大阪のおすすめショッピングスポット(堀江~南船場)

2018.01.24

大阪といえば梅田や心斎橋・難波が中心地ですが、そこから少しだけ足を延ばすと、最先端のファッション、かわいい雑貨、レアな古着などのお店が軒を連ねるおしゃれな街・堀江〜南船場エリアに行くことができます。今回は大阪のおしゃれエリアをぶらりと楽しむショッピング&グルメ旅行を紹介します。


大阪最大の繁華街「ミナミ」から歩いて15分で別世界に!

心斎橋や難波から徒歩15分ほど。四つ橋筋となにわ通をはさむように広がる「堀江エリア」と、そこから東西に走る長堀通から北側に位置する「南船場エリア」には、見慣れたメガストアとは異なる個性的なお店が無数に点在しています。


なかでも、150年ほど前の江戸時代末期の頃から家具屋筋として栄えた「立花通り」は、1990年代後半から大阪の新しい文化発信エリアとして注目を集めるようになりました。最近はオレンジストリートとも呼ばれ、カフェやファッションブランドのアンテナショップが建ち並び、流行に敏感な若者が集う街となっています。

ユニークかつハイセンスな雑貨を探すなら「堀江」へ



日本を代表するファッションブランドがカフェ併設のショップを出店している南堀江。



このあたりは梅田や難波に比べると人の流れが緩やかで、ゆっくりとウインドウショッピングが楽しめます。



そんな堀江で人気の雑貨店「ART HOUSE」は、多数の作家やデザイナーの作品を展示販売。小物やポストカード、絵本など個性的なアイテムが所狭しと並べられています。


1Fのギャラリースペースでは定期的に個展やワークショップを開催。取材日には犬のキャラクター商品を手がける「犬田いぬら」さんの作品ブースが用意されていました。


2Fにもギャラリーが。マスキングテープを使った切り絵&ちぎり絵など、海外でも注目されている日本の新進気鋭アーティストが精力的に作品を展示しています。この日は「田村美紀・フミノナ 二人展」を開催していました。


有名無名のクリエイターが手掛けた、独創的な絵本の数々も。一般的な書店では買えない作品もたくさんあり、日本のアーティスティックなお土産を求める海外の方にも人気が高いそうです。



小さなお店がたくさん並ぶ堀江エリアで歩き疲れたら、落ち着いた雰囲気の日本らしいカフェ「和cafe なが岡」へ。本格的なお抹茶や厳選された日本茶と和スイーツをゆっくりと楽しんでみてはいかがでしょう。


風味高い抹茶(650円)と、国産有機栽培きなこ&オーガニックシュガーをまぶした優しい甘みのきなこもち(450円)がおすすめです。


ショッピングに戻りましょう。さて、なにわ筋の東側、四つ橋筋沿いにある古めかしい建物。らせん階段を登った一室が、知る人ぞ知るユニークなお店として人気を集めています。



フランスの蚤の市に行って日本人の目利きで買い付けてきたアンティーク雑貨が並ぶ「shamua」は、店内を見回しているだけでワクワク。


オーナー手作りのスイーツも人気で、フランスのいちごの家庭菓子(420円)などが味わえます。



ランチタイムにぜひ行ってほしいのは、大阪を代表する老舗の洋食屋「北極星堀江店」。1925年にオムライスを考案した洋食屋の草分け的存在です。余計なものを一切加えず卵そのものの味を大切に、酸味をおさえたトマトソースとブレンド米の織りなすハーモニーは、ここでしか味わえない逸品です。


定番のチキンオムライス(690円)をはじめ、日本生まれの「西洋料理」の数々を楽しんでみてください。

ファッションなら南船場へ!



堀江エリアから四つ橋筋を北上、東西に走る長堀通を渡ると、古着屋や最先端アパレルブランドのショップが並ぶ南船場エリアに着きます。歩いて15分もかからない距離です。



南船場で人気のセレクトショップ「Why are you here?」は、1Fがレディス、2Fでメンズを展開。


オシャレなものを探しているうちにここに辿り着いた、というメッセージが込められた店内には、国内外の最先端モードのブランドが多数揃っています。


アメリカから直接買い付けしてきたレディスと、日本のドメスティックブランドのメンズを中心に、幅広い年代の古着をコレクションする「MARE」は、南船場で要注目のお店。



大阪のファッション界でカリスマ的存在として知られるオカダ氏がセレクトしたアイテムが揃い、熱狂的ファンに支持されています。



このエリアでは食事処にもユニークなお店があります。それは御堂筋を横切った先にある話題のニューウェイブ系ラーメン「鶏soba座銀にぼし店」。


舌触りなめらかでポタージュのようなスープに、腰のある麺、ゴボウの素揚げ、豚と鶏の2種チャーシューなどバランスが絶妙。特に若者の間で話題のラーメンを味わうことができます。



大阪ならではのメニューが食べたければ、細い地下へ降りた先にある「蛸のつぼ」へ。各テーブルが鉄板になっていて、お客さんがセルフでたこ焼きを焼いて食べられる、ユニークでアミューズメントなお店です。



店員さんに頼めばプロが目の前で焼いてくれますが、千枚通しを片手に自分で焼きながら食べるたこ焼き(12個750円)は、格別の美味しさです。たこ焼きのほかにお好み焼きや鉄板焼きメニューも豊富に用意されていますので、なにわの食文化を一気に味わうこともできます。


梅田や心斎橋・難波も楽しいところですが、大阪が誇るおしゃれエリア「堀江・南船場」にもぜひ立ち寄ってみてください。


今回紹介した施設については以下をご参照ください。

「ART HOUSE」
●06-4390-5151
●大阪市西区北堀江1-12-16
●11:00-19:30
●火・水曜休み
http://art-house.sub.jp/

「和cafe なが岡」
●06-6626-9600
●大阪市西区北堀江2-9-1
●8:00-20:00(LO19:30)
●不定休
https://www.wacafenagaoka.com/

「shamua」
●06-6538-9860
●大阪市西区北堀江1-6-4 欧州館3F
●11:30-20:00

「北極星 堀江店」
●06-6531-0453
●大阪市西区北堀江3-5-5
●11:00-22:00(平日)、11:00-21:30(日・祝)*LOは閉店30分前
●火曜と12/31・1/1休み
http://hokkyokusei.jp/

「Why are you here?」
● 06-6282-8200 ●大阪府大阪市中央区南船場4-13-3
●11:00-20:00
https://whyareyouhere.jp/

「MARE」
●06-6120-9666
●大阪市中央区南船場4-9-5 NOAビル 3F
●13:00-20:00
●木曜休み

「鶏soba座銀 にぼし店」
●06-6244-1255
●大阪市中央区南船場3-9-6
●11:00-15:00、18:00-22:30

「蛸のつぼ 南船場店」
●06-6282-1201
●大阪市中央区南船場4-8-8
●11:30-14:00、17:00-23:00

※2017年11月14日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む