)

シリーズ「日本の工場見学」その1

2016.10.11

大阪、広島、北海道など、日本全国には世界に誇る日本のモノづくりを支える工場が点在しています。新たな観光スポットとして注目を集める「工場見学」をシリーズでご紹介します。

シリーズ「日本の工場見学」その1

ロータリーエンジンの歴史からル・マン優勝車まで「マツダミュージアム」(広島)

広島駅や原爆ドーム(gembakudomu)からも近いマツダミュージアムでは、ヒストリックカーの展示とともに、1920年代からのマツダの歴史を辿ることができます。ロードスター、RX-7、コスモスポーツなど名車の歴史を体験でき、エンジンの展示や製造ラインの見学、クルマづくりのプロセスを学ぶこともできます。ル・マン24時間耐久レースで優勝した787Bの展示や、歴代のロータリーエンジン、SKYACTIV TECHNOLOGY技術展示などもあり、見応えたっぷりです!

ロータリーエンジンの歴史からル・マン優勝車まで「マツダミュージアム」(広島)
●マツダミュージアム●082-252-5050
●広島県安芸郡府中町新地3-1
http://www.mazda.com/ja/about/museum/reservations/
●見学無料●ツアー定員45名●駐車場なし ※見学は完全予約制 電話予約受付:平日 8:30-12:00、12:45-17:00

自分だけのカップヌードルを作ろう「カップヌードルミュージアム」(横浜)

自分だけのカップヌードルを作ろう「カップヌードルミュージアム」(横浜)
日本のインスタントラーメンの代名詞「カップヌードル」。ミュージアム内では、世界で1つだけのカップヌードルが作れる「マイカップヌードルファクトリー」(整理券OR利用券が必要)と、小麦粉からチキンラーメンを作ることができる「チキンラーメンファクトリー」(事前予約制)の2つの体験コーナーがあります。

自分だけのカップヌードルを作ろう「カップヌードルミュージアム」(横浜)2

自分だけのカップヌードルを作ろう「カップヌードルミュージアム」(横浜)3
●カップヌードルミュージアム●045-345-0918
●横浜市中区新港2-3-4
http://www.cupnoodles-museum.jp/index.html
●10:00-18:00(入館17時まで)●火曜・年末年始休み●入館料大人(大学生以上)500円

日本を代表するウイスキーができるまで「サントリー山崎蒸留所」(大阪)

日本を代表するウイスキーができるまで「サントリー山崎蒸留所」(大阪)
原料の仕組みから麦の発酵、蒸留、樽での熟成というウイスキーの製造工程を見学できます(イヤホンガイドは英語・仏語・中国語対応)。貯蔵庫で長い時間をかけて熟成されるウイスキー樽が並ぶ光景は、神秘的な雰囲気すら漂います。製造見学の後は、蒸溜所ならではの希少なモルト原酒のテイスティングも。隣接する「山崎ウイスキー館」では、日本初の本格国産ウイスキー「白札」のボトルや、日本のウイスキーの歩みを紹介する展示物、多彩な原酒やウイスキー数千本がずらりと並ぶ壁面が圧巻の「ウイスキー・ライブラリー」も見学できます。

日本を代表するウイスキーができるまで「サントリー山崎蒸留所」(大阪)2

日本を代表するウイスキーができるまで「サントリー山崎蒸留所」(大阪)3

日本を代表するウイスキーができるまで「サントリー山崎蒸留所」(大阪)4
●サントリー山崎蒸溜所●075-962-1423
●大阪府三島郡島本町山崎5-2-1
http://www.suntory.co.jp/factory/yamazaki/inspection/distillery_tour/index.html
●9:30-17:00●年末年始・工場休業日を除き無休●20歳以上、1,000円/人(有料コース)※事前予約&確認必要

※いずれも2016年9月7日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上お出かけください。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む