)

東京タワー

2018.06.11

東京タワー
東京のシンボル的存在である東京タワーには、毎年およそ250万人という多くの人が訪れます。塔内には数多くのショップやグルメのほか、水族館や、日本を代表する大ヒット漫画『ONE PIECE』の世界観を元にしたテーマパークなどがあり、大人から子どもまで一日中遊べる魅力的な観光スポットです。

また小説・映画『東京タワー~オカンとボクと、時々オトン』や映画『ALWAYS 三丁目の夕日」など、日本の大ヒット作品の舞台、および象徴的存在としても幾度となく取り上げられてきました。

夜のライトアップでは、東京の夜空にひときわ美しいフォルムを描き出します。季節やイベントによってさまざまな色にライトアップされる姿を眺めながら過ごせるホテルとともに、東京タワーの観光情報をご紹介します。

東京タワーとは?

東京タワーは、東京スカイツリーに次いで日本で2番目の高さを誇る電波塔です。1958年12月23日に開業し、翌24日から観光客の受け入れを開始し、2017年には来塔者数が1憶8,000万人を突破しました。東京タワーがある芝公園は、電波塔を使用するテレビ局はもちろん、東京の主だった観光地とも近く、双方から見てとても便利な場所にあることからタワー建設地に選ばれました。現在はメイン電波塔の役割を東京スカイツリーに譲りましたが、アクシデント時のシグナル発信やFMラジオの電波の発信を行っています。

東京タワーの高さとは?エッフェル塔とどちらが高い?

東京タワーの高さとは?エッフェル塔とどちらが高い?
東京タワーは高さが333mあり、高さ150mにメインデッキ、250mにトップデッキと二つの展望台を持ち、東京都内を一望することができます。天候に恵まれると、遠く富士山が見えることも。

東京タワーは、建設当時世界で最も高い塔だった324mのエッフェル塔をお手本に、エッフェル塔の半分以下の鉄鋼材料を使い、わずか一年半という短期間で造られています。日本の技術力の進歩を世界へアピールしようと、多くの技術者や職人たちの知恵と努力により、ほんの少しだけエッフェル塔より高く作られています。

東京タワーの料金は?チケットはどこで買えばいいの?

東京タワーの料金は?チケットはどこで買えばいいの?
東京タワーのタワー入り口前にチケット売り場があり、展望台への入場券はこちらで購入することができます。メインデッキ(150m)へは、高校生以上の大人900円、小中学生500円、4歳以上400円で入場できます。メインデッキ・トップデッキ(250m)のセット券(トップデッキツアー)は高校生以上の大人2,800円、小中学生1,800円、4歳以上1,200円です。

トップデッキツアーは、3か月前から事前に東京タワーホームページで予約することもできます(12ヶ国語に対応)。休日は予約でいっぱいになる時間もあるので、早めの予約をおすすめします。

「トップデッキツアー予約ページ」
https://tdt.tokyotower.co.jp/index.html


1、東京タワーの観光

東京タワー観光の目玉でもある、2つある展望台のおすすめポイントをご紹介します。

・メインデッキ
高さ150mのメインデッキからは、東京湾からビルが立ち並ぶ都市部まで、東京を一望することができます。足元がガラス貼りになっているところもあり、タワーの足元部分を見ることもできます。また「都内でもっとも高い場所にある神社」でもある「タワー大神宮」があります。隣接するグッズショップ「THE OFFICIAL SHOP SKY」では東京タワー型の絵馬などを販売しており、合格祈願や恋愛成就などの願い事を書いて奉納することもできます。ちなみに、土日祝日であれば、メインデッキまで直通の外階段約600段の階段を上ることもできます。15分ほどかけて昇りきると、公式キャラクターであるノッポン公認の「昇り階段認定証」がもらえます。体力と高所に自信がある方、ぜひチャレンジしてみては?

※現在、方角ごとに順次改修作業が行われています。(2019年末頃改修完了予定)   そのため一部の展望ができませんがご了承ください。
●9:00-23:00(最終入場22:30。外階段昇りは土日祝日の11:00-16:00、天候により利用不可の場合あり)
詳細は東京タワーのホームページをご確認ください。https://www.tokyotower.co.jp/

・トップデッキ

東京タワーの料金は?チケットはどこで買えばいいの?2
開業60周年を迎え2018年にリニューアル工事が完了し、近未来的な姿に生まれ変わった高さ250mのトップデッキ。ミラーとLED照明がきらびやかな空間を創り出し、独特の埋没感・浮遊感を感じる世界に誘われます。

トップデッキへ行くにはツアーへの参加が必須です。1階のトップデッキレーンから入場し、メインデッキや東京タワーの歴史を辿れるタワーギャラリーなども一緒に楽しむことができます。
●9:00-22:15の間、15分おき(最終ツアーは22:15、天候によりツアー中止の場合あり)


2、東京タワーの買い物・お店

東京タワーの1~5階は「フットタウン」と呼ばれ、バラエティ豊かな多くのショップやアクティビティが集まっています。日本アニメのグッズが豊富に揃う「アニメイト」などもありますが、特に東京みやげを選ぶのにおすすめのお店はこちらです。

「TOKYO TOWER OFFICIAL SHOP GALAXY」

東京タワーの料金は?チケットはどこで買えばいいの?3
フットタウン3階にある広い店内には、洗練されたオリジナルの東京タワーグッズが所せましと並べられています。お菓子からステーショナリー、ファッショングッズなど、東京タワーをモチーフに様々なメーカーとコラボレーションした商品は、ついついいくつも買ってしまいたくなる可愛さです。
●営業時間 9:00-22:30(毎月月末は22:00)


「TOKIO333」

東京タワーの料金は?チケットはどこで買えばいいの?4
定番の東京みやげが揃い、タワーだけでなく東京の思い出を持ち帰りたい人におすすめのショップです。Hello Kitty japanコーナーが新設されており、東京タワーとのコラボグッズやご当地キティも充実しており、ファンなら絶対にハズせないお店です。
●営業時間 9:30-22:00


「東京おみやげたうん」

東京タワーの料金は?チケットはどこで買えばいいの?5
開業当時の面影を色濃く残す、レトロな屋台風の土産物店街です。中には開業から60年以上続いているお店もあるとか。アニメやキャラクターとコラボした現代らしいものから、昔懐かしい絵皿、模造刀や羽織など、これぞNippon!というベタなお土産まで、展示スペースいっぱいに幅広くラインナップされています。
●営業時間 9:30-22:00


3、東京タワーの食事

フットタウンの2階には、腹ごしらえにぴったりのお店がずらりと並んでいます。ハンバーガーやピザといった軽食のほか、ラーメンにそばなど日本ならではの食事も可能。おはぎやアイスクリームなど、スイーツメニューも充実しており、一日中タワーで遊びたい人にはとても嬉しいフロアです。そのなかでも、タワー内のレストランでしか出会えない2つのお店があります。


「TOKYO TOWER DINER」

東京タワーの料金は?チケットはどこで買えばいいの?6
グリルトーストが看板メニューのお店。サラダとスープがセットになったお手頃価格のランチはもちろん、夜はタワーの高さ「333」グラムのステーキやハンバーグなど、オリジナルメニューのほか、東京タワー限定赤ワインなども楽しめます。観光途中の腹ごしらえから夜景を見た後にちょっと一杯など、幅広い使い方ができるダイナーです。

●03-6452-9536
http://towers-diner.tokyo/
●【平日】11:30-15:00(L.O.14:30)、17:00-22:00(L.O. 21:30)【休日】10:00-22:00(L.O. 21:30)
●無休


「東京カレーラボ」

東京タワーの料金は?チケットはどこで買えばいいの?7
もはや日本人の国民食となったカレーライスの専門店。小さい子どもから大人まで、タワーに訪れる老若男女すべての人にとっておいしいカレーを日々追求しているお店です。辛さも具材もさまざまなメニューが用意されており、海外からの旅行者でも自分好みのメニューを見つけられそう。カレーがテーマのおみやげもあるので、要チェック!

●03-5425-2900
http://tokyocurrylab.jp/
●11:00-21:50
●無休


4、東京タワーの宿泊(ホテル)

東京タワーの周辺ホテルには、窓からのタワーの眺望を確約するプランを揃えているところもあります。光り輝くタワーと東京の夜景を一晩中ゆっくりと眺めたい方は、ぜひタワービュー確約プランのある宿泊先を選んでみて下さい。


「NEXUS DOOR TOKYO」

東京タワーの料金は?チケットはどこで買えばいいの?8
東京タワーから徒歩圏内、2017年11月にオープンしたホテルです。各方面へのアクセスもよく、ビジネスシーンでの利用でも人気です。モダンでアーティスティックなインテリアも魅力的な「クラブラウンジ」は、11時~17時はカフェ、17時~24時(日、月、火は22時)はバーとして宿泊者は無料利用できるなど、充実した東京ステイを叶えてくれます。

東京タワーの料金は?チケットはどこで買えばいいの?9
東京タワーの料金は?チケットはどこで買えばいいの?10
●東京都港区西新橋3-23-16
●03-5473-7773
http://www.nexusdoor.jp/ja
●東京タワービューセミダブル 1名14,000円~/東京タワービューデラックスダブル 1名16,000円~


「ザ・プリンス パークタワー東京」

東京タワーから徒歩すぐのラグジュアリーホテルです。窓のすぐ外には迫るようにタワーがそびえ立ち、特等席から東京タワーの眺めを一人占めできます。優雅な東京ステイを楽しみたい方におすすめです。

●東京都港区芝公園4-8-1
●03-5400-1111
http://www.princehotels.co.jp/parktower/
●【東京タワー側確約】1名10,500円~


「東京プリンスホテル」

東京タワーから徒歩2分、2017年にリニューアルオープンしたラグジュアリーホテルです。東京タワーが眺められる部屋の確約プランはもちろん、タワーを眺めながらのんびりと食事やカフェタイムを楽しめるのが魅力です。「カフェ&バー タワービューテラス」では、昼は芝公園の緑とタワーの赤のコントラストを楽しみながらランチやアフタヌーンティーを、夜は夜空にきらめくタワーを見上げながらバータイムを過ごすことができます。

●東京都港区芝公園3-3-1
●03-3432-1111
http://www.princehotels.co.jp/tokyo/
●【東京タワー側確約「TOKYO VIEW TIME」】1名13,400円~(東京タワーチケット付き)


5、その他アトラクション

東京タワーには二つのテーマパークが併設されています。

「東京ワンピースタワー」

東京タワーの料金は?チケットはどこで買えばいいの?11
フットタウン3~5階にあるのは、国内はもとより海外でも大人気の漫画・アニメ『ONE PIECE』の世界観を完全再現したテーマパーク。オープニングのVRを経て、主要キャラクターそれぞれの個性に合わせて作られた様々なアトラクションがあり、半日かけても巡りきれないほど充実しています。原作者自らストーリーを監修した演劇や、ワンピースをテーマにしたメニューが楽しめるレストランも。パーク内には物語のシーンを再現したり、キャラクターと一緒に撮影できるフォトスポットも数多く、また現在は連載20周年を記念して、漫画のページの中に入り込んだ気になるような企画展「ログギャラリー」も開催しています。もちろん最後にはキャラクターグッズを豊富に揃えたショップにも立ち寄って。ファンにはたまらない場所となっています。

https://onepiecetower.tokyo
●10:00-22:00(最終入場21:00)
●【LIVE&PARK PASS】大人(19歳以上)3,200円、中人(13~18歳)2,700円、小人(4~12歳)1,600円/【PARK PASS】大人(19歳以上)2,200円、中人(13~18歳)1,700円、小人(4~12歳)600円/※東京ワンピースタワーエントランスで販売。東京タワーメインデッキ+PARK PASSセット券は大人2,900円、高校生2,500円、中学生2,100円、小学生1,000円、4歳以上900円
●無休


「東京タワー水族館」

東京タワーの料金は?チケットはどこで買えばいいの?12
東京タワーを入ってすぐ、1階エントランスにブルーの入り口が突然現れるのが東京タワー水族館です。 南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、オセアニア、日本と大陸ごとに分類し、そこに生息する海洋生物を展示しています。900種類の生物5万匹の展示・飼育は世界最大規模といわれており、ほかではなかなか見ることのできない珍しい魚にも数多く出会えます。

●03-3433-5111
http://www.suizokukan.net/
●10:30-19:00(季節により変動あり)
●大人(高校生以上)1,080円、小人(1歳以上中学生以下)・シニア(65歳以上)600円
●無休

東京タワー(駅)への行き方

東京タワーの最寄り駅はいくつかあり、宿泊場所や前後の観光地により使い分けると便利です。
都営大江戸線の赤羽橋駅からは徒歩5分、都営三田線の御成門駅からは徒歩6分、東京メトロ日比谷線の神谷町駅からは徒歩7分程度です。いずれの駅も東京タワーへの案内が分かりやすく示されており、また構内から出て少し歩けばタワーが見えるので迷うことはほとんどありません。

東京タワーの夜景はこちら!

東京タワーの夜景はこちら!
東京タワーの夜景は、トップデッキ・メインデッキ・タワーの外からといくつもの視点から楽しめます。

東京タワーの夜景はこちら!2
トップデッキ・メインデッキから東京都内の宝石のような夜景を見渡すことはもちろん、トップデッキはミラーに夜景がきらきらと移り込み、まるで宇宙にいるかのような非日常体験ができます。

メインデッキでは、展望室内でプロジェクションマッピングを投影する「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA」などのイベントを不定期に行っています。窓の外に広がる夜景をバックに繰り広げられる光のエンターテイメントは、息を飲むような美しさです。

東京タワーの夜景はこちら!3
そしてタワーから一歩外へ出ると、オレンジ色に煌々と照らされた美しいフォルムを目にすることができます。見上げた姿を目に焼き付けるもよし、少し離れた場所から全体像を堪能するもよし。夜空にくっきりと描かれる鉄骨の曲線は、なんともいえない優美さと力強さを湛えています。

まとめ

東京タワーは、ただ高いところから景色が見える展望台というだけでなく、レトロな東京から最新の東京までをひとところで味わえる場所として再注目を集めているスポットです。
首都として発展していく様子を、ずっとこの場所から見続けてきた東京タワー。日本の移り変わりにも心を馳せながら、一日のんびり遊んで過ごしてみませんか。

「東京タワー」
●東京都港区芝公園4-2-8
●03-3433-5111
https://www.tokyotower.co.jp/
●9:00-23:00
●無休

※2018年5月1日現在の情報です。詳細は直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む