)

TOKYO初詣&参道グルメ・ショッピングガイド2018

2017.12.27

新年の年明けに神社や寺院を訪れ、新しい1年の幸せを祈願する「初詣」。日本では多くの人々が家族や友達と連れ立って、お正月のめでたい雰囲気を楽しみます。今回は訪日外国人の方も行きやすい東京都内の初詣で有名な神社やお寺を、正月でも楽しめる近隣のお買い物スポットと合わせてご紹介します。

日本一の参拝者が集まる神社「明治神宮」(原宿)

日本一の参拝者が集まる神社「明治神宮」(原宿)
初詣で日本一の参拝者数を集めることで有名な明治神宮は、1920年11月1日に創建された明治天皇と皇后の昭憲皇太后をお祀りする神社です。

例年、正月三が日は300万人以上の参拝者が訪れる明治神宮は、渋谷や原宿に隣接しながら、全国から奉献されたおよそ10万本を植栽した豊かな森が広がるなど荘厳な雰囲気が漂う場所です。

日本一の参拝者が集まる神社「明治神宮」(原宿)2
なにより創建当時の林学者たちが150年後を見据えて植えた木々が、いまや鬱蒼と茂る様は圧巻で、森林浴スポットとしても人気を集めています。また戦国時代の名将・加藤清正が掘ったと言われる清正井(きよまさのいど)、明治天皇のおぼしめしにより昭憲皇太后のために植えられた美しい花菖蒲など多くの見どころがあります。

日本一の参拝者が集まる神社「明治神宮」(原宿)3 (画像提供:明治神宮)

初詣期間中は大変混雑するため、参道の一部が一方通行になるなど交通規制が行われることもあるため、ホームページなどで事前に確認してからお出かけください。

そんな明治神宮はファッションの街・原宿のすぐそば。「竹下通り」は、元旦から営業する店も多いので各店の超お得な「福袋」にも注目!原宿を代表するお店「ラフォーレ原宿」は年末年始も休まず営業とのこと。12月31日は18:00まで、1月1日は19:00まで、2日からは通常営業が開始されます。また「表参道ヒルズ」も年末年始の休業はなく、12月31日は11:00-19:00、1月1日から3日は10:30-20:00となっています。

「明治神宮」
●東京都渋谷区代々木神園町1-1
http://www.meijijingu.or.jp/index.html
※大晦日から新年にかけての参拝時間はホームページを参照ください。
「竹下通り」
http://www.takeshita-street.com/
「ラフォーレ原宿」
https://www.laforet.ne.jp/
「表参道ヒルズ」
http://www.omotesandohills.com/

元旦0時から歳旦祭を開催「神田明神(神田神社)」(御茶ノ水)

元旦0時から歳旦祭を開催「神田明神(神田神社)」(御茶ノ水) (画像提供:神田神社)

江戸時代には“江戸総鎮守”として江戸のすべてを守護していた神田明神の正式名称は「神田神社」で、縁結びや商売繁昌の神様として有名です。江戸から東京へ1300年もの長きにわたり東京を守ってきた神社です。

総朱漆塗の社殿は、華やかで明るい雰囲気。神田、日本橋、秋葉原、築地魚市場など、東京の伝統と革新を支える108の町々の総氏神様としてお馴染みで、地元では「明神さま」の名で親しまれています。

だいこく様やえびす様、まさかど様などの御祭神が祀られ、縁結びや商売繁盛、除災厄除の神様として名高い神田明神は、新年0時から歳旦祭という儀式が行われ元旦から多くの人が訪れます。

神田明神の近くには、銀座や丸の内、秋葉原など東京屈指のショッピングエリアがたくさん!東京駅隣接の「大丸東京店」は、12月31日は全館18:00まで、1月1日は休業、1月2日より営業となっています。「銀座三越」は、12月31日が10:00-18:00(レストランは11:00-18:00)。1月1日、2日が休業日。3日より通常営業となっています。話題の「銀座シックス」は12月31日が10:30-18:00(レストラン11:00-21:00)、1月1日は休業、2日は10:30-20:30(レストラン11:00-23:30)、3日より通常営業です(一部テナントは上記の限りではありません)。また「秋葉原エリア」の大手家電量販店には年末年始も休まず営業するお店が多く見られます。

「神田明神 (神田神社)」
●東京都千代田区外神田2-16-2
http://www.kandamyoujin.or.jp
※大晦日から新年にかけての参拝時間はホームページを参照ください。
「大丸東京店」
https://www.daimaru.co.jp/tokyo/index.html
「銀座三越」
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/ginza/index.html
「銀座シックス」
https://ginza6.tokyo/

訪日外国人に人気が高い観光スポットで初詣「浅草寺」(浅草)

訪日外国人に人気が高い観光スポットで初詣「浅草寺」(浅草) (画像提供:浅草寺)

浅草寺は東京都内最古の寺院。1400年近い歴史を誇り、貴人や武人、そして多くの庶民の信仰を集めてきました。とくに江戸時代には参詣・行楽・歓楽を目的とした人びとがあふれる江戸有数の盛り場になりました。

中でも風神・雷神が守護する「雷門」は浅草のシンボル。正式名称は『風雷神門』といい、門に吊された大きな赤い提灯がひときわ目を引き国内観光客はもちろん、海外からの訪日外国人に人気があるスポットです。

金運アップや縁結び、火災・盗難除け、安産など多くの御利益があるといわれる浅草寺は正月三が日だけで290万人もの参拝客が訪れます。大晦日から新年1月3日まで、仲見世通りは浅草寺に向かう一方通行になるなど交通規制が行われますので、お出かけになる際はご注意ください。

浅草寺の表参道「仲見世」は、多くのお店が年末年始休まず営業しています。とにかく人出が多いので、混雑も楽しむつもりで出かけましょう。「松屋浅草」も年末年始も休まず営業していて、12月31日は10:00-18:00、1月1日が11:00-18:00、他は通常営業となっています。

「浅草寺」
●東京都台東区浅草2-3-1
http://www.senso-ji.jp
※大晦日から新年にかけての参拝時間はホームページを参照ください。
「仲見世」
http://www.asakusa-nakamise.jp/
「松屋浅草」
http://www.matsuya.com/m_asakusa/

新宿の繁華街にある芸能との縁が深い神社「花園神社」(新宿)

新宿の繁華街にある芸能との縁が深い神社「花園神社」(新宿) (画像提供:花園神社)

都内きっての繁華街である新宿。その発展を見守り続けてきたのが花園神社です。本殿以外に、芝居や踊りなどの芸能を司る神様等も祀られています。

内藤新宿の総鎮守として多くの人々の信仰を集めていた江戸時代から境内に劇場を設けて、見世物や演劇、踊りなどを興行して好評を博していた歴史を持ち、境内にある「芸能浅間神社」の玉垣奉納者には日本の有名芸能人の名が多く並ぶなど芸能との縁が深い神社として知られています。

ネオン立ち並ぶ歌舞伎町に寄り添って荘厳な神社がたたずむ風景は、まさに東京らしさ満点。商業スポットや観光スポットが近くに多い花園神社には初詣に例年多くの人が訪れます。

百貨店や飲食店が多い新宿は、初詣の後のショッピングもとっても便利なエリア。「伊勢丹 新宿店」は12月31日が10:00-18:00。1月1日と2日が休業。1月3日から初売り出しが始まります。「新宿タカシマヤ」は、12月31日が10:00-18:00、1月1日は休業で、2日から通常営業となっています。新宿駅東口すぐの「ビックロ ビックカメラ 新宿東口店」は、一部店舗によって異なるものの、基本的に年中無休なので多彩な初売りを楽しむことができます(ビックカメラは12月31日のみ10:00-20:00で、1月1日からは通常通り10:00-22:00)。

「花園神社」
●東京都新宿区新宿5-17-3
http://www.hanazono-jinja.or.jp/mt/top/
※大晦日から新年にかけての参拝時間はホームページを参照ください。
「伊勢丹 新宿店」
http://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/index.html
「新宿タカシマヤ」
https://www.takashimaya.co.jp/
「ビックロ ビックカメラ 新宿東口店」
http://www.biccamera.co.jp/shoplist/shop-116.html

※2017年12月18日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む