関西で見つけた「ちょっとレトロで怖い」乗り物

2017.05.17

家族で旅行に行くなら、レジャースポットで思い切りワイワイ遊びたい!そんな方へ今回は知る人ぞ知る遊園地の、レトロな大型遊具をご紹介します。「年月を経た感じがドキドキする」と今日本で話題の観光スポットが登場!

日本最古の大型遊具「飛行塔」(奈良県)

「飛行塔」

奈良県の生駒山上遊園地にある「飛行塔」は、開園当初から約80年間ずっと回り続けている日本最古の大型アトラクションです。鋼鉄の塔の無骨さやころんとした飛行機の、レトロな佇まいも魅力的。標高642mの山頂から、さらに30m上空へ浮かんで見渡す奈良盆地や大阪平野は絶景です!



●生駒山上遊園地
●0743-74-2173
●奈良県生駒市菜畑2312-1 
http://www.ikomasanjou.com/
●10:00-17:00(季節により変動あり)
●木曜休み(祝日及び春休み・夏休み期間は営業、冬季休園)
●入園無料
●のりものフリーパス:大人3,200円

レトロ乗り物ブームの火付け役「カーレーター」(兵庫県)


兵庫県の「カーレーター」は約50年前に開通した、ロープウェイ山上駅と展望台を結ぶエスカレーター式の乗り物です。当時の姿をそのまま残し、ガタゴトとひどく揺れる乗り心地の悪さが「しんどいけど面白い」と人気を呼んでいます。
※体調不良の方、妊婦の方の利用は注意が必要です

「カーレーター」
●須磨浦山上遊園
●078-731-2520
●神戸市須磨区一ノ谷町5-3-2
http://www.sumaura-yuen.jp/facilities/facilities02.html
●火曜休み(祝日及び春休み・夏休み期間は営業)
●無休
●片道200円、往復300円

最もスリリングな体験「スカイサイクル」&「チューピーコースター」(岡山県)


岡山県のブラジリアンパーク鷲羽山ハイランドは、絶景と絶叫アトラクションが同時に楽しめる遊園地。特に「スカイサイクル」の瀬戸内海を見晴らす地上16mのコースは、開放的な高所の怖さに加え、横揺れや年代もののレールがギシギシときしむため、どんな絶叫マシンより怖いと大きな話題を呼んでいます。足がすくんで進めなくなったら、後続車に押してもらって帰りましょう。
同園の「チューピーコースター」も年月を感じさせる車両や走行中の轟音が面白いと、隠れた名アトラクションです。
「スカイサイクル」&「チューピーコースター」

●ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド
●086-473-5111
●岡山県倉敷市下津井吹上303−1 
http://www.w-highland.co.jp/
●10:00-17:00(季節により変動あり)
●無休
●フリーパスポート 大人2,800円

※2017年4月10日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む