富士山・山中湖周辺の大人気スポット“忍野八海”でショッピング、失敗しないお土産探し!

2018.05.16

日本旅行と言えば、東京、京都、大阪、そして富士山も外せません。富士山周辺には様々な観光スポットがあります。今回はその中でも澄んだ池で有名な忍野八海を観光しちゃいましょう。

ご存知の方も多いと思いますが、忍野八海とは日本の天然記念物に指定された8つの湧水地の総称で、世界遺産富士山の構成資産の一部でもあります。また、ここから見る富士山は「忍野富士」と呼ばれ、富士山の絶好の撮影スポットの一つです。私が家族と遊びに行ったときにも、日本旅行に訪れた観光客が遠くの富士山に向かってスマホを構え、夢中で写真を取る様子を見かけました。もちろん私もその仲間入りをしましたよ。


さて、8つの湧水池を巡るのはもちろんですが、そのついでに忍野村にあるいろんなお店を覗いてみました。買ってその場で食べられるお団子やフルーツから山梨の伝統工芸品まで様々なものが売られています。次に見に行く池を探しながら地図を片手にブラブラしていると、私の目的にぴったりのお店を見つけてしまいました。


「忍野八海忍野富士」という富士山の専門店です。その名の通り、富士山のグッズを専門に扱うショップだそうです。お店の中には常時300点以上の富士山をモチーフとしたグッズが所狭しと並んでいます。


お店の中はこんな感じ。富士山、富士山、富士山(笑)。せっかく来たのでお土産に富士山グッズを見てみようと思ったのですが、品揃えが良すぎて、選ぶのが難しいぐらいでした。そんな私たちに声をかけてくれた方が……。

「忍野八海忍野富士」西川店長がすすめる富士山のお土産



このお店の店長さんです。こんなのも人気があるよ~、と一つの扇子を見せてくれました。上の写真と下の写真、実はどちらも同じ扇子なんです。温めると色が変わり、湖面に映る富士山が紫色に浮かび上がるというわけです。


店長おすすめのお土産を教えてもらってから、これは本当に自分が求めるお土産かどうか、1つずつじっくり見ながら考えていました。そんなときに目に入ったのがこれ。招き猫が富士山の上に座っています。しかも天までとどけ、とばかりに前足をぐーんと伸ばしています。これはかわいい!実用的なものではありませんが、飾っておけば眺めるたびに笑顔になれそうです。そして、運が良くなるかもしれません。福を招く猫ですからね。


日本旅行へ来る海外の方にはこちらの招き猫も人気があるそうです。富士山の要素はありませんが、やはり招き猫には人を引き付ける何かがあるんでしょうか。この招き猫は中国製の陶器でできていて、絵付けを京都で行っているそうです。ここ忍野八海には様々な場所から観光客が訪れます。もしも誰かがこの招き猫を買ったら、中国で生まれた猫が京都から富士山を通って、またどこかへ旅をするのです。何だか壮大な話ですね。


他にもこれは欲しいかも、と思ったのが富士山鍋。普通の土鍋のように冬のお鍋を楽しんだり、タジン鍋のように蒸し料理に使ったりと、いろんな使い方ができます。山頂に当たる部分には穴が空いていて、沸騰するとまるで富士山が噴火したように湯気が出るそうです。ホームパーティーなんかで使ったら、話題になること間違いなしだと思います。サイズは2種類。大きい方が家族用、小さい方は2人用ぐらいかな?機能とデザインに優れたお鍋のようなので、一度使ってみたいと思いました。

他にも蒔絵で赤富士を描いた金色の爪切り、ガラスケースに入った純金の富士山模型などなど、紹介しきれなかったおみやげもあります。ここなら、あなたにピッタリの富士山土産が見つかるかもしれませんよ。

「忍野八海忍野富士」
●山梨県南都留郡忍野村忍草257
●0555-25-7301
https://www.facebook.com/oshinofuji/
※クレジットカード使用可
●電車+バス:
新宿駅からJR中央線に乗車、大月駅下車(約90分)、大月駅から富士急行大月線に乗車、富士山駅下車(約50分)、富士山駅から「路線バス[内野行き]」に乗車し、「忍野八海入口」バス停下車
高速バス:新宿駅から「中央高速バス[富士五湖方面行き]」に乗車し、「忍野八海」バス停下車
車:河口湖ICから約20分

※この情報は2月10日時点のものです。お出かけの際は直接店舗にお問い合わせください。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む