)

良いもの厳選!シリーズ 伝統品からハイテク品まで「ニッポンの弁当箱」を手にいれる

2018.05.29

お米などの主食と、おかず数品を色とりどりに盛り合わせる「お弁当」。日本では様々な工夫が凝らされたお弁当箱が売られています。今回は、伝統の素材や技法にこだわった逸品から、科学技術を駆使したハイテクお弁当箱まで、多彩なお弁当箱の世界をご紹介します。

日本の文化が色濃く繁栄された曲げわっぱの弁当箱

日本の文化が色濃く繁栄された曲げわっぱの弁当箱
「曲げわっぱ」とは、スギやヒノキなどの木の板をたくみに曲げる技法で作られる容器のこと。木目の美しさと、圧倒的な軽さ、スムーズな使い心地で、現代でも人気の日本の伝統工芸品です。

こちらは、秋田県の大館工芸社による大館曲げわっぱの弁当箱。大館の曲げわっぱは、きこりが杉を使って器を作っていたことから始まったと言われる器です。豊かな自然に育まれた秋田杉の木目は均一な美しさが特徴です。

日本の文化が色濃く繁栄された曲げわっぱの弁当箱2
デザインはお米を炊く飯盒からイメージされており、手にしっとりと馴染みます。その秘密は木を扱う技術。曲線美、引っ掛かりのない接合部分、蓋が本体に吸い付くように合わさる様に、ただ感嘆するばかり。

日本の文化が色濃く繁栄された曲げわっぱの弁当箱3
さらに現代の生活スタイルでも手入れがしやすいように加工されているので、中に入れるものも選びません。

国土の7割ほどを森林に覆われ、木とともに暮らしてきた日本ならではのお弁当箱です。

「株式会社大館工芸社 本社ショールーム」
●0186-48-7700
●秋田県大館市釈迦内字家後29-15
●9:00-17:00
http://magewappa.co.jp/index.html

特別な日にぴったりな漆塗りの弁当箱

特別な日にぴったりな漆塗りの弁当箱
漆器のスタイルの1つである「春慶塗り」。その特徴は飴色の光沢の美しさ。一般的に漆器としてイメージされる黒や朱のものと違い、「透漆」という透明度の高い漆で仕上げることで、木目を活かす技法です。

こちらは古き良き町並みで有名な岐阜県高山市から飛騨春慶塗本舗 福壽漆器店のお弁当箱です。「木地師」と呼ばれる職人が木を加工し、「塗師」がそれを磨き、生漆を擦り込み、何度も塗りを重ねることで、この美しい容器が完成します。

特別な日にぴったりな漆塗りの弁当箱2
特別な日にぴったりな漆塗りの弁当箱3
雅やかなフォルムに木目が引き立つ半月型の幕の内弁当と、潔いラインが美しい角型のお弁当箱、どちらも端正な木の構造と深みのある光沢が、食事をさらに美味しく演出してくれます。普段のお弁当にも、特別な日のおもてなしにも使える、一生モノのお弁当箱となるのではないでしょうか。

「飛騨春慶塗本舗 福壽漆器店」
●0577-32-0290
●岐阜県高山市桜町72
●8:30 -17:00(日曜9:00-16:00)
●1月1日、8月15日休み
http://www.fukuju-sikkiten.com

美しいフォルムのステンレス製弁当箱

美しいフォルムのステンレス製弁当箱
新潟県燕市は、金属洋食器や金属ハウスウェアの世界的な生産地として有名な街です。その地で100年近くの歴史を紡いできたのが「工房アイザワ」。『(前略)機能的に豊かなものは美しく、又、形の美しいものは機能的である(後略)』とする同社のフィロソフィーから生まれたハウスウェアの数々が、上質な持ち物にこだわる人々に人気です。

美しいフォルムのステンレス製弁当箱2
ステンレスの硬質な清潔感と、無駄が削ぎ落とされているのにどこか温かく自然なデザインは、人を惹きつける魅力に溢れています。

美しいフォルムのステンレス製弁当箱3
ステンレスのお弁当箱には、とにかく丈夫で軽く、洗いやすく、さらにニオイがつきづらいというメリットもあります。シンプルでタフ、そして美しいお弁当箱。日々の暮らしの相棒になってくれるようなアイテムです。

「株式会社アイザワ」
http://www.kobo-aizawa.co.jp/cc/

いつでも温かいご飯を食べたいなら保温できる弁当箱を

いつでも温かいご飯を食べたいなら保温できる弁当箱を
こちらはお弁当箱の進化を象徴するようなモデル。魔法びんのパイオニアメーカーであるサーモスの保温ができる弁当箱です。

筒型の保温ケースは真空断熱構造。日本のお昼に欠かせない「ご飯」を、長い時間保温する機能を持っています。また、傷みやすいおかずには常温用の容器が用意されていて、専用ポーチに入れてセットで持ち歩くことができます。

いつでも温かいご飯を食べたいなら保温できる弁当箱を2
ごはん容器とおかず容器は電子レンジ対応なのも嬉しいところ。出先や職場でも、そのまま温め直して熱々の食事をすることも可能です(※保温ケース・フタは電子レンジ不可)。

いつでも温かいご飯を食べたいなら保温できる弁当箱を3
「いつも温かく、美味しいご飯を食べさせてあげたい!」という日本人ならではの思いやり、家族への思いを実現するお弁当箱。普段使いはもちろん、屋外での行楽にもおすすめです。

「THERMOS」
https://www.thermos.jp

収納にこだわった機能的フォルムが特徴

収納にこだわった機能的フォルムが特徴
都市生活をするビジネスマンや学生たちの強い味方になってくれそうなお弁当箱がこちら。

株式会社シービージャパンの薄型の弁当箱です。3.5cmという薄さ、A4サイズの書類とぴったりの幅。ちょっとしたモバイル端末のようなサイズ感で、すっとバッグに入れることができます。

収納にこだわった機能的フォルムが特徴2
もちろん書類やノートと一緒に入れても大丈夫。蓋は4点ロック式でがっちりと固定される構造です。

収納にこだわった機能的フォルムが特徴3
荷物の中でかさばりがちなお弁当箱ですが、これならすっきりと持ち歩くことが可能です。

「株式会社シービージャパン」
http://www.cb-j.com/index.php

※2018年1月4日現在の情報です。詳細は直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む