)

銀閣寺周辺のおすすめスポットを教えちゃいます

2018.03.13

銀閣寺周辺のおすすめスポットを教えちゃいます
私は京都に数えられないほど来ていますが、来るときにはいつも新しい発見があります。今回、友達が中国から遊びに来たので、日本旅行で外せない京都へ遊びに来ました。京都は日本の古都であり、重要文化財や国宝も多くありますからね。この日の行き先は世界遺産の一つで、観光客は金閣寺より少なめの銀閣寺。今回は、その周辺で発見したおすすめスポットを紹介しちゃいましょう。

銀閣寺周辺のおすすめスポットを教えちゃいます
京都駅から銀閣寺まではバスで行くことができます。京都駅から出発して、銀閣寺まで京都駅の前にバス停があります。Aのりばからなら、銀閣寺へ行くバスの本数も多いですよ。バス停の隣りにある自販機で京都バス一日乗車券カードを購入して、ワンコインで便利に乗降しましょう。今年の三月以降は地下鉄とバス共通で使える一日券が発売される予定です。そうなると日本旅行で京都を訪れる際、もっと便利になるはずですよ。

銀閣寺の参道で発見したおすすめスポット

銀閣寺の参道で発見したおすすめスポット
約40分間バスに揺られ、降りた瞬間目にしたものは人力車の車夫でした。日本の各地の観光スポットには人力車があることも多いですが、この京都の車夫の方はかなりかっこいいお兄さんでした。今回は時間の都合上乗れませんでしたが、次回またチャンスがあれば皆さんに紹介しますね。

銀閣寺の参道で発見したおすすめスポット2
銀閣寺の参道で発見したおすすめスポット3
これが銀閣寺の参道です。銀閣寺の正式名称は東山慈照寺といいます。基礎は日本の足利義政により造営されました。銀閣寺の門に至る約300メートルが参道となっています。両側にたくさんのお土産屋さんがあり、食べ歩きできるお店が並んでいます。どこのお店も長い歴史があり、とても有名です。今日はたまたま着物の女性が散策していて、羨ましかったです。もしチャンスが有れば私も着物を着てこの道を歩いてみたいです。また、参道のいろんな店はサービスでお茶を出してくれます。疲れたら、座って休憩するのもいいですね。

銀閣寺の参道で発見したおすすめスポット4
参道のお店にいろいろと特色あるお土産を見つけることができました。それを少し皆さんにもご紹介しますね。これはひと目見て緑茶だと思ったのですが、実はお茶のフェイスマスクでした。お茶のエキスが入っているところがとても京都らしいと思います。

銀閣寺の参道で発見したおすすめスポット5
他にもこの和柄の折りたたみエコバッグもおすすめです。実用的だし、値段も手頃で1,000円前後で購入できます。ちなみに参道の大部分のお店では、主要なクレジットカードを使うことができます。

“哲学の道”で人生を考えてみたけれど……

“哲学の道”で人生を考えてみたけれど……
哲学の道は東山山麓を流れる疎水に沿った約1,5キロの小道です。日本の道百選にも選ばれています。もともと哲学者の西田幾多郎が散歩し、思索にふけっていたと言われています。両脇の桜は画家橋本関雪夫人によって寄贈されたもので、春には関雪桜が咲き、桜のトンネルを作ります。桜が散り、花びらが川に落ちれば、また違った道の表情を見ることができます。

“哲学の道”で人生を考えてみたけれど……2
この哲学の道は、京都で散歩するのにぴったり。秋の紅葉の名所として知られたスポットでもあります。この哲学の道を歩き思索にふければ、人生を悟ることができるかと思いましたが、食いしん坊の私の頭を巡るのは、この後で何を食べるか? ばかりでした……。

銀閣寺の近くでグルメの真髄を発見!?

銀閣寺の近くでグルメの真髄を発見!?
哲学の道を散策したらちょっとお腹が空きましたね。哲学ではなく、美味しいもののことを考えていたら、うどん屋さんが見つかったので、入ることにしました。紹介しますね。「おめん」といって、群馬県から始まったお店です。京都に数店舗あり、今回訪れたのは哲学の道のすぐそばにある本店です。店構えは京都風の建物で、1967年に建てられたものだということで、約50年の歴史があります。店主は群馬のうどんを京都へ持ち込み、このうどん屋を営んできました。その当時、近所に住んでいたたくさんの陶芸家たちがよく通っていたそうです。

銀閣寺の近くでグルメの真髄を発見!?2
「おめん」のうどんは日本国産小麦だけを使用し、通常よく使われるオーストラリア産の小麦は使っていません。その違いは麺の噛みごたえに出るそうです。店内は和風で、皆畳に座りうどんをすすっています。

銀閣寺の近くでグルメの真髄を発見!?3
私たちは、壁の棚にたくさんの徳利が飾られているのに気が付きました。不思議に思って尋ねると、昔ここによく通っていたたくさんの陶芸家たちが自分の作品である徳利を持参し、それでお酒を飲みながらうどんを食べていたそうです。そういうのが流行っていたのかな?

50年前は若かった陶芸家たちも今は70代、80代になり、名を上げたことで、店内の残された作品は現在では大変価値が高くなっているものもあるそうです。ここでうどんを食べるときには、合わせて陶芸作品を鑑賞することも忘れないで下さいね。

銀閣寺の近くでグルメの真髄を発見!?4
店長の谷口さんが心を込めて薬味を盛り付ける様子です。素材はその季節の旬のものを使って四季によって違ったものが提供されます。もちろん、スタンダードなセット以外にも天ぷらなどをつけることも可能です。海外からの観光客のために英語メニューもあります。

銀閣寺の近くでグルメの真髄を発見!?5
つけ汁に自分の好きな薬味を入れて、汁につけながら一口一口うどんをすすると、麺と野菜の旨味が感じられますよ。

今回は銀閣寺周辺のおすすめスポットを紹介しましたが、何か収穫はありましたか?ショッピング、グルメ、ディープな場所、一回で全て満喫しちゃいましたね。また次も新しい発見があったら皆さんに教えますね。

「おめん」OMEN
●京都市左京区銀閣寺バスプール南隣
●075-771-8994
http://www.omen.co.jp/shopinfo.html
●11:00-21:00 (LO20:30)
※ 2月毎週木曜定休
※1F 座敷34席、カウンター8席 2F テーブル40席
※全席禁煙

※2018年2月14日時点の情報です。お出掛けの際には直接お店へお問い合わせください。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む