)

浅草のおすすめ観光・買い物スポット4選

2017.11.16

日本旅行の定番スポットとして、外国人観光客にも人気の浅草。「浅草寺」「浅草花やしき」など、浅草散策で外せない定番スポットのほか、「まるごとにっぽん」、「BUNKA HOSTEL TOKYO」など、新しいスポットも続々お目見え。古き良き日本と、新しく便利な施設が同居する浅草を巡って、グルメ&ショッピングを楽しんできました。

浅草のおすすめ観光・買い物スポット4選

1400年の歴史を誇る東京都最古の寺院。「浅草寺(せんそうじ)」

1400年の歴史を誇る東京都最古の寺院。「浅草寺(せんそうじ)」 雷門(画像提供/浅草寺)

浅草散策のスタートは「雷門(風雷神門)」。「雷門」と書かれた赤い大提灯は高さ3.9m、幅3.3mもあり、待ち合わせにぴったり。恰好の記念撮影スポットです。大提灯に目を奪われがちですが、門の左右に安置されている風神・雷神像の迫力ある表情も必見です。

1400年の歴史を誇る東京都最古の寺院。「浅草寺(せんそうじ)」2 宝蔵門(画像提供/浅草寺)

賑わう仲見世通りを過ぎると「宝蔵門(仁王門)」。両端に仁王像を安置した壮麗な門をくぐると左右に御守りやおみくじを授ける授物所があり、直径4.5mの大提灯がかかる本堂が正面に現れます。

1400年の歴史を誇る東京都最古の寺院。「浅草寺(せんそうじ)」3 お水舎(画像提供/浅草寺)

1400年の歴史を誇る東京都最古の寺院。「浅草寺(せんそうじ)」4 常香爐(画像提供/浅草寺)

参拝へと気が急きますが、まずは天井に「墨絵の龍」、手水鉢の上に高村光雲作の「龍神像」がある「お水舎」で、左右の手と口を清めるのが作法です。次に、本堂の前の常香爐で、香炉から立ち上る煙をいただいて無病息災を祈りました。

1400年の歴史を誇る東京都最古の寺院。「浅草寺(せんそうじ)」5 本堂(画像提供/浅草寺)

入母屋造りの大屋根が美しい本堂は、間口34.5m、奥行32.7m。堂内は内陣(ないじん・御本尊を安置する中央に位置する場所)と外陣(げじん・内陣の外側にある参拝するための場所)に分けられており、靴を脱いで内陣に上がることができます。浅草寺では御宮殿(ごくうでん)が内陣にあたり、観世音菩薩の御慈悲を身近に感じることができました。

日本最古の遊園地でキモノ体験を。「浅草花やしき」

日本最古の遊園地でキモノ体験を。「浅草花やしき」
日本最古の遊園地でキモノ体験を。「浅草花やしき」2 ローラーコースター

浅草寺の五重塔と薬師堂の間を抜けると、「浅草花やしき」の浅草門までは徒歩3分ほど。1853年に開園した「浅草花やしき」は、日本最古の遊園地です。園内には1953年に登場した日本で現存最古のローラーコースターが現役で運行しているほか、22種類のアトラクションと縁日コーナー、飲食店舗などが所狭しと立ち並び、ノスタルジックな雰囲気の中、時を忘れて楽しめます。

日本最古の遊園地でキモノ体験を。「浅草花やしき」3
入園ゲート「浅草門」前、パンダカフェ「茶の花」の2階には、着物とお茶席体験ができる「Nadeshiko」があり、賑わう浅草の街から一歩離れ、日本文化の象徴でもある着物とお茶を気軽に楽しむことができます。

日本最古の遊園地でキモノ体験を。「浅草花やしき」4 Nadeshikoプラン(着物とお茶席体験/お抹茶、お菓子、体験証明書)5,000円。
※要予約

全国各地のグルメ、特産品が勢揃い。「まるごとにっぽん」

全国各地のグルメ、特産品が勢揃い。「まるごとにっぽん」
次に向かったのは、2015年12月にオープンした「まるごとにっぽん」。日本の魅力が一堂に会した商業施設です。1階は地方色豊かな旬の食を集めたショップ、2階は地方発の生活用品を揃えた道具街、3階は市町村紹介ブースおよびイベントスペース、4階は日本の旬と下町風景を堪能できるレストランフロアと、全4フロアを巡ればそれだけで日本を一周したよう。

全国各地のグルメ、特産品が勢揃い。「まるごとにっぽん」2
全国各地のグルメ、特産品が勢揃い。「まるごとにっぽん」3
例えば愛媛県から出店している「スマイル&スウィーツ」では、愛媛県産柑橘類の100%ナチュラルジュース「蛇口からみかんジュース(380円)」が名物。3種類の柑橘類は季節ごとに異なるので、3種を小カップで飲み比べたあと、1種を通常カップで選べる「蛇口からみかんジュース 飲み比べセット(550円)」がオススメ。この日は、「河内晩柑(かわちばんかん)」と「南津海(なつみ)」、「デコポン」の3種を飲み比べ、甘さと酸味のバランスがいい「南津海」をチョイス。散策疲れも吹き飛ぶおいしさでした。

全国各地のグルメ、特産品が勢揃い。「まるごとにっぽん」4
全国各地のグルメ、特産品が勢揃い。「まるごとにっぽん」5
「いなほ新潟」では、新潟県産などのこだわりのお米を買えるだけではなく、魚沼産コシヒカリを使用したおにぎりも販売。「イチオシはお米本来の甘さ、旨みが感じられる『塩むすび(180円)』です」と店長さん。次にオススメの新潟特産でピリ辛の「かぐら南蛮みそ(220円)」の2つをお土産にしました。

「現代の日本らしさ」がコンセプト。「BUNKA HOSTEL TOKYO」

「現代の日本らしさ」がコンセプト。「BUNKA HOSTEL TOKYO」
「まるごとにっぽん」から徒歩2分。すしや通りに面したところに2015年にオープンしたホステルが「BUNKA HOSTEL TOKYO」です。ゆったりした広さでプライバシーも保てるオリジナル2段ベッドのカプセルタイプのドミトリールームが3,000円〜とリーズナブルに宿泊できるだけでなく、縁側のように街に開かれた1階は、宿泊者以外も気軽に利用できる「居酒屋ブンカ」になっています。

「現代の日本らしさ」がコンセプト。「BUNKA HOSTEL TOKYO」2
「現代の日本らしさ」がコンセプト。「BUNKA HOSTEL TOKYO」3 BUNKA鍋(1,170円〜)と日本酒(半合350円〜)

居酒屋ブンカでは、日本酒を中心としたお酒と旬の食材を使ったおそうざい、鰹と昆布の一番出汁をベースに、季節に合わせたこだわり食材を使った鍋料理が味わうことができます。日本らしい清潔感と心地よさの中、世界各国からの旅行者や日本各地からの観光客と気さくなコミュニケーションが楽しめます。

「浅草寺」
●03-3842-0181(日祝を除く9:30-16:00)
●東京都台東区浅草2-3-1
●6:00-17:00(10月-3月6:30-17:00)
●無休
http://www.senso-ji.jp

「浅草花やしき」
●03-3842-8780
●東京都台東区浅草2-28-1
●10:00-18:00(季節、天候などにより異なる)
●メンテナンス休園※要問合せ
http://www.hanayashiki.net

「Nadeshiko」
●03-3842-8756
●東京都台東区浅草2-7-24 2F
●11:00-17:00
●水・木曜休み(祝日は営業)
http://www.hanayashiki.net/shops/nadeshiko/

「まるごとにっぽん」
●03-3845-0510
●東京都台東区浅草2-6-7
●1F・2F 10:00-20:00
 3F 10:00-21:00
 4F 11:00-23:00
(一部店舗により異なる)
●無休
https://marugotonippon.com

「BUNKA HOSTEL TOKYO」
●03-5806-3444
●東京都台東区浅草1-13-5
●居酒屋 ブンカ カフェ7:00-16:00 LO(日15:30 LO)、ランチ11:30-14:00 LO、ディナー17:00-22:30 LO(日16:00-21:00 LO)
●無休
https://bunkahostel.jp/ja/

※2017年10月17日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む