)

シリーズ 日本の名湯を訪ねる 伊香保編

2017.11.24

古くから名湯として多くの人々、特にこの100年は日本の著名な文豪・芸術家たちから愛されてきた群馬県の伊香保温泉。東日本を代表する温泉の一つです。最近では東京からの好アクセスと温泉街らしい雰囲気で、訪日観光客からも人気の高い温泉地となりました。ここには温泉旅館だけでなく、とっておきの観光スポットや名物がたくさんあります。そんな伊香保の楽しみ方をご紹介しましょう。

伊香保の顔としてお馴染み「石段街」

伊香保の顔としてお馴染み「石段街」
いくつかの説があるものの、700年以上前から温泉についての記述があるという伊香保。そんな長い歴史を誇る伊香保のシンボルとして知られているのが「石段街」。ここはいつも多くの観光客で賑わっています。

伊香保の顔としてお馴染み「石段街」2
伊香保の顔としてお馴染み「石段街」3
伊香保の顔としてお馴染み「石段街」4
400年前に作られたという石段は現在365段あるそうです。石段の両側には、お土産屋さんや饅頭屋が並び、なかには昔懐かしい射的遊技場(おもちゃのコルク鉄砲で当てた賞品をもらえます)も。まさに日本らしい温泉街の風情満点です。

伊香保の顔としてお馴染み「石段街」5
石段を登ると足湯がありました。温泉旅館に泊まらなくても名湯につかることができるのは観光客にとって嬉しいですよね。

伊香保の顔としてお馴染み「石段街」6
伊香保の顔としてお馴染み「石段街」7
石段街を登りきると現れるのは温泉街の守護神として鎮座する伊香保神社。神社を訪れる観光客からは、とくに境内から見る景色の美しさで人気のスポットになっています。

お湯に入るだけではもったいない「伊香保温泉街」

お湯に入るだけではもったいない「伊香保温泉街」
お湯に入るだけではもったいない「伊香保温泉街」2
病気や怪我を治す湯治場としても人気が高い伊香保の温泉は2種類あります。茶褐色で鉄分を多く含み「黄金(こがね)の湯」といわれる硫酸温泉と、平成になって湧出が確認された無色透明の「白銀の湯」といわれる単純泉です。

「黄金の湯」は鉄分が含まれるため空気に触れると茶褐色になるのが特徴。子宝の湯とも呼ばれ、リウマチ・神経痛・婦人病・冷え性など多くの効能があるといいます。いっぽうメタケイ酸を多く含む「白銀の湯」は、美肌や病後回復、疲労回復、健康増進などの効能が謳われています。

そんな「黄金の湯」や「白銀の湯」 が楽しめる温泉宿が数多くありますが、宿泊だけでなく日帰り入浴可能な温泉宿も多く、気軽に温泉を楽しむことができます。

日本三大うどんのひとつ「水沢うどん」

日本三大うどんのひとつ「水沢うどん」
伊香保の名物料理といえば、なんといっても長い歴史を誇る「水沢うどん」でしょう。秋田県の稲庭うどん、香川県の讃岐うどんと合わせ、日本三大うどんと称されるこのうどんは、坂東三十三観音霊場の第十六番札所として今も信仰を集める水澤寺周辺を発祥としており、現在このエリアは「水沢うどん街」と呼ばれています。

日本三大うどんのひとつ「水沢うどん」2
水沢うどんの特徴は、小麦粉、塩、水沢の水だけで打った麺のコシや食感の良さで、きらきらと光る太めの麺が食欲をそそります。水沢うどん街には、名店が数多くありますが伊香保温泉街からの帰りなどに寄る観光客が多く、週末や祝日は行列を作るお店も少なくありません。

数多く存在するミュージアム・美術館

伊香保周辺には数多くの美術館やミュージアムがあるのも人気の秘密です。

数多く存在するミュージアム・美術館
数多く存在するミュージアム・美術館2 Photo by Web magazine Colla:j

肉筆美人画、風景画、版画、書簡、デザイン画など様々な作品で知られる画家・竹久夢二の「竹久夢二伊香保記念館 」は特に人気を集めています。「大正ロマンの森」と呼ばれる広大な敷地内に数多くの施設が点在し、展示を楽しむだけでなく喫茶室で寛ぐこともできます。夢二が活躍した第一次世界大戦後のわずかな期間、日本で花開いた「大正ロマン」と呼ばれる華やかな時代の雰囲気に浸ってみてはいかがでしょう。

「竹久夢二伊香保記念館」
●0279-72-4788
●群馬県渋川市伊香保町544-119
http://yumeji.or.jp/

数多く存在するミュージアム・美術館3
伊香保の最寄り駅・JR渋川駅の近くにあるのはアール・ヌーヴォー様式の巨匠エミール・ガレやドーム兄弟のガラス工芸作品を中心に約120点展示している「群馬ガラス工芸美術館」。ここでは作品を見るだけでなくショップでガラス工芸品が購入できるほか、ガラスの絵付けやグラスクレイが体験できます。

「群馬ガラス工芸美術館」
●0279-20-1101
●群馬県渋川市渋川4204
http://www.ggart.co.jp/

海外でも人気が高いアニメ『頭文字D』の聖地「榛名山」

海外でも人気が高いアニメ『頭文字D』の聖地「榛名山」
伊香保温泉周辺の榛名山や渋川市が舞台になっているアニメ『頭文字D(イニシャルディー)』。海外でも高い人気を誇るクルマのアニメですが、その劇中で描かれた舞台を巡る“聖地巡礼”も訪日外国人の間で人気なのだとか。

海外でも人気が高いアニメ『頭文字D』の聖地「榛名山」2
そんな『頭文字D』ファンにお勧めなのが「伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館」。

海外でも人気が高いアニメ『頭文字D』の聖地「榛名山」3
海外でも人気が高いアニメ『頭文字D』の聖地「榛名山」4
海外でも人気が高いアニメ『頭文字D』の聖地「榛名山」5
もともとは懐かしいおもちゃや人形を展示していた博物館ですが、今ではちょっと古いクルマのコレクションでも知られた存在です。トヨタ2000GTを筆頭としたファン垂涎の60年代の名車に混じって展示されているのが、『頭文字D』関連のグッズたち。主人公の実家である「藤原豆腐店」のモチーフとなった藤野屋豆腐店の本物の看板や、実車版映画で使用された備品などを見ることができます。もちろん、劇中で活躍する「AE86」ことトヨタスプリンタートレノも展示されています。

「伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館」
●0279-55-5020
●群馬県北群馬郡吉岡町上野田2145 水沢観音下
http://www.ikaho-omocha.jp/

※2017年10月20日現在の情報です。詳細は店舗に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む