)

人気駅弁ランキング 山陽新幹線編(姫路・岡山・博多)

2017.05.23

日本での観光旅行ではおなじみの新幹線。いくら速いとは言っても、東京から大阪、そして九州博多へはそれなりの長旅です。だからこそ、お楽しみは食事。今回は山陽新幹線でぜひ食べたい人気駅弁をご紹介します。わざわざ買いに行かなくても、予約しておけば指定席に届けてくれるサービスもあります。

伝統製法で仕上げた穴子が人気!「あなごめし」(姫路駅ほか)

伝統製法で仕上げた穴子が人気!「あなごめし」(姫路駅ほか)
姫路駅の人気駅弁。錦糸玉子の上にのせられているのは、伝統の製法で仕上げられた煮穴子、椎茸煮、刻み穴子、奈良漬など。製造するまねき食品は、明治22年、日本で初めて「幕の内駅弁」を販売した老舗です。姫路駅構内やホームでは、3日前に予約すれば朝6時(新幹線改札前中央売店)からの取り置き販売も可能。

「あなごめし」
●まねき食品
●079-224-0251
http://www.maneki-co.com/
●1,000円

岡山の郷土料理を駅弁に「桃太郎の祭ずし」(岡山駅ほか)

岡山の郷土料理を駅弁に「桃太郎の祭ずし」(岡山駅ほか)
岡山は日本の昔話を代表する桃太郎ゆかりの地。その名前を背負ったお弁当です。桃をかたどった器の中に入っているのは、岡山の郷土料理であるばら寿司をベースにしたもので、海老や穴子、たけのこ、サワラの酢漬け、小鯛の甘酢漬けなどさまざまな食材が散りばめられています。

「桃太郎の祭ずし」
●三好野本店
●0120-35-3355
http://www.miyoshino.com/
●1,000円

辛子明太子の辛さが鯖の味を引き立てる「博多めんたい焼き鯖ずし」(博多駅ほか)

辛子明太子の辛さが鯖の味を引き立てる「博多めんたい焼き鯖ずし」(博多駅ほか)
辛子明太子の辛さが鯖の味を引き立てる「博多めんたい焼き鯖ずし」(博多駅ほか)2
全国的に知られた明太子のやまやが手がけた駅弁。空弁としても人気です。脂の乗った分厚い焼き鯖と酢飯の間に大葉と熟成明太子のペーストがサンドイッチされています。ラップを外せば中身は8貫分に切られているので、味のハーモニーがそのまま味わえます。

「博多めんたい焼き鯖ずし」
●やまやコミュニケーションズ
●0120-15-7102
http://www.yamaya.com/
●新幹線の車内販売価格1,200円

上記で紹介した駅弁お届けの予約について

のぞみ、ひかり、みずほ、さくら号の指定席、グリーン席に限り、席までのお届けサービスがあります。予約は乗車の5日前までです。

●ジェイアール西日本フードサービスネット 大阪列車営業支店
●0120-834-895(9:00〜17:00)
http://www.jwfsn.com/business/shinkansen_service/ekiben_yoyaku/

※いずれも2017年4月1日現在の情報です。詳細は直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む