)

新宿|東京

2018.06.14

新宿|東京
日本でも有数の歓楽街として知られる新宿には大型施設が居並び、ショッピングはもちろん、夜には歌舞伎町や新宿2丁目などの夜遊びを満喫できるエリアも。様々な顔を持つ新宿の魅力をここでご紹介します。

新宿とは?

名前に「宿」という文字が入っている通り、もともとは宿場町として栄えました。街の根幹をなす甲州街道が整備された江戸時代から宿場町として発展し始めた新宿には、一般的な宿だけでなく、すでにこの頃から歓楽街としての顔も持ち始めました。

新宿が現在のようなターミナル駅としての個性を持つようになったのは、1923年の関東大震災がキッカケといわれています。銀座や浅草など下町エリアは地盤が弱かったために街が壊滅、人口が激減しましたが、比較的高台にあった新宿の街はほとんど被害を受けずにすみました。そのことから新宿への移住者が増え、ターミナル駅へと整備されました。さらに人が増えたことに伴い、数々の百貨店や飲食店などが増えていきました。

その流れは戦後になっても変わらず、歌舞伎町の出現に合わせ、1950年代からは映画館、ショーや演劇を行う舞台などが数多く開かれ、サブカルチャーの発信地としても注目を集めるようになります。様々な形で発展を遂げる新宿に東京都庁の移転が決まり、1990年代にはさらに多くの高層ビルが並び立つように。こうして新宿はオフィス街としての顔を持つようになりました。様々な人や文化が集まる新宿は、訪日外国人観光客にも人気のある街として知られるようになっていきました。

新宿(駅)への行き方

日本屈指のターミナル駅である新宿駅は、数多くの電車が乗り入れています。JRだけでも山手線、埼京線、湘南新宿ライン、中央線、総武線が停まり、地下鉄では東京メトロ丸ノ内線、都営地下鉄の新宿線、大江戸線。ほかに京王線、小田急線があります。新宿を拠点に都内各地に出かけることもできますし、反対に新宿に来るには様々な方法があります。

例えば成田空港から新宿駅へは、JR空港第2ビル駅からJR成田エクスプレスでおよそ1時間30分、羽田空港の場合、羽田空港国際線ターミナル駅から京急空港線を利用して品川駅まで向かい、JR山手線に乗れば新宿駅に到着します。所要時間はおよそ40分です。

またターミナル駅ということもあり、新宿駅まで向かう直通のバスが多数走っており、それを利用する手もあります。各方面へのアクセスが抜群にいいので、東京観光の拠点としても便利でしょう。

新宿の歩き方

都内の街それぞれに個性がありますが、なかでも新宿は特に多種多様です。ショッピング、グルメ、日本ならではのナイトライフなど、この街の観光だけでも日本旅行を堪能できるくらい充実しているといっても過言ではないでしょう。

時間帯によって街の個性が変わるのも新宿ならでは。昼間はショッピングやアクティビティ、夜はディナーやバーでのナイトライフを楽しむといった具合に、街のなかで色々と体験してみるのがおすすめです。ほとんどのエリアや施設はJR新宿駅から歩いて10分圏内にあり、歩いて気軽に回れるのもポイントです。

1.新宿の買い物・お店

■伊勢丹新宿店

1.新宿の買い物・お店
1931年創業の日本の百貨店の老舗本店。世界最高のおもてなし、世界最高のファッションミュージアムを目指すというコンセプトのもと、紳士服や婦人服、子供用品など各商品が充実のラインナップを誇ります。ファッションフロアには国内外の一流ブランドが出店、フードフロアには有名店・人気店が軒を連ね、様々なグルメが楽しめます。多くのフロアでは訪日外国人観光客向けに英語などでの対応も可能。免税店も多く、おみやげ選びにも最適です。

1.新宿の買い物・お店2
1.新宿の買い物・お店3
1.新宿の買い物・お店4
「伊勢丹新宿店」
●東京都新宿区新宿3-14-1
●03-3352-1111
https://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/index.html
●10:30-20:00
●不定休
※変更あり


■NEWoMan
2016年にオープンしたばかりの新宿の新しいシンボル。JR新宿駅から直結でアクセスも抜群です。朝7時からオープンしている店舗もあり、朝食が取れるのもポイントです。ファッションフロアには流行のブランドが多数出店し、雑貨やコスメなどその数は100種類以上!日本の伝統工芸職人が手がけたアイテムなど、ここでしか買えないものも。

「NEWoMan」
●東京都新宿区新宿4-1-6
●03-3352-1120
https://www.newoman.jp/
●7:00-23:00
●不定休
※各フロア、店舗によって異なる


■世界堂 新宿本店

1.新宿の買い物・お店5
「モナリザもびっくり」というキャッチコピーで知られる、業界最大手ともいえる画材・文房具専門店。店内には絵の画材、日本ならではの文房具などが所狭しと並んでいて、訪日外国人客にも人気を博しています。日本の美しい景色を絵に描いてみたくなった、という方にはピッタリ。旅の途中で絵の具やスケッチブックを揃えて絵を描くのもステキですね。

1.新宿の買い物・お店6
1.新宿の買い物・お店7
1.新宿の買い物・お店8

「世界堂 新宿本店」
●東京都新宿区新宿3-1-1 世界堂ビル1~5F
●03-5379-1111
https://www.sekaido.co.jp/
●9:30-21:00
●年末年始 休み

2.新宿の観光

■新宿御苑

2.新宿の観光
高層ビルが多い新宿でオアシスとなっているのが新宿御苑。もとは、江戸時代に街の発展に尽力した信濃高遠藩内藤家の下屋敷の跡地で、戦後から国民公園として一般公開されるように。約58ヘクタールの広大な敷地には、日本庭園、イギリス風景式庭園、フランス式整形庭園の3つの庭園を有し、植えられている樹木はすべて合わせると1万本を越えます。なかでも見どころは桜。「日本のさくら名所100選」に選ばれており、見頃には大勢の花見客で賑わいます。

2.新宿の観光2
「新宿御苑」
●東京都新宿区内藤町11
http://fng.or.jp/shinjuku/


■新宿ゴールデン街

2.新宿の観光3
訪日外国人観光客から近年注目を集めている飲み屋街。全体でもおよそ2,000坪の狭い区画の中に、約200店もの小さなお店が密集しています。音楽やメニューなどに独自のコンセプトを持つお店も多く、複数のお店を回って楽しむこともできます。日本人はもちろん外国人も多く集まる街なので、気兼ねなく楽しめます。お客さん同士も仲がよく、気軽に話しかけるのもOK。日本のサブカルチャー文化の発信地ともいえるスポットです。

「新宿ゴールデン街」
●東京都新宿歌舞伎町1
http://goldengai.jp/


■新宿思い出横丁

2.新宿の観光4
新宿ゴールデン街と並ぶ、新宿を代表する飲み屋街。歴史としてはこちらの方が古く、戦後間もない1946年ごろにできた闇市がルーツだとか。そのためお店にもどこか昔の日本を思わせる雰囲気が漂います。焼き鳥やもつ焼きなど肉料理をメインにしているお店が多く、刺身や寿司などの生モノが苦手な方にはこちらの方がおすすめです。

「新宿思い出横丁」
●東京都新宿区西新宿1-2
http://shinjuku-omoide.com/

3.新宿の食事

■ロボットレストラン
様々な文化が入り混じる新宿でも異彩を放つ巨大ロボットが動くレストラン。最大の魅力はなんといっても総額100億円を投じたというロボットを使ってのショー。他にも和太鼓や歌舞伎など日本文化をアレンジした演目が多数用意されています。レストランというよりショーを見に行く感覚で行くのがおすすめ。ここでしか味わえない独特な世界観にハマってしまうこと必至です。

「ロボットレストラン」
●東京都新宿区歌舞伎町1-7-7 新宿ロボットビルB2F
●03-3200-5500
http://www.shinjuku-robot.com/
●15:20~
※公演は1日に4部あり。詳しくは公式サイトで
●年中無休


■釣船茶屋 ざうお 新宿店

3.新宿の食事
日本料理の代表・刺身の魅力は、その鮮度。せっかくなら釣りから楽しみたい!という方にもピッタリなのが「ざうお」。釣竿をレンタルして釣りたい魚を自分で釣れるアトラクションが付いています。釣れた魚は刺身や寿司に調理してもらうことができます。生ものが苦手な方向けに焼き魚や煮付け、から揚げなどのメニューも。東京の真ん中で釣り体験にチャレンジしてみては?

3.新宿の食事2
「釣船茶屋 ざうお 新宿店」
●東京都新宿区西新宿3-2-9 新宿ワシントンホテル1F
●03-3343-6622
http://www.zauo.com/
●11:30-14:30/17:00-23:00
※土日祝 11:30-14:30/16:00-23:00
●年末年始休み


■NIKKO KANAYA HOTEL CRAFT GRILL
和食はもちろん様々な文化の食事が楽しめる日本、なかでもオススメなのがこのお店。「伝統と革新」をテーマに生み出されるのは、いずれも日本風にアレンジされた洋食メニュー。クラフトビールなど、お酒も様々なジャンルが用意されています。生魚をはじめ、日本料理がちょっと食べづらい、という方にもピッタリです。

「NIKKO KANAYA HOTEL CRAFT GRILL」
●東京都新宿区新宿3-32-6 B1F
●03-5361-7548
https://www.dd-holdings.jp/shops/craftgrill/shinkyuku
●11:30-15:00/17:00-23:00
※土日祝11:30-23:00
●年中無休

4.新宿の宿泊(ホテル)

■ホテルウィングインターナショナル新宿
JR新宿駅から徒歩6分、夜遊びの街・歌舞伎町の中にあるホテル。周辺には新宿御苑や花園神社などの観光スポット、ショッピングモールなどが点在しており買い物にも便利です。フロントは24時間対応で、緊急時も安心です。また、客室のオリジナルのポケットコイルマットレスを採用したベッドは快眠をサポートしてくれます。

「ホテルウィングインターナショナル新宿」
●東京都新宿区歌舞伎町1-21-7
●03-3200-0122
https://www.hotelwing.co.jp/shinjuku/


■パークハイアット 東京
東京都庁に近い高層ビル・新宿パークタワーにある都内屈指の高級ホテル。部屋からは圧巻の東京の景色を見ることができます。部屋はスイート23室を含め全177室。落ち着いたインテリアと素晴らしい眺望で、優雅にくつろげます。レストランのほか、ホテル内にはスパ、プールジムなども完備。長期の滞在にもオススメです。

「パークハイアット 東京」
●東京都新宿区西新宿3-7-1-2
●03-5322-1234
https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/park-hyatt-tokyo/tyoph


■かどやホテル
宿泊費用を抑えたい時にオススメのホテル。JR新宿駅から徒歩3分の好アクセスがポイントです。客室はシンプルながら、枕や布団にこだわったベッドで快眠を約束。全室インターネット完備で旅行中の情報収集にも便利です。朝食は和洋食のバイキング形式で、天気のいい日にはテラス席も開放しているので、気持ちのいい朝の日差しを浴びながら朝食を楽しむこともできます。

「かどやホテル」
●東京都新宿区西新宿1-23-1
●03-3346-2561
http://www.kadoya-hotel.co.jp/

5.その他アトラクション

■手裏剣道場 新宿 忍者からくり屋敷

5.その他アトラクション
日本を代表するヒーロー、世界中で大ブームの「NINJA」。歌舞伎町にありながら、和風の屋敷をイメージしたこの体験型忍者屋敷では、忍者のコスチュームを身にまとい、憧れの手裏剣投げや忍者刀を振りかざす体験ができます。特に男性におすすめです。

5.その他アトラクション2

「手裏剣道場 新宿 忍者からくり屋敷」
●東京都新宿区歌舞伎町2-28-13 第一和幸ビル4F
●03-6457-3337
http://ninja-trick-house.com/
●10:00-18:30
●火・水曜休み


■サムライミュージアム

5.その他アトラクション3
忍者とともにジャパニーズヒーローの代表格といえる侍。日本家屋を模した館内に約450年前に実際に使われていた真性の甲冑が展示され、サムライスピリッツを体験することができます。2階フロアには、本物の甲冑を着て記念撮影ができる撮影コーナーも。

「サムライミュージアム」
●東京都新宿区歌舞伎町2-25-6
●03-6457-6411
https://www.samuraimuseum.jp/
●10:30-21:00
●不定休

新宿の夜の過ごし方、歌舞伎町でおすすめの場所

新宿はナイトライフが盛んな街としても知られています。なかでも歌舞伎町は飲食店や居酒屋などが多く出店。アジア最大級の歓楽街としても名を馳せ、夜遅くでも営業しているお店が多いことから「眠らない街」とさえ称されています。

歌舞伎町には夜から営業を始めるお店も多く、昼間はほとんどのお店が閉まっていて閑散としています。歌舞伎町は夜に行くのがオススメです。

ニューハーフの街 新宿2丁目

新宿らしい文化の一つが新宿2丁目のニューハーフの飲屋街。東京のみならず、日本を代表するゲイタウンとして毎夜賑わっています。もともとこのあたりは遊郭(*)の街として栄えた文化があり、関東大震災で吉原や州崎など有名な遊郭街が焼けて以降、ほぼ無傷だった2丁目周辺の遊郭が栄えていきました。

戦後の1958年に遊郭が廃止されることになり、それに代わり、いつしかニューハーフの方たちが集まり、スナックやバーなどのお店を開くようになりました。ニューハーフのお店は新宿でも2丁目に集中しており、連日ニューハーフの方たちがやってきます。また、明るく誰とでも分け隔てなく接し、時に歯に衣きせぬ軽妙な会話で楽しませてくれるニューハーフとの会話を楽しみたい女性や男性も多く集まるようになり、いつしか観光スポットとしても注目されるようになりました。
(*)遊郭:主に遊女屋(風俗店)を集め、周囲を塀や堀で囲った区画のこと

新宿2丁目おすすめの場所

■ひげガール

新宿2丁目おすすめの場所
日本のニューハーフのお店として、草分け的存在の老舗店。厳密には新宿2丁目ではありませんが、連日様々なショーを楽しむことができます。ニューハーフの方たちによる華麗なダンスのステージが人気を博し、ショー終了後は客席で話すこともできます。スタッフの中には日本語しか話せない方もいるので、日本語が少しでも話せる方向けといえるでしょう。

「ひげガール」
●東京都新宿区歌舞伎町1-2-8 第2ウィザードセブンビル 5F
●03-5292-1275
http://www.hige-girl.com/top/index.html
●18:00-翌1:00
●日曜休み
※月曜日が祝日の場合は営業。翌月曜日休み


■Aiiro CAFE

新宿2丁目のど真ん中にあるニューハーフバーのメインストリームのお店。連日のようにお客さんがやってくる人気の立ち飲みバーで、世界各国のお酒が楽しめます。また外国人観光客も多くやってくるので、初めての方でも気軽に入れるのもポイント。世界各国のお酒を楽しみながら、様々な人たちとの交流を深めましょう。

「Aiiro CAFE」
●東京都新宿区新宿2-18-1 第7天香ビル1F
●03-6273-0740
http://aliving.net/aiirocafe/
●18:00-翌2:00
※金土18:00-翌5:00、日曜18:00-24:00

新宿のまとめ

昼と夜、またエリアごとにそれぞれの魅力が異なる街、新宿。ほかの街にはない様々な体験ができるので、ぜひ旅行先の候補に加えるとよいでしょう。日本に観光に来たら、ぜひ足を運んでみてください。

※2018年4月26日現在の情報です。詳細は直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む