日は観光客で大いに賑わいます。商店街に数多くある食べ物屋さんの中でも、人気の一品がこちら!

鎌倉食べ歩き観光のメッカ「小町通り」2
「はんなりいなり」のイクラとしらすのミルフィーユ

イクラ、とびこ、しらす、玉子、酢飯と食べ進めていくうちに味が変化していろんな味を楽しむことができます。売店の2階にはイートインコーナーもあり、しらす丼や海鮮丼などをゆっくりといただくこともできます。

鎌倉食べ歩き観光のメッカ「小町通り」3
小町通りには他にも美味しいグルメショップがたくさん!商店街をゆっくりと散策しながら食べ歩きができるのが小町通りの魅力です。

●はんなりいなり
●神奈川県鎌倉市小町2-9-7●0467-23-7399
http://www.maru-han.co.jp/
●10:00-17:00

小町通りを抜けたら見えてくるのが「鶴岡八幡宮」

小町通りを抜けたら見えてくるのが「鶴岡八幡宮」
1191年、鎌倉幕府の宗社として、初代将軍源頼朝により整備されました。鶴岡八幡宮の大石段を昇ったところに位置する本宮には「八幡宮」と記された額が見えます。「八」という字が神の使いである鳩の形になっていることがわかります。この豪華な本宮は国の重要文化財にもなっており、上昇運のエネルギーが強いパワースポットと言われています。ここから鎌倉の町を一望することができ、また敷地内には国宝館もあり、鎌倉時代の国宝や重要文化財などが数多く展示されています。

小町通りを抜けたら見えてくるのが「鶴岡八幡宮」2
●鶴岡八幡宮
●0467-22-0315●神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
http://www.hachimangu.or.jp/
●6:00-21:00(10月〜3月) ※境内は24時間オープン。御朱印等の受付は21時まで

※2016年10月25日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む