)

富士山の旅行情報

2018.07.23

富士山の旅行情報
富士山の旅行情報
富士山の旅行情報2
羽田や成田に降りる飛行機の中からも、その姿を見られる日本の最高峰、富士山。初めて日本を訪れる観光客も、「FUJIYAMA」または「FUJISAN」の名は知っているでしょう。その美しい姿を山麓から眺めるだけでなく、ぜひ富士山の山頂に立ってみませんか。

富士山とは? どこにあるの? どんな火山?

富士山とは? どこにあるの? どんな火山?
富士山はほぼ日本列島の中心、静岡県と山梨県にまたがってそびえている火山です。整った円錐形の独立峰であり、遠方から望めることもあって、日本では古くから信仰の対象となり、また文学作品や絵画などにも描かれてきました。標高は3,776mと、日本の高山では群を抜いた高さとなっています。
2013年には「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

富士山の最後の噴火はいつ? 歴史と最近の傾向

富士山は、コニーデ型と呼ばれる断続的な噴火によって成長した成層火山。その歴史は火山としては比較的新しく、数十万年前に活動を開始、現在の富士山の形が作られたのは1万年前とされています。有史時代に入ってからも火山活動は続きましたが、大きな噴火は1707年の宝永大噴火を最後に収まり、現在に至るまで300年以上、ほぼ静寂を保っています。現在は重点観測火山として火山活動が常時観測されています。

富士山に登りたい。ベストシーズンはいつ?

富士山に登りたい。ベストシーズンはいつ?
富士山は、1年の大半は雪に閉ざされ、一般的な登山客は登ることができません。山開きは7月1日。9月に入れば気温が一気に下がり、山小屋や仮設トイレも営業を終了するところが増えてきますし、台風の心配もあるので、8月いっぱいまでの2ヶ月間が登山シーズンといえるでしょう。ただし、日本では6月から7月にかけて「梅雨」と呼ばれる雨期に入ります。富士山周辺では7月中旬までは梅雨の時期に当たることが多いので、それ以降にしたほうが無難でしょう。梅雨明け後にはしばらく天候が安定します。

もう一つ登る時期を選ぶ上で注意したいのは、お盆休みといわれる8月の連休。日本では8月中旬の時期に休暇期間が集中するため、この時期は観光地が大混雑します。富士山でも登山道が渋滞して進めなくなるほど。2018年で言えば8月11日〜19日あたりは避けた方がいいでしょう。それ以外の日でも、できるなら平日に行くことをおすすめします。

富士山の登り方・ルートは? 頂上に登るまでどれくらいかかる?

富士山の登り方・ルートは? 頂上に登るまでどれくらいかかる?
富士山の登り方・ルートは? 頂上に登るまでどれくらいかかる?2
富士山の登り方・ルートは? 頂上に登るまでどれくらいかかる?3
富士山の登り方・ルートは? 頂上に登るまでどれくらいかかる?4
標高3,776mとはいえ、一般的にはバスで五合目まで登り、そこから歩き始める形になります。午前中のうちに五合目を出発し、ゆっくりと登り始めて夕方になる前には八合目あたりの山小屋へ。早めに仮眠をとった後、0時頃には出発してヘッドランプを頼りに山頂を目指します。山頂でご来光(朝日)を眺め、体力に余裕があるなら火口一周のお鉢めぐりを。下りは転倒に気を付けて行きましょう。
ルートとして人気が高いのは山梨県側の富士スバルラインルートと静岡県側の富士宮口ルート。登山口の標高、交通の便、展望などコースによって変わるそれぞれの魅力を紹介しましょう。同じ道を往復するより、バスの便を調べて登山路と下山路を変えるのもいいでしょう。砂走りと呼ばれる砂礫の斜面は下りやすくおすすめです。

富士山の登り方・ルートは? 頂上に登るまでどれくらいかかる?5
富士山の登り方・ルートは? 頂上に登るまでどれくらいかかる?6
富士山の登り方・ルートは? 頂上に登るまでどれくらいかかる?7
●富士スバルラインルート
五合目標高2,305m、登り約6時間、下り約3時間
富士山の北面を登るため、富士五湖や南アルプスの展望が開けています。東京からのアクセスが便利で山小屋が多いこともあって最も人気の高いルート。それだけに夏山シーズンには渋滞が避けられません。

●富士宮口ルート
五合目標高2,380m、登り約5時間、下り約3時間30分
富士スバルラインに次いで人気の高い登山道。登山口の標高が高いため、最も早く山頂に登れます。駿河湾や伊豆半島の展望が開けています。

●須走口ルート
五合目標高1,980m、登り約7時間、下り約3時間
五合目の標高は低く、時間がかかるものの、その分静かな登山が楽しめます。また六合目までは樹林帯で日ざしが避けられるほか、東側斜面なのでご来迎(日の出)や夕方の影富士を眺められるのが魅力。下りに使うなら砂走りが一気に斜面を下れて快適。

●御殿場口ルート
五合目標高1,440m、登り約8時間20分、下り約3時間30分
五合目の標高が低く、標高差や歩行時間が長くなる健脚向きのルートです。また山小屋も少ないため須走口以上に登山者は少なくなります。こちらも下山路には大きな砂走りがあります。

富士山の登り方・ルートは? 頂上に登るまでどれくらいかかる?8

富士山へのアクセス方法

富士山へは、東京を始め大都市から富士登山のツアーバスが数多く運行されていますが、ここでは各空港から登山口へのアクセスをご紹介しましょう。

●成田空港から富士スバルラインルートへ
リムジンバスまたはJRの成田エクスプレスで新宿へ。新宿からはバスタ新宿発の高速バスで富士スバルライン五合目まで直行(所要時間約2時間45分)。本数も多く、乗り換えの面倒がありません。運行日は限定されているので注意。

「富士急行バス」
http://bus.fujikyu.co.jp/rosen/fujitozan

「特急成田エクスプレス 成田空港~河口湖直通」
http://www.fujikyu-railway.jp/train/nex_2018.php

●成田空港から富士宮口ルートへ
南側の富士宮口を目指すなら、成田エクスプレスまたはリムジンバスで東京駅へ。東京駅から東海道新幹線で新富士駅下車、ここから富士急静岡バスで富士宮口五合目へ約2時間5分。

●羽田空港から富士スバルラインルートへ
羽田空港の各ターミナルから、富士急行線富士山駅前まで直行する高速バスが1日6往復運行中(所要時間約3時間)。登山口の富士スバルライン五合目へは、富士山駅または河口湖駅から乗り換え、約1時間。

●羽田空港から富士宮口ルートへ
リムジンバスまたは京浜急行線でJR品川駅へ。品川駅から東海道新幹線で新富士駅下車、ここから富士急静岡バスで富士宮口五合目へ約2時間5分。

●関西国際空港から
JR関空特急はるかで新大阪へ。新大阪から東海道新幹線を利用し、新富士駅から富士宮口五合目へのバスに乗り換え。JAPAN RAIL PASSを利用するならこちらがお得です。
旅のプランによっては、大阪(天王寺駅・近鉄なんば駅・大阪駅など)および京都駅を夜に出て、翌朝に富士山麓の各駅前に着く高速バスも利用すると便利です。

「フジヤマライナー」
http://bus.fujikyu.co.jp/highway/detail/id/9

「金太郎号」
http://www.kintetsu-bus.co.jp/highway/routelist/route_detail.php?no=15

●中部国際空港セントレアから
名古屋鉄道で名古屋駅へ。JR名古屋駅から東海道新幹線で新富士駅下車、ここから富士急静岡バスで富士宮口五合目へ約2時間5分。名古屋駅前にある名鉄バスセンターからは富士急行富士山駅への高速バス「リゾートエクスプレス」も運行しており、夏には毎日運行している臨時便を利用すれば、深夜に名古屋を出て翌朝富士山駅および河口湖駅に到着します。富士スバルラインルートから登るならこちらもおすすめ。
富士山へのアクセス方法
「リゾートエクスプレス」
http://bus.fujikyu.co.jp/highway/detail/id/11

富士登山! 持っていくべきものは?

観光地のイメージはあっても、日本最高峰の山。基本的な登山装備は必要です。まず大切なのは防寒対策。山頂では真夏でも気温は10度を切り、風が吹けばなおさらです。かさばらないダウンウェアやウインドブレーカーなどは必須。上下セパレートの雨具も用意しましょう。

また、靴は登山靴でなくても、底が厚いトレッキングシューズを用意すると足が疲れません。靴の中に小石が入るのを防ぐスパッツも用意しておくといいでしょう。

この他、風に飛ばされにくい帽子、軍手、水筒、暗い場所でも両手を使えるヘッドランプ、日焼け止めなども忘れずに。Tシャツの換えは濡れないようにビニール袋に入れておきましょう。

また、山小屋ではクレジットカードが使えないことが多いため、ある程度の現金も必要です。

富士山に行ったらどこのレストランに行くべき?

富士五湖周辺は東京から近いリゾート地とあって、和洋中のレストランが数多く存在しています。また、山麓では沼津周辺に海の幸を扱う食事処がいっぱいあって迷うほど。ここならではのものを食べるなら、あえて気軽なローカルフードを。富士宮の焼きそば、富士吉田の吉田うどんは全国的にも知られています。


「地ビールレストラン シルバンズ」

富士山に行ったらどこのレストランに行くべき?
富士山に行ったらどこのレストランに行くべき?2
富士スバルライン近く、赤松林に囲まれたレストラン。落ち着いたインテリアの中でくつろいだあとは、変化に富んだイングリッシュガーデンへ。
「地ビールレストラン シルバンズ」
https://www.sylvans.jp/

富士山に泊まりたい! 周辺のホテルやゲストハウスは?

富士山では、五合目より上の宿泊施設は山小屋となり、混雑は避けられませんし、快適性を求めるのは難しいでしょう。くつろいで泊まるなら、登山のあとに山麓へ。富士山の北側、富士五湖は美しい景観が広がるエリア。中でも富士河口湖町の河口湖周辺には温泉宿が集中していて、客室や露天風呂などから窓いっぱいの富士山を望める宿が多数。車いす対応などユニバーサルデザインの宿が増えているのも特徴です。また、ホテルや温泉旅館と別に貸別荘タイプの宿も多く、家族やグループで何泊か過ごすには経済的です。

「富士レークホテル」

富士山に泊まりたい! 周辺のホテルやゲストハウスは?
富士山に泊まりたい! 周辺のホテルやゲストハウスは?2
富士山麓、河口湖畔に建つ老舗ホテル。誰にでも利用しやすい「ユニバーサルデザイン」にいち早く対応している。英語と中国語での対応が可能。
https://www.fujilake.co.jp/


「ヴィラ アンソレイユ」

富士山に泊まりたい! 周辺のホテルやゲストハウスは?3
富士山に泊まりたい! 周辺のホテルやゲストハウスは?4
富士山に泊まりたい! 周辺のホテルやゲストハウスは?5
河口湖にある貸別荘。南フランスの民家をモデルにしており、一戸建てのコテージからは富士山が正面に。ダイニングには調理器具が揃っていて、専用の屋根付きテラスではバーベキューも楽しめます。
http://www.villa-ensoleille.jp/


「ホテルマウント富士」

富士山に泊まりたい! 周辺のホテルやゲストハウスは?6
富士山に泊まりたい! 周辺のホテルやゲストハウスは?7
富士山に泊まりたい! 周辺のホテルやゲストハウスは?8
山中湖を見下ろし、正面に雄大な富士を望む絶景の宿。富士山検定一級を取得したスタッフも。
https://www.mtfuji-hotel.com/

「富士河口湖町観光情報サイト」
http://www.fujisan.ne.jp/

富士山周辺でするべきこと・行くべき場所

富士山周辺は日本有数の観光地です。山頂への往復だけではもったいないもの。登山の疲れを癒やす温泉に浸かるもよし、裾野から富士の姿を愛でるのもよし。
もう一泊して、より深く楽しんでみましょう。

●アミューズメントパークで遊ぶ
まずは富士スバルラインルートの登山口に近い「富士急ハイランド」。ギネス記録を持つ数々の絶叫マシーンに加え、世界最大級のお化け屋敷やきかんしゃトーマスのミニテーマパーク、トーマスランドなど、年齢層を問わず遊びきれないほどアトラクションがいっぱいです。

富士山周辺でするべきこと・行くべき場所
富士山周辺でするべきこと・行くべき場所2
富士山周辺でするべきこと・行くべき場所3
「富士急ハイランド」
http://www.fujiq.jp/index.html

また、スキー場として有名な「ふじてんスノーリゾート」は雪のない季節にもスキーやスノボが楽しめるサマーゲレンデを営業中。MTBやハンドル付きのマウンテンカートなどもあり、標高1200m以上の涼しい高原でアウトドアスポーツを楽しむのも最高。

富士山周辺でするべきこと・行くべき場所4
富士山周辺でするべきこと・行くべき場所5
富士山周辺でするべきこと・行くべき場所6
「ふじてんリゾート」
http://www.fujiten.net/pc/

南麓にある「富士サファリパーク」は日本最大のサファリパーク。専用バスなどで100頭を超えるライオンをはじめとする世界中の動物を間近に観察できます。夏はナイトサファリも人気。

富士山周辺でするべきこと・行くべき場所7
富士山周辺でするべきこと・行くべき場所8
富士山周辺でするべきこと・行くべき場所9
「富士サファリパーク」
https://www.fujisafari.co.jp/


●花畑を巡る
富士山の周辺には花の名所もいっぱい。4月中旬から5月末まで富士芝桜まつりが行われる富士本栖湖リゾート、6月中旬から7月には、河口湖の湖畔でラベンダーが咲き誇る河口湖ハーブフェスティバル、また4月下旬から10月中旬まで、チューリップやポピー、ヒマワリなど数々の花が入れ替わりに咲き誇る山中湖花の都公園など、雄大な富士山とお花畑の絶景が眺められるスポットがあります。

富士山周辺でするべきこと・行くべき場所10
「富士芝桜まつり」
http://www.shibazakura.jp/

富士山周辺でするべきこと・行くべき場所11
「河口湖ハーブフェスティバル」
http://www.fujisan.ne.jp/event/info.php?no=672

「山中湖花の都公園」
http://www.hananomiyakokouen.jp/

富士山でできるツアー

富士登山のガイドツアーだけでなく、現地発着で山麓を楽しむツアーもあります。樹海を探索したり、夏でも寒い溶岩洞窟へ踏み込んだり。より深く富士を楽しむならぜひ参加を。

「富士エコツアーサービス」
富士登山を始め、青木ヶ原樹海と洞窟探検、宝永火山の火口巡りコースなど多彩なエコツアーが用意されています。今年から英語によるガイドも開始。
http://fuji-eco.com/

富士山に関する外国人のよくある質問

Q
富士山がよく見える電車の路線は?
A
関東地方では、見通しの良い場所であれば多くの路線で富士山が望めます。晴れていれば羽田空港からの東京モノレールからも。ただし間近に雄大な富士山を望むなら、東海道新幹線やJR東海道線。乗るときはぜひ北側(大阪方面に向かって右)の席に。また、富士登山で利用できる富士急行線は「富士に一番近い鉄道」のキャッチフレーズがあり、近づいてくる富士山の眺めが車窓から堪能できます。

Q
富士山でWi-Fiは利用できる?
A
富士山の山開き期間は、全山小屋を含む49個所で無料Wi-Fiサービスの「富士山Wi-Fi」が利用可能。訪日外国人向けアプリの「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」にも対応しているため、アプリをダウンロードするだけで接続できます。日本最高峰からSNSへのアップロードも可能です。

Q
山小屋でクレジットカードは使えますか?
A
富士スバルラインルートの本八合目富士山ホテル、七合目と本八合目にあるトモエ館(ネット予約のみ)、七合目の鎌岩館など、富士山の山小屋の一部ではVISAカードが使えます。ただし電波状況の悪い場合には利用できなかったりするので、事前に確認を。いずれにしても売店やトイレなど現金が必要なことも多いので、ある程度の現金は忘れずに。

Q
富士山に登るときには入山料が必要?
A
各登山口では富士山保全協力金として任意で1,000円が求められます。これは環境保全や登山者の安全対策に使われています。

Q
高山病を防ぐには?
A
夜に五合目まで行ってそのまま登る「弾丸登山」など、無理な計画が高山病の原因。早めに山小屋で一泊し、体を慣らしてから山頂を目指しましょう。渋滞を避けるためにはあまり上まで登らず、六合目や七合目あたりでの宿泊がおすすめです。

富士山の四季ごとの写真

富士山の四季ごとの写真 春。山麓の富士五湖でも標高が高いため、桜の見頃は4月下旬ごろになる

富士山の四季ごとの写真2 初夏。残雪は、多いときには7月まで残っている

富士山の四季ごとの写真3 秋。河口湖北岸のもみじ回廊から

富士山の四季ごとの写真4 秋。須走口五合目近くにある小富士から

富士山の四季ごとの写真5 冬。山中湖からの逆さ富士

富士山のまとめ

準備を整え、しっかりした計画を立てて行けば、富士登山は決して難しくはありません。天候に恵まれれば雄大な展望や、幻想的な雲海など、ここでしか見られない景色が待っています。自分の体力に合わせ、余裕を持った富士登山を。悪天候のときには無理をせず、山麓で楽しみましょう。

※2018年6月8日現在の情報です。詳細は直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む