)

おすすめ東京体験3選

2016.09.29

東京観光でぜひオススメしたい、話題の施設をご紹介します。日本には伝統的な食や工芸品、芸術が数多くあり、体験できるものもたくさん。今回は王道から新定番まで、3つの体験スポットにご案内します。

日本の伝統文化・茶道を世界に発信している「茶禅」(銀座)

日本の伝統文化・茶道を世界に発信している「茶禅」(銀座)
銀座 茶禅では、日本の伝統文化の素晴らしさやお抹茶の美味しさを体験することができます。茶道歴30年以上のベテラン茶道家竹田さんは、パリの凱旋門やNYのタイムズスクエアなど、海外の路上でお茶会を開くなど、ユニークな形で茶道を世界中に広めています。歌舞伎座の隣の本格的な茶室で、茶道を通じて日本の心を体験してみてはいかがでしょう。英語・中国語での対応が可能です。

日本の伝統文化・茶道を世界に発信している「茶禅」(銀座)2
●銀座 茶禅 茶道体験●03-6264-0690●東京都中央区銀座4-12-17銀座石川ビル 5F● http://www.chazen-us.com●10:00-20:00●無休●45分間の茶道体験3,500円(税込)要予約 ※当日予約も可。予約はサイトのフォームもしくは info@chazen-co.jp

繊細な飴細工を体験するなら「アメシン」(浅草)

繊細な飴細工を体験するなら「アメシン」(浅草)
飴に命を吹き込むような、日本随一の技術を誇る飴細工職人の手塚さん。手塚さんはなんと元花火師。モノ作りの職人でもある手塚さんのお店「アメシン」で、惚れ惚れする繊細な飴細工体験はいかがですか。目と舌両方で味わうことのできる体験は、きっと忘れられない想い出になるでしょう。

繊細な飴細工を体験するなら「アメシン」(浅草)2
●飴細工体験 アメシン●03-5808-7988●東京都台東区今戸1-4-3 1F ● http://www.ame-shin.com/●11:00-18:00 ●木曜休み●大人3,000円子供(高校生以下) 2,500円

地震発生から避難まで、72時間を生き延びる体験「そなエリア東京」(お台場)

地震発生から避難まで、72時間を生き延びる体験「そなエリア東京」(お台場)

地震発生から避難まで、72時間を生き延びる体験「そなエリア東京」(お台場)2
数多くの地震に見舞われてきた日本。「東京直下72hTOUR」は、マグニチュード7.3、最大震度7の首都直下地震の発生から避難までを体験することができます。人間が食べず飲まず生き延びられる目安は3日間(72時間)と言われています。リアルなセットの中で、タブレット端末(日本語・英語対応)を使ったクイズに答えながら、災害発生後の72時間を生き抜く知恵を無料で学び、危機管理能力の大切さを身をもって感じられる防災体験です。震度7の地震が起きた直後の街を、リアルなセットで再現しています。

●そなエリア東京●東京都江東区有明3-8-35 東京臨海広域防災公園内●9:30-17:00●03-3529-2180●http://www.tokyorinkai-koen.jp/●月曜休み●入場無料

※いずれも2016年9月6日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む