蔵見学〜生酒試飲、地元の名産を味わえる料亭まで。世界が認めたこだわりの日本酒に出合える「神戸酒心館」へ。

2017.08.29

世界的にも注目を浴びている酒(SAKE)は日本各地で造られています。中でも神戸市の灘地区は、数々の名酒を生み出してきた歴史的にも重要な場所。今回は1751年創業の灘五郷の一つ、御影郷(みかげごう)で酒造りをはじめた蔵元「神戸酒心館」の魅力や様々な取り組みをご紹介します。


国際的に有名な日本酒「福寿」の蔵元

神戸市の灘の「神戸酒心館」はノーベル賞公式行事でも供された「福寿」の醸造元です。昔ながらの伝統的な手法で造り上げる酒は、香り、味わいともに奥深く、誰もが感銘を受けるおいしさと評判です。
水、米、麹というシンプルな自然の材料だけを使い、発酵させ、絞り、透明な一滴にする技術は、日本酒ならではのもの。特にこの酒蔵は丁寧な酒造りで古くから知られ、それにより生み出されるピュアな味わいが特徴です。


外国人でも楽しめる酒蔵見学は無料!

神戸酒心館では無料の酒蔵見学を行っており、酒造りを知るとともに、試飲によってお酒の味わいを比べることもできます。酒造りの工程がよくわかるビデオは4ヶ国語(日本語・英語・中国語・韓国語)で視聴が可能。また、海外からの旅行者も楽しめるよう16ヶ国語に対応したオフィシャルサイトやパンフレットなども用意されています。

見学コースはA、B、Cの3コースがあり、滞在時間に応じて選ぶことができます。スタッフから酒造りの話を聞き、醸造タンクなど酒造りの現場を目にしながら、酒の芳しい香りに包まれる体験は、とても貴重なものになるはず。
「利き酒」でお酒の味を比べ、気に入った銘柄を見つけたら、直営ショップ「東明蔵」で購入することもできます。酒肴なども数多く揃っており、お土産選びにもオススメです。


酒とともに味わう季節の一品を併設の日本料理店で

同じ敷地内にある日本料理店「さかばやし」では、木造酒蔵をそのまま使った空間で、お酒とともに季節の日本料理を味わうことができます。こだわりの自家製豆富や蕎麦とともに、蔵元でしか味わえないフレッシュな生原酒を味わう贅沢はいかがですか。




「神戸酒心館」
●078-841-1121
●兵庫県神戸市東灘区御影塚町1-8-17
http://www.shushinkan.co.jp/
●蔵見学・売店10:00-18:00
●年末年始休み

「蔵の料亭さかばやし」
●078-841-2612
昼:11:30-14:30(LO 14:00)
夜:17:30-22:00(LO 21:00)
●年末年始休み

※2017年8月4日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む