)

観光列車から見る海沿い絶景スポット

2017.05.24

変化に富んだ地形を持つ日本での旅行は、車窓の眺めも楽しみ。特に注目なのが海沿いを走る観光列車です。都会から田園風景、そして海辺へ。今回は静岡、秋田・青森、熊本・鹿児島の3つのルートでご紹介しましょう。

海を眺めてくつろげる大人のリゾート列車「伊豆クレイル」

海を眺めてくつろげる大人のリゾート列車「伊豆クレイル」
海を眺めてくつろげる大人のリゾート列車「伊豆クレイル」2
海を眺めてくつろげる大人のリゾート列車「伊豆クレイル」3
海を眺めてくつろげる大人のリゾート列車「伊豆クレイル」4
海を眺めてくつろげる大人のリゾート列車「伊豆クレイル」5
海を眺めてくつろげる大人のリゾート列車「伊豆クレイル」6
神奈川県の小田原駅から静岡県伊豆急下田駅まで、伊豆半島東海岸を走る全席グリーン車指定席の快速列車。海側にカウンター席がある1号車、バーカウンター・ラウンジの2号車、3~4人用コンパートメントがある3号車など、車両ごとに違った4両編成。1・3号車は食事とドリンクがセットになっています。

「伊豆クレイル」
http://www.jrizu.jp/izucraile/
●1・3号車への乗車は旅行ツアー商品としての販売のため、プランによって料金が異なり、片道9,800円〜。4号車はきっぷで発売、小田原—伊豆急下田運賃2,290円、グリーン料金1,280円

スローライフな旅を楽しむ、動くレストラン「おれんじ食堂」

スローライフな旅を楽しむ、動くレストラン「おれんじ食堂」
スローライフな旅を楽しむ、動くレストラン「おれんじ食堂」2
スローライフな旅を楽しむ、動くレストラン「おれんじ食堂」3
スローライフな旅を楽しむ、動くレストラン「おれんじ食堂」4
スローライフな旅を楽しむ、動くレストラン「おれんじ食堂」5
スローライフな旅を楽しむ、動くレストラン「おれんじ食堂」6
スローライフな旅を楽しむ、動くレストラン「おれんじ食堂」7
スローライフな旅を楽しむ、動くレストラン「おれんじ食堂」8
熊本県新八代駅と鹿児島県川内駅を結ぶ「肥薩おれんじ鉄道」の観光列車。海を眺めるカウンターテーブルがあるダイニング・カーの1号車は23席、ホテルのリビングスペースをイメージしたリビング・カーの2号車は20席と、贅沢に空間を使用した2両編成です。沿線の特産品を使った料理のほかお土産も用意されています。

「おれんじ食堂」
●おれんじ鉄道予約センター
●0996-63-6861
http://www.hs-orange.com/kankou/
●飲食付きパッケージプラン6,500円~2万1,000円(1,2号車)、乗車のみの場合は2号車となり、新八代―川内運賃2,780円+座席指定料金1,400円

世界遺産の山々と日本海の間を走る!「リゾートしらかみ」

世界遺産の山々と日本海の間を走る!「リゾートしらかみ」
世界遺産の山々と日本海の間を走る!「リゾートしらかみ」2
世界遺産の山々と日本海の間を走る!「リゾートしらかみ」3
運転開始から20周年を迎えたリゾート列車の先駆け。秋田県秋田駅から青森県弘前駅を経由して新青森駅・青森駅へ、海を眺めつつ世界遺産・白神山地を回ってつなぎます。「橅」、「青池」、「くまげら」の3編成はどれも個性豊か。展望室やボックス席の車両もあり、「橅」編成はカウンターも備えて地酒やスイーツなど沿線のグルメやお土産も販売。

「リゾートしらかみ」
https://www.jreast.co.jp/akita/gonosen/
●秋田—青森4,430円、指定席料金520円

※いずれも2017年4月1日現在の情報です。詳細は直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む