)

三重の宿泊施設 伊勢志摩ハイクラス編

2018.05.25

大阪、京都など関西方面からのアクセスもよく、2016年に伊勢志摩サミットが開かれたことでさらに注目が集まった三重県。パワースポットとして有名な伊勢神宮をはじめ、世界遺産の熊野古道、日本の原風景とも謳われる鳥羽や志摩半島の圧倒的な自然など、見所がいっぱい。一年を通じ訪れる外国人の数は増え続けています。なかでも伊勢・志摩エリアは、新鮮な魚介など地元食材を使った高級グルメや、露天風呂付きの客室など、おもてなしの心を肌で感じられるラグジュアリーな宿が注目を集めています。


伊勢市

天然温泉や伊勢地方伝統の工芸品を堪能 —— いにしえの宿 伊久

伊勢神宮(内宮)まで徒歩15分の好立地のため、早朝参拝にも便利な宿です。静寂の中の「早朝参り」や「夕間詰め」(*)など、昼間の「観光」では味わえない、宿泊するからこそ楽しめる時間があります。

天然温泉や伊勢地方伝統の工芸品を堪能 —— いにしえの宿 伊久 内宮まで「おかげ横丁」を通りのんびり歩いて20分、趣の異なる湯めぐりも楽しめます。

天然温泉や伊勢地方伝統の工芸品を堪能 —— いにしえの宿 伊久2 お迎え処 「花桜」。献上箸、伊勢型紙、伊勢春慶などの品が展示してあり、伊勢が守り続ける伝統の技を堪能できます。

天然温泉や伊勢地方伝統の工芸品を堪能 —— いにしえの宿 伊久3 ゆとりのシングルベッドを2台配置したスタンダードなツインルーム。写真は「ツインA」。

天然温泉や伊勢地方伝統の工芸品を堪能 —— いにしえの宿 伊久4 「長寿の湯」と言われる新美里温泉から運ばれる天然温泉が楽しめる、緑が映える石造りの大浴場「森の湯」。大浴場には、岩風呂「森の湯」と檜風呂「社の湯」があり、朝と夜で男湯・女湯を切りかえる為、両方を楽しむことができます。 (*)夕間詰め:閉門直前の夕刻に訪ねること

「いにしえの宿 伊久」
●三重県伊勢市宇治館町字岩井田山 679-2
●0596-20-3777
https://www.hotespa.net/hotels/ikyu/

伊勢の海を五感で体験する上質宿 —— 海の蝶

客室はすべてがオーシャンビューで、館内に箪笥や壺、屏風などの調度品が飾られ、和の心を堪能できる旅荘「海の蝶」。控え目に配置した古美術や調度、生け花が、ワンランク上のおもてなしを演出します。広々とした海の蝶のプライベートビーチは、散歩コースとしても人気。伊勢神宮までは車で約20分、鳥羽駅から送迎バスもあるので便利です。

伊勢の海を五感で体験する上質宿 —— 海の蝶 窓の外に広がる、壮大な「伊勢の海」。ワンクラス上の上質な空間を求めて設計された華やかな空間が広がります。

伊勢の海を五感で体験する上質宿 —— 海の蝶2 専用露天風呂付和洋室「飛鳥館suite」(和洋室85㎡/和室8畳+リビング+ベッドルーム)

伊勢の海を五感で体験する上質宿 —— 海の蝶3 客室露天風呂は、共同の風呂を使うのが苦手な人でも露天風呂が楽しめます。海を見晴らしながら身も心もリフレッシュ。ゆったりとした時間が流れます。

伊勢の海を五感で体験する上質宿 —— 海の蝶4 伊勢海老や鮑を始め、魚介類は伊勢近海で採れたものを、鮮度の高い状態で提供。自慢の伊勢海老は奥深い甘みと香りを堪能できます。

「旅荘 海の蝶」
●三重県伊勢市二見町松下1693-1
●0596-44-1050
http://www.uminochou.com/
●レストランの営業時間等は店舗により異なる
●無休


志摩市

国立公園内の圧倒的な自然と温泉に包まれる宿 —— NEMU RESORT HOTEL NEMU

伊勢志摩国立公園や、美しい英虞(あご)湾を見渡す森と海に囲まれた「NEMU RESORT HOTEL NEMU」。露天風呂を含む3種の温泉があり、日本の代表的な真珠ブランド「MIKIMOTO」がプロデュースするコスメブランド「ミキモト コスメティックス」による美容トリートメントも人気のホテルです。様々な自然と親しむプログラムや、温泉、ゴルフコースもあり、伊勢志摩の自然と一体となるリゾートステイが楽しめます。

国立公園内の圧倒的な自然と温泉に包まれる宿 —— NEMU RESORT HOTEL NEMU 都会の喧騒から離れた非日常空間「てふてふの丘」。

国立公園内の圧倒的な自然と温泉に包まれる宿 —— NEMU RESORT HOTEL NEMU2 1日にたった30分しか現れない、世界がもっとも美しく照らされる「マジックアワー」。

国立公園内の圧倒的な自然と温泉に包まれる宿 —— NEMU RESORT HOTEL NEMU3 新感覚の小上がり式「リラクシングソファ」を設置。部屋に入った瞬間大きな窓と、その向こうにNEMUの森の緑が広がるアプローチが印象的な「デラックスルーム」。全室46.8㎡の広々とした客室です。

国立公園内の圧倒的な自然と温泉に包まれる宿 —— NEMU RESORT HOTEL NEMU4 朝は爽快感にあふれ、時間によってまったく趣が異なる温浴施設「恵みの湯」。敷地内から湧く「潮騒の湯」「真珠の湯」「合歓の木湯」など、3つの湯巡りが楽しめます。写真は自家源泉の天然温泉「潮騒の湯」。体が芯から温まり、リラックス効果は抜群です。

「NEMU RESORT HOTEL NEMU」
●三重県志摩市浜島町迫子2692-3(伊勢志摩国立公園内)
●0599-52-1211
https://www.nemuresort.com/
●レストランの営業時間等は店舗により異なる
●無休

映画の舞台にも!日本を代表する洋式の老舗ホテル —— 志摩観光ホテル ザ クラシック

日本を代表する建築家・村野藤吾氏が手がけ、純洋式ホテルとして1951年に開業した「志摩観光ホテル ザ クラシック」。G7伊勢志摩サミット2016の会場となったホテルです。また、滞在中は宿泊者専用の寛ぎスペース「ゲストラウンジ」やランニングマシンなどを備えた「フィットネスジム」を自由に利用できます。

映画の舞台にも!日本を代表する洋式の老舗ホテル —— 志摩観光ホテル ザ クラシック 英虞湾を望む高台に佇む大人のリゾートホテル。小説「華麗なる一族」の舞台としても知られています。

映画の舞台にも!日本を代表する洋式の老舗ホテル —— 志摩観光ホテル ザ クラシック2 「日本の原風景」と紹介された英虞湾の絶景をパノラマサイズで楽しめる「ザ クラシック ゲストラウンジ」。

映画の舞台にも!日本を代表する洋式の老舗ホテル —— 志摩観光ホテル ザ クラシック3 志摩観光ホテルの歴史を大切にしながら選んだ数百冊の中から、お気に入りの書籍をとともにくつろぎのひとときを満喫できます。他に「リスニングルーム」もあり、CD700枚、レコード80枚の中から季節や気分に合わせた音楽を楽しむことができます。

映画の舞台にも!日本を代表する洋式の老舗ホテル —— 志摩観光ホテル ザ クラシック4 窓側のベンチシートから眺める英虞湾は格別。シンプルでモダンなインテリアが自慢の「プレミアムツイン」。

映画の舞台にも!日本を代表する洋式の老舗ホテル —— 志摩観光ホテル ザ クラシック5 ここでしか味わうことのできない、滋味深い海の恵みをふんだんに使用した定番のアワビステーキ、伊勢海老アメリカンソースなど「海の幸フランス料理」が楽しめる、レストラン「ラ・メール ザ クラシック」。

「志摩観光ホテル ザ クラシック」
●三重県志摩市阿児町神明731
●0599-43-1211
https://www.miyakohotels.ne.jp/shima/
●レストランの営業時間等は店舗により異なる
●無休

※いずれも2018年3月28日現在の情報です。詳細は直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む