)

銀座のレストランで、日本の食事‐幻のお米と抹茶パフェを楽しむ

2018.07.25

日本旅行で東京へ来たら、必ず訪れたい場所の一つ、高級感に溢れた銀座通り。昔からトレンドが集まり、そして他の場所より高級感があります。休日には歩行者天国となり、ゆったりと楽しむことができるのも銀座の魅力です。

銀座を一言で表現しようとするならば、「長い時間をかけて積み上げられてきた特別な質感と文化的な表現を持つ場所」だと言えます。そんな銀座で味わえる美食とは?私が銀座で見つけたとてもスタイリッシュで特別な和食のレストラン「SALON GINZA SABOU」。中はとっても惹きつけられる和風のアフタヌーンティーとランチのできる場所でした。早速行ってみましょう!

地下鉄で直接アクセスできる日本の食事を楽しめるレストラン

サロン銀座SABOUは、銀座の東急プラザの地下2階にあります。東急プラザ銀座(TOKYU PLAZA GINZA)は、数寄屋橋と晴海通りの交差点に位置しています。東京メトロ「銀座駅」のC3出口から東急プラザ銀座へは直接つながっていて、非常に便利です。

地下鉄で直接アクセスできる日本の食事を楽しめるレストラン
直接東急プラザ銀座へ入ると、地下2階ですぐ右手に非常に惹きつけられる「SALON GINZA SABOU」が見えます。外観はスタイリッシュで、多くの木材を使用した装飾はとても暖かく感じられます。また、香り立つ日本酒や水晶のように透き通る白米のポスターを見ると、涎が出そうでたまらず中へと入ってしまいます。

地下鉄で直接アクセスできる日本の食事を楽しめるレストラン2
初めはレストランやカフェという感じがしませんでした。店内には産地を厳選した食品や、心動かされるアクセサリー、かわいい生活雑貨など多くの商品がディスプレイされていたからです。それらの商品はどれも上品で、銀座にとてもふさわしく感じました。

銀座のレストランで日本のランチとアフタヌーンティーを楽しむ

銀座のレストランで日本のランチとアフタヌーンティーを楽しむ
店内を進むと、レストランのエリアがありました。店内はガラスで仕切られているので、圧迫感はなく、開放感さえ感じられます。

原材料から調理方法までこだわった日本食レストラン

まずグランドメニューを見てみましょう!お店ではお米にこだわり、日本百名山の一つ、武尊山から湧き出る天然水で丁寧に育てられた、群馬県川場村のコシヒカリ「雪ほたか」を使用しています。炊き方にもこだわりがあり、土鍋を使い、お米本来の美味しさを引き出しています。定食でお米をいただく以外にも、7種類のおにぎりも選べます。

原材料から調理方法までこだわった日本食レストラン
次はデザートを見てみましょう!デザートのメニューを開くと、看板人気メニューに目が釘付けになりました。木製の容器の中に小さな日本庭園を表現した繊細なデザートです。中身がどうなっているかはわかりませんが、一種の宝箱を開けるような期待があります。初めてきたので、この人気の抹茶デザートを試してみようと思います!

原材料から調理方法までこだわった日本食レストラン2
デザートにはセットで飲み物もつけられます。ここでは奈良県月ヶ瀬の「井ノ倉ティーファーム」の丹精込めて育てられた茶葉を使用しています。飲み物のメニューには、それぞれのお茶の違った味わいが紹介されていて、それぞれのデザートの項目におすすめのお茶も書かれています。もし迷ったら、参考にしてみてくださいね。

原材料から調理方法までこだわった日本食レストラン3
ついに待望の料理がやってきました!私が注文したのは、とても美味しそうな唐揚げ、それにご飯です。ご飯は木製のお櫃に入っていて、更に美味しそうに見えますね。

原材料から調理方法までこだわった日本食レストラン4
お櫃を開けると、ふっくらと炊けたお米のよい香りが広がります。明るい照明の下で水晶のように透き通っている、土鍋で炊いたお米は、口に入れると甘く美味しく感じます。唐揚げもとても美味しいです。今回はそれぞれ単品で頼んだので、定食に付く小鉢と味噌汁はありませんでしたが、千円以内でおすすめの美味しい料理が食べられるので、お得だと思いますよ。

原材料から調理方法までこだわった日本食レストラン5
いよいよ楽しみにしていた食後のデザートです。先に「春眠」という焙煎されているのにクセがない、薫り高い熱いお茶が運ばれてきました。そばにはタイマーが置かれ、一番美味しく飲めるタイミングを教えてくれます。

食事の後は日本庭園を模した石庭スタイルの豊かな抹茶味のパフェを

食事の後は日本庭園を模した石庭スタイルの豊かな抹茶味のパフェを
そのデザートは眼を見張るものでした。このパフェは枡に盛り付けられていて、抹茶を使い日本庭園、特に石庭を模してあります。その庭の上にはいちごと金箔が添えられています。

食事の後は日本庭園を模した石庭スタイルの豊かな抹茶味のパフェを2
一体中には何があるのでしょうか?期待を込めて、店員さんに教えてもらったとおりにスプーンを差し込みました。分かったのは、表面はホワイトチョコレートに抹茶の粉がまぶされていたことです。その奥に見えたのは、滑らかな抹茶のマスカルポーネチーズ、間にはライスパフもありました。香りの良い抹茶味で、重要なのは甘すぎないこと。ライスパフのサクサクとした食感と素朴な味にお米の香りが加わり、抹茶と相性ぴったりです。

パフェなので、一層だけではありません。黒蜜をかけすくうと、一層一層がまるで宝箱を開けたかのようです。抹茶アイス、小豆、わらび餅、寒天、栗、どれも抹茶と口の中で合わさり、時々サクサクしたホワイトチョコレートの粒まで出てきました。味だけでなく、食感も素晴らしい!

銀座の高級日本食レストランで食事やアフタヌーンティーを味わう

今日の日本食レストランは、日本の伝統的な和食の精神を持つだけではなく、現代のミニマルでポップな要素を取り入れ、「見た目」にこだわった、素晴らしい味の和食を提供しています。もし皆さんが日本旅行の際に銀座で食事やお茶をしようと思ったら、SALON GINZA SABOUを試してみるのをおすすめします。


「SALON adam et ropé 東急プラザ銀座店」
●東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座B2F
●03-6264-5320
http://salon.adametrope.com/
●東京メトロ銀座線、丸の内線、日比谷線、「銀座駅」C2・C3出口より徒歩1分/有楽町線「有楽町駅」A0出口より徒歩2分/JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」有楽町銀座出口より徒歩4分
●11:00~22:00(L.O. 21:00)
●VISA、MASTER、JCBなど、すべての主要なクレジットカードでお支払いいただけます

※情報は2018年4月26日時点のものです。詳細および最新情報については、店舗へ直接お問い合わせください。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む