)

シリーズ「日本の世界遺産」知床を歩く

2017.04.06

日本の旅行で自然を満喫するなら、北海道東部の世界自然遺産「知床(shiretoko)」は外せません。世界自然遺産に登録されているのは、火山活動などによって形成された標高1,500m 級の急峻な山々、海岸断崖、湿原・湖沼群などで構成された約7万1,100haもの広大なエリアです。海と陸の生態系の豊かなつながりがあり、希少種や固有種を含む生物の多様性を維持するために重要な地域として普遍的な価値があるとされています。

シリーズ「日本の世界遺産」知床を歩く

まずはここから。知床の代表的な景勝地 「知床五湖」(北海道斜里町)

知床(shiretoko)の代表的な観光スポットは、知床五湖。ヒグマ対策のための電気柵を設けた高架木道・展望台ルート、地上遊歩道ルートの2つの散策ルートがあり、オホーツク海と知床連山を眺めながらの散策や、生命力溢れる原生林や巨木巡りが楽しめます。今まで熊が活発に活動する春~夏の時期(繁殖期)は、地上遊歩道はずっと閉鎖されていました。しかし、2011年より認定ガイドが同行すれば、夏の知床五湖にも入れるようになりました。知床(shiretoko)ならではのダイナミックな自然を楽しむためのウォーキングガイドツアーを紹介しましょう。

まずはここから。知床の代表的な景勝地 「知床五湖」(北海道斜里町)

まずはここから。知床の代表的な景勝地 「知床五湖」(北海道斜里町)2

初心者向けからの多彩なコースを用意 「知床未知案内」

原生林に囲まれた大小五つの湖を散策する知床(shiretoko)の定番コース「知床五湖ツアー」のほか、季節により大きく姿を変え、夏には消える「ぽんほろ沼」を巡る「幻の沼コース」、開拓跡地を通って原生林に入り、海に注ぐ滝を見に行く「けものみちコース」など、多彩なトレッキングツアーがあります。

初心者向けからの多彩なコースを用意 「知床未知案内」

初心者向けからの多彩なコースを用意 「知床未知案内」2
●知床未知案内 
●080-2674-3049
http://rausu.iinaa.net

知床半島の最高峰にご案内 「シャローム・ガイドオフィス」

こちらでは野性味あふれる道東・阿寒・知床(shiretoko)エリアを中心に、安全で楽しい登山、自然散策を楽しむことができます。日本百名山のひとつで、頂上からはオホーツク海や根室海峡、国後島までが望める知床半島の最高峰・羅臼岳登山コースや、火山活動を体感しながら変化に富んだ硫黄山登山コースなどが用意されています。

知床半島の最高峰にご案内 「シャローム・ガイドオフィス」 羅臼岳頂上からの眺め

知床半島の最高峰にご案内 「シャローム・ガイドオフィス」2 羅臼岳をバックに尾根道を歩く

知床半島の最高峰にご案内 「シャローム・ガイドオフィス」3 羅臼岳から硫黄山に続く山なみ

知床半島の最高峰にご案内 「シャローム・ガイドオフィス」4 夏でも雪渓が遅くまで残っている

●シャローム・ガイドオフィス 
●090-5957-1359 
http://www.shalomguide.com

※いずれも2017年3月6日現在の情報です。詳細は施設に直接お問い合わせの上おでかけ下さい

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む