夏は屋形船で盛り上がる!

2017.06.08

日本旅行で東京観光は定番ですが、夏は蒸し暑く過ごしにくいもの。そんな夏の観光は屋形船に乗って東京湾に繰り出してみるのがオススメです。心地よい水面の風で涼みながら、夜景を眺めたり花火鑑賞を楽しんだり。盛り上がること間違いなし!の東京の夏の風物詩です。

船上から花火を楽しめる「なわ安」







船内の宴会場は、掘りごたつ式で足元を広く使え、ゆったりとくつろぐことができます。英語表記のメニューや英語対応スタッフも在籍するなど旅行者にも安心のサービスが。宴会では、寿司職人のパフォーマンスが見られる江戸前握り寿司や英語落語などの手配や浴衣のレンタルも可能です(有料・要問い合わせ)。





夏の風物詩、花火の時期には、船上デッキから花火を見ることもできます。打ち上げ場所近くに停泊し、東京湾を360度見渡すことができます。開放感のある船上から眺める花火は迫力満点!盛り上がること間違いなし、屋形船ならではの絶景です!!

「なわ安」
●03-3451-1379
http://www.nawayasu.com/
※乗り場へのアクセスは要問い合わせ

絢爛豪華な和式客船「御座船 安宅丸」



凝ったデザインと贅沢なサービスで注目を集めるJR九州の豪華寝台車「ななつ星」のデザイナーが監修した、東京湾随一の和式豪華客船「御座船 安宅丸」。二層構造の船には約500名が乗船可能。船上演劇を楽しめるコースもあり、食事やお酒をとりながら観劇が可能です。







他にも「モーニングクルーズ」や「ショートクルーズ」など、人数と目的に応じて様々なコースが選べます。絢爛豪華な客船から東京湾を臨む華やかなクルージングは、他では味わえない贅沢な思い出になるはず。

「御座船 安宅丸」
●0120-532-150
https://www.samuraiship.tokyo/
●日の出乗り場:東京都港区海岸2-7-104/青海乗り場:東京都江東区青海2-58
※乗り場へのアクセスは要問い合わせ

東京湾に浮かぶ料亭「晴海屋」



144名定員の大型屋形船「白鷺」を持つ晴海屋。多言語対応可能なスタッフもいるので安心です。海上から眺める都心の景色、彩り豊かな日本料理やおもてなしを五感で存分に味わうことができる、最高の船あそび体験になることでしょう。



スカイデッキは開放感たっぷり



晴海屋HPには、屋形船から眺める花火大会の様子や宴会などの動画も紹介されています。ぜひチェックしてみてください。

「晴海屋」
●東京都江東区東砂6-17-12
●03-3644-1344
http://www.harumiya.co.jp/
※乗り場へのアクセスは要問い合わせ

※いずれも2017年4月30日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。


この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む