忍者になろう! 中・上級編

2017.06.12

世界で人気を集める日本の「忍者」。テレビや映画の中でその姿は様々な解釈が加えられてきましたが、日本には忍者本来の技や武具を伝統文化として今に伝える施設もあります。日本旅行で、ちょっと本気の「忍者体験」を味わってみませんか。

甲賀忍者のふるさとで修行を「甲賀の里 忍術村」(滋賀県)





日本で忍者といえば甲賀と伊賀が双璧ですが、甲賀忍者を生んだ滋賀県甲賀市の山あいにある「忍術村」には、忍術博物館や忍者の子孫の家を移築したからくり屋敷、手裏剣道場などがあります。忍者道場では石垣登りや塀越え、綱渡り、井戸抜けなど9つの修行にチャレンジ。クリアすれば免許皆伝の巻物がもらえます。

「甲賀の里 忍術村」
●滋賀県甲賀市甲賀町隠岐394
●0748-88-5000
http://koka.ninpou.jp/
●10:00-16:00(週末、夏季、および連休は9:00-17:00、最終入村時間は閉村30分前)
●入村料1,030円
●月曜(祝日の場合は翌日)休み ※都合により営業時間や日程の変更があるので電話で確認を

伊賀忍者の歴史を知って忍術体験「伊賀流忍者博物館」(三重県)







一方、伊賀にも歴史の陰で活躍した伊賀忍者の資料や武具の展示が充実した「伊賀流忍者博物館」があります。数々の仕掛けが施された伊賀流忍者屋敷をはじめとした展示施設で、忍者が工夫を凝らして考え出した道具や現代に使える忍術を紹介。また、手裏剣や刀、くさり鎌などを駆使した実演を行う忍術ショーも開かれています。

「伊賀流忍者博物館」
●三重県伊賀市上野丸之内117
●0595-23-0311
http://www.iganinja.jp/
●9:00-17:00(入館受付は16:30まで)
●入館料金756円、忍者ショー400円(入館料別途)、手裏剣打ち体験200円(5枚)
●12月29日〜1月1日休館

「和の心」を尊ぶ現代版忍術修行「養沢野忍庵」(東京)





貴重な首都圏での忍者体験です。東京の山里を舞台に、心と技を磨く忍者修行。礼法、忍具の説明、手裏剣など約2時間の基本プログラムから、野外での修練を加えた一日プログラムまでオーダーメイド。日本文化を知りたい海外の方には通訳の手配も可能です。

「養沢野忍庵(よざわやにんあん)」
●東京都あきる野市養沢1148
●042-588-5126
https://www.yajin-ninja.jp/
●体験日時、時間は打合せにより決定、基本プログラム3名まで32,400円〜、4名以上は1名増えるごとに10,800円、通訳の手配や、団体、企業研修などは応相談

体験ツアーのご紹介:

https://www.govoyagin.com/ja/activities/japan-mie-dress-like-a-ninja-and-visit-the-ninja-museum-in-iga-ueno/3242?acode=smbccard

※いずれも2017年4月20日現在の情報です。詳細は直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む