)

富士山の名所”忍野八海”でアジア人旅行者の味覚を納得させる「日本の田舎の味」土産は見つかるか?

2018.04.13

富士山の名所”忍野八海”でアジア人旅行者の味覚を納得させる「日本の田舎の味」土産は見つかるか?
富士山の名所、忍野八海。忍野村にある8つの海、ではなく8つの池です。ここは国の天然記念物であるだけでなく、世界遺産に登録された富士山の構成資産の一つでもあります。山梨の富士山観光に来るなら、外せない場所です。今日はそんな忍野八海のお店を紹介しますね。

皆さんは「忍野富士」という言葉を聞いたことがありますか?ここ忍野八海からはとても美しい富士山を眺めることができるんです。周りには和風の家や水車もあって、とても絵になりますよ。美しい富士山を眺めながら、池のほとりを歩いてみましょうか。

忍野八海にある、ここは一体何屋さん?

少し歩くと、何か香ばしい香りがしてきました。お店へ入ってみると「名物草餅」の文字。種類も色々あるのかな。お店の中にはお土産もたくさん。少し覗いてみましょう。

忍野八海にある、ここは一体何屋さん?
忍野八海にある、ここは一体何屋さん?2
日本へ旅行に来た観光客の方が結構多いですね。ピンクのエプロンが店員さんでした。中国語が話せる方も2,3人いるようです。

忍野八海にある、ここは一体何屋さん?3
店内には富士山のおみやげ、クッキーやチョコレートなどもありましたが、私が一番気になったのが漬物。とにかく試食がたくさんあるんです。この写真は大根のピリ辛な漬物。ちなみに日本へ旅行に来る海外の方に人気があるのはきくらげの漬物だそうです。他にも椎茸、筍などの漬物が試食できます。
私はピリ辛の筍と、ご飯にとっても合いそうな椎茸が好みでした。味もピリ辛、酸っぱめ、甘辛いものといろいろ種類があるので、好みの味に出会えるまで食べてみるのがおすすめです。

忍野八海にある、ここは一体何屋さん?4
お店の中に面白いものを見つけました。「長寿の泉」、富士山の湧泉です。聞くところによると、お店の草餅やお豆腐を作るにも富士山の湧泉を使っているのだそう。これはかなり特別じゃないでしょうか。

忍野八海・山中湖へ旅行に来た海外の方におすすめ!山梨が誇る「印伝」

忍野八海・山中湖へ旅行に来た海外の方におすすめ!山梨が誇る「印伝」
奥に進むとレジの前に並べてあったのが、小物入れやお財布。幾何学模様が基本のようですが、個人的に可愛いと思ったのは、富士山に桜の柄の小銭入れです。これは「印伝」という山梨県の伝統工芸品で、山梨県に富士山観光に来たら、必ず一度は見かけるとても有名なお土産。それだけ山梨の方が誇りに思うこの製品、実は鹿の革の表面に漆で模様をつけています。軽く丈夫で、昔は武具にも使われていたそうです。400年前から続くこの伝統工芸は、今も一つ一つ手作業で丁寧に作られているため高価ですが、使うごとに肌に馴染むのが特徴。このお店では合計2,000円以上からクレジットカードが使えます。

日本の田舎の味は忍野八海のここにあった!「名物草餅」

日本の田舎の味は忍野八海のここにあった!「名物草餅」
最奥には、先程の草餅が!毎朝500個以上をここで作り、店頭で焼いているそう。さて、見ていたら私もお腹が空いてきました。

日本の田舎の味は忍野八海のここにあった!「名物草餅」2
つやつやして美味しそうですね。持ち帰り用にラッピングしてあるものもありますが、ほとんどの人が、買ったらその場で食べ歩きをしているようでした。私たちも早速焼いてもらいます。

日本の田舎の味は忍野八海のここにあった!「名物草餅」3
こんがり焼けた草餅をもらうと、まだ熱いですね。きれいな緑色です。小さく見えますが、結構食べごたえがありますよ。つぶあんの甘みと草餅の香ばしさがよく合います。寒かったので、体が温まりました。よもぎの風味が強いのは、2種類のよもぎを混ぜているからだそうです。食べごたえはありますが、おなかがすいていたら2つぐらいは必要かもしれません。

富士山の湧き水、忍野八海

富士山の湧き水、忍野八海
外にでると、名水百選にも選ばれた「忍野八海神の水」がありました。忍野八海を守っているという竜王でしょうか。ペットボトルに入れて水を持ち帰っている人もたくさんいました。現地で空のペットボトルを買うこともできます。

忍野八海は、富士山から流れてきた水が、地下水として湧き出した8つの池です。数十年の歳月を経てろ過された湧き水はとても透明度が高く、池の底まではっきりと見えるほど。小さくて深くて青く透き通った池からは、神秘的な雰囲気を感じますね。人がたくさんいるときはそう思いませんが、一人だったら吸い込まれそうで少し怖いぐらいです。

富士山の湧き水、忍野八海2
すぐそばの澄んだ池をのぞきこめば、色とりどりの鯉が泳ぐ様子を楽しむこともできます。

富士山の湧き水、忍野八海3
家へ帰ってご飯と一緒に筍の漬物を食べてみました。ピリ辛だけどご飯が進みました。奥のきくらげも美味しかったですよ。美味しいからと言って食べすぎないように。塩分のとりすぎには注意しましょう。

今回忍野八海で見つけたこだわりの漬物と名物草餅、昔ながらの方法で自然のものを美味しくいただく。それはまさしく「日本の田舎の味」だといえます。中国人の私も何だか懐かしく感じてしまいました。素朴な味だからでしょうか。一緒に行った友達も、日本的な風景の中で食べる草餅、ホッとする優しい味がいいねと言っていました。ぜひ皆さんも一度味わってみてくださいね。

「忍野八海池本」
●山梨県南都留郡忍野村忍草354
●0555-84-2236
http://www.oshino.org/
●営業時間7:30-18:00(季節により変動)
●無休

※情報は2018年2月23日時点のものです。お出かけの際は直接店舗へお問い合わせください。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む