ピンク色の機体とフレンドリーな接客が評判! 日本のLCC「Peach」人気の秘密

2017.10.27


日本のLCC(低コスト航空会社)として代表的な存在がPeach。遠くからでもわかる、フーシア色(ピンク色と紫色の中間色)の可愛い機体は、日本の空港を訪れた人ならきっと見覚えがあるでしょう。日本への観光旅行を、これまでよりもっと身近に、もっと便利にさせてくれる存在として、その魅力と賢い利用法を紹介します。

アジア各地から関西、そして日本各地へ


Peachは、国際線14路線、国内線14路線のネットワーク。羽田空港や成田空港にも運航していますが、拠点となっているのは関西空港。ソウル、釜山、上海、台北、高雄、香港を結ぶ路線が運航されています。アジア各国から京都・大阪などへ直行するには最適といえるでしょう。

また、2017年9月には、台北から仙台・札幌への路線も運航開始。日本での観光目的地に合わせてさらに利用しやすくなっています。


さらに注目なのは沖縄・那覇空港のハブ空港化です。台北、香港、ソウル、さらにはバンコクから那覇空港への便が就航していて、那覇空港から日本国内への大阪・福岡便を乗り継いで「飛び石観光」が可能。「空飛ぶ電車」というキャッチフレーズを持つPeachならではです。これに対応して、インターネット上でも最大4区間までまとめて予約が可能になっています。

圧倒的な安さはもちろん、信頼性の高さも魅力


最大の魅力はやはり低価格です。Peachの通常運賃の最安値は、たとえばソウル—大阪片道で5,280円、台北—大阪片道で6,980円と、大手航空会社の早期購入割引価格と比べても半額程度。燃料サーチャージもありません。日本のほかのLCCと比較しても安くなっています。

でも、その安さはあくまで安全性を確保した上でコストを追求した結果です。Peachは日本の大手航空会社であるANAグループが筆頭株主であり、機材や整備面での信頼性は当然。その上で、使用する機体をエアバスA320に統一、整備マニュアルを徹底的に見直すほか、CAやパイロットでさえ機内清掃に参加するなど会社全体でローコストを実現しています。

就航開始は2012年3月。日本のLCCの中でもPeachはいち早く3年目で黒字化を果たし、就航開始5年で利用者の累計は2000万人を超えました。就航率は99%を超えており、大手航空会社を凌いでいることは、大きな信頼に結びつくものと言えるでしょう。2017年9月には、仙台、札幌より新たに4路線が就航しました。就航を記念して、実際に旅行した個人が “KAWAII”を共有し、紹介し合う新しい旅メディアCOMOMOが新登場。宮城県をはじめとする、東北を旅した旅行者個人が発見した東北の“KAWAII”モノやコトが掲載されています。

Peachならではのユニークなサービスも魅力


サービスの独自性も大きな特徴です。乗客に対する手取り足取りのサービスはありませんが、その中でも快適な雰囲気で過ごさせてくれるのは、お客さまとの接点になるCAの存在です。乗ってみるとわかりますが、PeachのCAは髪の色や髪型が多彩。コミュニケーション力を重点に採用されていて、中には関西弁のアナウンスを聞かせてくることも。親しみやすい姿が、「空飛ぶ電車」にふさわしく、利用者には好評です。




機内食やデザート、ドリンクなどは有料ですがメニューは豊富。それも、たとえば大阪・道頓堀の人気たこ焼き専門店「たこ昌」のたこ焼、「焼肉たむら」のお肉が入ったカレーパン、日本のみかん名産地・和歌山産の飲むみかんなどなど、関西の名品、特産品が用意されています。フライト90分以上の国際線なら事前予約もOKです(*ソウル、釜山線除く)。

また、ホテルやレンタカーなども、PeachのHPからお得に予約可能。各空港から有名観光地への割引きっぷや乗り放題バスなどは機内で販売されています。

LCCならではの注意点も忘れずに

●料金体系をよく理解して予約を
Peachの運賃は3種類。航空券のみの「シンプルピーチ」、受託手荷物1個・座席指定・変更手数料無料などの基本オプション込みの「バリューピーチ」、さらに荷物が多い人向けにおすすめの受託手荷物2個付き「プライムピーチ」があります。お土産などで大きな荷物を運ぶ予定があったり、スケジュール変更の可能性があるならオプション込みのバリューピーチやプライムピーチがおすすめです。いずれにしても予約はインターネットからの方が手数料はお得です。

●HPで最新情報をチェック!
Peachの場合、空席状態によって料金が変動します。また、メルマガ登録をしておくと、キャンペーンやセールで格安情報がいち早く入手できます。もちろん期日は限定されますが、スケジュールさえ都合がつくなら、こういった情報に合わせて旅の予定を決めるのもいいでしょう。

●旅の計画は余裕を持って
使用している機体が少ないLCCでは、Peachのように就航率は高くても、天候などによる遅延はある程度発生します。特に乗り継ぎなどを予定しているなら、余裕を持って計画を練っておきましょう。

「Peach」
http://www.flypeach.com

※2017年10月10日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む