)

シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編

2019.01.30

日本三景のひとつとして知られる瀬戸内の名所・宮島。世界文化遺産に登録されている厳島神社(Itsukushima Shrine)を中心に、四季折々の魅力を見せるこのエリアは、アジアでも人気の観光スポットです。今回は冬の魅力をご紹介します。

シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編
シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編2
593年に創建されたとされる宮島の厳島神社、特に12世紀以降造営された朱塗りの廻廊が印象的な社殿と、潮の満ち引きする中に立つ社の美しさで有名です。

宮島の冬は、時に厳島神社の大鳥居に積もる雪のコントラストも美しく、観光客も比較的少ないためゆっくり過ごすことができます。

シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編3
冬の宮島は寒さも穏やかで、雪が降ることは少ないものの、近年は雪化粧した厳島神社の景色を狙い定めて訪れる観光客も増えています。また、空気が澄んだ冬場は宮島ロープーウェイで弥山の展望台へ登れば、この季節ならではの絶景を望むこともできます。

宮島へのアクセスは、JR広島駅から山陽本線か、もしくは広電と呼ばれる路面電車で、宮島口のフェリーターミナルまで移動します。山陽本線なら25分ほどで宮島口に到着しますが、路面電車の広電なら電車とは異なる景色を見ながら1時間15分ほどのノンビリ旅に。原爆ドームの真横を通過し、宮島口へ近づくにつれて海沿いを走る行程は、時間にゆとりがあれば面白い旅になるでしょう。

シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編4
そして、宮島口から宮島桟橋のある宮島フェリーターミナルまではフェリーで渡ります。所要時間は10分ほど。ちなみに広島港と原爆ドーム近くのもとやす桟橋から宮島桟橋行きの高速船で渡ることもできます。こちらは約20~35分ほどの遊覧時間となります。

シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編5
宮島桟橋から厳島神社までは、表参道商店街を通るルートと、昔のメインストリートでもある町屋通りを通るルートが選べます。裏通りとも称される町屋通りは、古い町並みをそのままに和モダンなカフェや昔ながらのお店がひっそり佇んでいます。

シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編6
大鳥居が見えてくる石鳥居までの350mほどを商店街で結ぶ表参道は、磯の香りたっぷりの広島牡蠣を堪能できる「かき小屋」が建ち並び、焼き牡蠣をはじめ新鮮な牡蠣料理を存分に味わえます。

シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編7
広島県では全国の生産量の約6割を占める牡蠣が作られています。大ぶりで甘みの強い広島牡蠣は、この時期ならではの旬の味覚。宮島では、牡蠣が一番美味しくなる2月の第二土・日曜には毎年「宮島かき祭り」が開催され、焼き牡蠣をはじめ牡蠣の土手鍋、牡蠣のせいろ蒸しなど、いろんな牡蠣料理が楽しめます。

シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編8
ご当地の牡蠣料理をゆったりと堪能したいなら、ミシュランガイドにも掲載されている宮島唯一の牡蠣料理専門店「牡蠣屋」へ。焼き牡蠣、牡蠣フライ、オイル漬け、かきめし、牡蠣の赤出汁と、まさに牡蠣づくしの定食などを楽しむことができます。

「牡蠣屋」
●広島県廿日市市宮島町539
●0829-44-2747
●10:00-18:00
●不定休
http://www.kaki-ya.jp/

シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編9
食後の腹ごなしには、寒さを気にせず遊べる人気スポット「宮島水族館」がオススメ。宮島桟橋から宮島メイプルライナーバスに乗れば10分、徒歩の場合、厳島神社の出口から5分ほどで到着します。

シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編10
厳島神社と宮島水族館の間には、大願寺や清盛神社を通過する海岸側コースと、宝物館や宮島歴史民俗資料館を通過する山側コースがあり、行きと帰りでコースを変えるとたっぷり寄り道観光が楽しめます。

シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編11
宮島水族館は、厳島神社をはじめとした世界文化遺産の景観に配慮した和風建築の建物に、瀬戸内海を中心とした350種類以上の生き物を展示しています。

シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編12
なかでもカワウソやアシカのライブショーは人気のアトラクション。また、珍しい牡蠣の水槽では、宮島近郊の瀬戸内海で飼育された牡蠣がロープで吊されており、海中での牡蠣の生態を見ることができます。

「宮島水族館」
●広島県廿日市市宮島町10-3
●0829-44-2010
●9:00-17:00※最終入館時間は16:00
●施設整備・点検のため臨時休館日あり
http://www.miyajima-aqua.jp/

シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編13
そして広島のお土産といえば「もみじ饅頭」が有名ですが、1932年創業の老舗店「やまだ屋」では、もみじ饅頭を手焼きできる体験実習をおこなっています。自分で焼いたもみじ饅頭は包装してお土産として持ち帰れます(賞味期限は4日以内)。

「やまだ屋」
●広島県廿日市市宮島町835-1
●0829-44-0037
●9:00-17:30
●12/29~1/4休み
http://momiji-yamadaya.co.jp/

シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編14
もうひとつ、広島のお土産で有名なのが、宮島のしゃもじです。宮島は日本一の木製しゃもじの産地でもあり、しゃもじ発祥の地とも言われています。

シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編15
シリーズ宮島・厳島神社 冬の魅力編16
福運をまねく御利益があると伝えられるしゃもじをモチーフにした「藤い屋本店」のせんべいは、家内安全、商売繁盛、恋愛成就、受験合格と、四つの願いをこめて焼き上げられた縁起菓子。センスの良い化粧箱は贈り物にもオススメです。

「藤い屋本店」
●広島県廿日市市宮島町1129
●8:00-18:00
●無休
●0829-44-2221
https://www.fujiiya.co.jp/

※いずれも2018年1月28日現在の情報です。詳細は直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む