)

人気観光列車の旅 九州編

2017.11.28

移動のための時間を、そのまま旅の楽しみに。続々と登場している観光列車に乗ることは、今や日本での観光旅行では欠かせない要素です。中でも人気の観光列車がひしめいているのが九州。一般的な観光列車と一線を画すクルーズトレイン「ななつ星in九州」から、九州エリアの定番観光列車までご紹介しましょう。

クルーズトレインの草分け「ななつ星in九州」

クルーズトレインの草分け「ななつ星in九州」
旅の手段でなく、目的として鉄道に乗る。それを究極の形で実現しているのがJR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」です。贅をこらした列車で、途中駅からの立ち寄り観光や、各地の有名シェフによる料理のおもてなしが体験できる「クルーズトレイン」という分野は、この列車が切り開いたもの。その名は九州7県、そして九州の主な7つの観光素材、そして7両編成の客車を表現しています。九州中を巡る3泊4日コースと九州北部1泊2日コースがそれぞれ週1回運行され、1回の運行で乗車できるのは最大でも14組30人です。乗車は旅行商品となっていて、その価格は豪華客船並みにもかかわらず、高い申し込み倍率となっています。

乗車する博多駅では乗客専用ラウンジが設けられ、車内はウッド基調の落ち着いた雰囲気。全てスイートルームとなる個室には、和洋折衷のデザインが施され、洗面ひとつ取っても世界的な陶芸家の手による洗面鉢が採用されるなど、最上の空間が作り上げられています。さらにはダイニングカーで供される九州の海山の幸、昼はレストラン、夜にはバーがオープンするラウンジカー……まさに、日本最高のクルーズトレインにふさわしいものばかりです。


スタッフだけでなく地元の人々や乗客自身さえも引き込んだ演出

クルーズトレインの草分け「ななつ星in九州」2
ただ、最大の魅力は、そういった舞台装置以上に、昔ながらのもてなしの心かもしれません。行程中のプランの打ち合わせ、食事についても食物アレルギーに対する確認など、乗車前から細やかな配慮が施され、もちろん乗車中は、クルーの家族のように寄り添うあたたかいおもてなしを受けることができます。さらにはツアー中には経由地の地元の人々によるイベントも開催され、旅の感動を盛り上げます。乗客に対してもドレスコードが求められ、小学生以下は乗車不可というのも、「大人の空間」を提供するために必要なものなのです。

●JR九州 クルーズトレインツアーデスク
●0570-550-779(10:00-17:30)※水曜日・日祝日は休み
https://www.cruisetrain-sevenstars.jp/
●全席旅行商品としての販売のみ。2018年3月~9月出発分は1泊2日コース31万5,000円~、3泊4日コース67万5,000円

幻の豪華客車を現代に誕生させた「或る列車」

幻の豪華客車を現代に誕生させた「或る列車」
幻の豪華客車を現代に誕生させた「或る列車」2
幻の豪華客車を現代に誕生させた「或る列車」3
100年以上前、JR九州の前身でもある「九州鉄道」がアメリカに発注しながら、実現することのなかった豪華客車。それをイメージして「ななつ星in九州」をはじめとする数多くの観光列車を手がけたデザイナー、水戸岡鋭治氏が設計し2015年から運行されているのが「JR KYUSHU SWEET TRAIN 『或る列車』」です。こちらも乗車はツアーとしての予約が必要で、現在は長崎県の長崎駅-佐世保駅間、約2時間40分。豪華な列車の中で、その名の通りスイーツと軽食のコースが楽しめます。

●JR九州 或る列車ツアーデスク
●092-289-1537(9:30-16:00)※水曜日休み、日本語のみ対応可
http://www.jrkyushu-aruressha.jp/
●週末を中心に1日1往復運行。全席旅行商品としての販売のみ。長崎-佐世保間基本プラン2万5,000円~

バーも備えた車内は木の香りでいっぱい「A列車で行こう」

バーも備えた車内は木の香りでいっぱい「A列車で行こう」
バーも備えた車内は木の香りでいっぱい「A列車で行こう」2
熊本県熊本駅と、天草への三角駅を約40分で結ぶ特急「A列車で行こう」。夏休みや冬休み、春休みの毎日や週末を中心に1日2~3往復が運行されていて、全席指定とはいえ普通の鉄道と同じ感覚で利用可能。でも、車両はやはり水戸岡デザインならでは。「16世紀の天草に伝わった南蛮文化」をテーマに、木をふんだんに使い、1号車の共有スペースには「A-TRAIN BAR」と名付けられたバーが設けられています。ジャズの名曲をアレンジした音楽が流れる中、天草への旅の期待がふくらむことでしょう。

●JR九州電話予約センター
●050-3786-3489(8:00-20:00)※日本語のみ対応可
http://www.jrkyushu.co.jp/trains/atrain/
●運転日限定で、運行は金~月曜日中心。ただし2017年12月23日~2018年1月8日、および2018年2月10~25日は連日運行。熊本駅-三角駅運賃740円、指定席特急料金1,140円

人気の湯布院温泉へ向かうリゾート列車「特急 ゆふいんの森」

人気の湯布院温泉へ向かうリゾート列車「特急 ゆふいんの森」
人気の湯布院温泉へ向かうリゾート列車「特急 ゆふいんの森」2
人気の湯布院温泉へ向かうリゾート列車「特急 ゆふいんの森」3
1989年に運行開始した、九州における観光列車の先駆け。2017年10月現在は博多駅から小倉駅経由、由布院駅まで運転され、所要時間は4時間45分ほど。眺めがいいハイデッカータイプの車両となっています。ビュッフェのほか、一部の編成には自由に利用できるサロンスペースもあり、ここでは客室乗務員による観光案内も行われます。湯布院温泉の人気と相まって、外国人観光客の支持が高いことでも知られています。

●JR九州電話予約センター
●050-3786-3489(8:00-20:00)※日本語のみ対応可
http://www.jrkyushu.co.jp/trains/yufuinnomori/
●1日2往復運行、全席指定

※いずれも2017年10月10日現在の情報です。詳細は直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む