)

仙台の奥座敷に名湯あり 秋保と作並へ

2017.09.07

仙台の秋保温泉、作並温泉は、仙台市のみならず東北地方を代表する名湯。同じ仙台にありながら個性の異なるそれぞれの温泉地の魅力と楽しみ方を紹介しましょう。

日帰り温泉、体験施設などが揃う 「秋保温泉」

日帰り温泉、体験施設などが揃う 「秋保温泉」
日帰り温泉、体験施設などが揃う 「秋保温泉」2 紅葉の磊々峡(らいらいきょう)

日帰り温泉、体験施設などが揃う 「秋保温泉」3 秋保大滝

1400年以上の歴史を誇る温泉地、秋保温泉。名取川の清流沿いに並ぶのは伝統的な日本旅館が中心ですが、お手頃な価格で素泊まりできるホテルも2017年に開業しました。秋保エリアには体験施設なども多く、多彩な楽しみ方が可能。秋には温泉街に面した磊々峡や温泉街から車で20分ほどの秋保大滝で見事な紅葉が見られます。

「秋保・里センター」
http://akiusato.jp/index.aspx

日帰り温泉、体験施設などが揃う 「秋保温泉」4
日帰り温泉、体験施設などが揃う 「秋保温泉」5
日帰り温泉で施設が充実しているのは、天守閣自然公園内の「天然温泉 市太郎の湯」。自然庭園の四季の風景を眺めつつ入浴できる露天風呂や、天井が高く開放的な内風呂を備えています。

「天然温泉 市太郎の湯」
●022-398-2111
●宮城県仙台市太白区秋保町湯元字源兵衛原10
●平日10:00-17:30、土日祝10:00-18:00(最終受付は終了45分前まで)※季節変動あり
●第3金曜(8月と10月は営業)及び12/31、1/1は休み
●入湯料高校生以上800円、中学生730円、4歳〜小学生400円、1歳〜3歳200円
http://akiu-sizen.co.jp/ichiyu.html

日帰り温泉、体験施設などが揃う 「秋保温泉」6
宿泊施設でも日帰り入浴のサービスを行っており、「ホテルニュー水戸屋」ではそれぞれ露天風呂を備えた3つの大浴場があり、檜や陶器など趣の異なる湯船を楽しむことができるほか、貸切風呂で誰にも邪魔されることなく湯浴みが堪能できます。

「ホテルニュー水戸屋」
●022-398-2301
●宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師102
●11:00-15:00(最終受付14:30)
●不定休
●日帰り入湯料中学生以上1,080円、3歳〜小学生540円、貸切別途3,240円〜(45分)
http://www.mitoya-group.co.jp

日帰り温泉、体験施設などが揃う 「秋保温泉」7
伝統こけしの絵付けや箸の漆塗りなど様々な製作体験が可能なのは「秋保工芸の里」。伝統工芸やガラス工芸などの職人が工房兼住宅を構えており、工芸家が作品を生み出す様子も間近で見学できます。体験はそれぞれの工房で受け付けていますのでサイトでご確認ください。

「秋保工芸の里」
●022-398-2673(代表連絡先 玩愚庵こけし)
●宮城県仙台市太白区秋保町湯元字上原54
http://www.city.sendai.jp/kankokikaku/akiukoge/index.html

日帰り温泉、体験施設などが揃う 「秋保温泉」8
日帰り温泉、体験施設などが揃う 「秋保温泉」9 あんこおはぎ(2個入り216円)

日帰り温泉、体験施設などが揃う 「秋保温泉」10
お土産にオススメなのは「さいち」のおはぎ。手作りの優しい甘さのおはぎは、あんこ、ごま、きなこ、納豆(10/1~5/上旬の期間限定)の4種。温泉を訪れた客のクチコミから人気に火がつき、平日でも1日5000個売れています。仙台駅での限定販売ではすぐに売り切れてしまうため、秋保での購入がおすすめです。

「さいち」
●022-398-2101
●宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師27
●9:00-19:30
●第2・4水曜休み(祝日の場合は営業、8月第2水曜と12月第4水曜は営業)

文人墨客に愛されてきた静寂さが魅力。「作並温泉」

文人墨客に愛されてきた静寂さが魅力。「作並温泉」
文人墨客に愛されてきた静寂さが魅力。「作並温泉」2 鳳鳴四十八滝

仙台駅からJR仙山線で約40分。広瀬川上流に佇む作並温泉には温泉宿が5軒。豊かな自然の中で、ゆったり湯浴みを楽しみたい人に人気の温泉地です。秋には温泉街に向かう途中の「鳳鳴四十八滝」などで紅葉が楽しめるほか、宿の露天風呂から眺める木々の彩りも圧巻です。

文人墨客に愛されてきた静寂さが魅力。「作並温泉」3
文人墨客に愛されてきた静寂さが魅力。「作並温泉」4
日帰り入浴のサービスがある宿のひとつ「湯の原ホテル」では、入浴のみも可能ですが、昼食付きプラン(2,500円〜)がオススメ。柔らかな弱アルカリ性単純温泉とともに、四季が感じられる和食が味わえます。

「展望風呂の宿 湯の原ホテル」
●022-395-2241
●宮城県仙台市青葉区作並字元木1
●11:00-16:00(最終受付15:00)
●不定休
●日帰り入湯料平日(1時間のみ)中学生以上700円、3歳〜小学生400円、
土日祝(制限時間なし)中学生以上1,100円、3歳〜小学生550円 ※曜日により利用できる湯船が異なる
http://www.yunohara.co.jp

文人墨客に愛されてきた静寂さが魅力。「作並温泉」5
文人墨客に愛されてきた静寂さが魅力。「作並温泉」6
約150年の伝統を誇る「作並こけし」は、子どもが遊びやすいようにと胴が細いのが特長です。「平賀こけし店」では、職人がこけし作りをしているところが見学できるほか、こけしの絵付け体験も可能です。

「平賀こけし店」
●022-395-2523
●宮城県仙台市青葉区作並字元木13
●7:00-19:00
●不定休
●絵付け体験白木こけし1本700円(3日前までに要予約)
http://www.h-kokeshi.net

文人墨客に愛されてきた静寂さが魅力。「作並温泉」7 つつみ揚げ(1個103円)

文人墨客に愛されてきた静寂さが魅力。「作並温泉」8
お土産なら「つつみ屋 作並店」のつつみ揚げ。こしあんを卵とバター、ミルク、小麦粉で練り上げた生地に包んで揚げたおまんじゅうで、中に入ったくるみの粒がアクセントです。

「つつみ屋 作並店」
●022-395-2165
●宮城県仙台市青葉区作並字相の沢32-7
●8:30-18:00
●無休
http://www.tutumiya.co.jp

※日本では小学生は7〜12歳、中学生は13〜15歳、高校生は16〜18歳(4月1日から翌年の3月31日までの学年度間に達する満年齢)です。
※2017年7月31日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む