)

浅草で人気の食べ歩きグルメ・スイーツ

2017.03.31

東京・浅草は下町情緒あふれる観光地として有名です。街中には昔ながらの和菓子店が数多くあり、行列ができるほどの人気のお店も。下町散策中の小腹を満たしてくれるお手頃価格の和スイーツをご紹介します!

香ばしい匂いが食欲をそそる「揚げ饅頭」(浅草九重)

香ばしい匂いが食欲をそそる「揚げ饅頭」(浅草九重)
あげまんじゅうとは、饅頭の外側をごま油でカリッと揚げたもの。人気店「九重」では店頭で揚げたてを販売しています。全部で8種類。店先から漂う香ばしい匂いが食欲をそそります。

香ばしい匂いが食欲をそそる「揚げ饅頭」(浅草九重)2
香ばしい匂いが食欲をそそる「揚げ饅頭」(浅草九重)3
1個120円~170円

香ばしい匂いが食欲をそそる「揚げ饅頭」(浅草九重)4
お土産用
10個入りのお土産用 1,590円

定番のこしあん、つぶあん、抹茶あん、いもあん、かぼちゃあん、桜あん、カスタードなど種類は豊富で、もんじゃ味など変わり種もあります。友達や家族で分け合って食べ比べできるのも楽しみです。

●あげまんじゅう 浅草九重
●東京都台東区浅草2-3-1
●03-3841-9386
●9:30-19:00
●無休

一度食べたらやみつき!「ジャンボめろんぱん」(花月堂本店)

一度食べたらやみつき!「ジャンボめろんぱん」(花月堂本店)
雷門のすぐそばにある、花月堂本店。創業昭和20年という歴史ある和菓子屋さん。名物「ジャンボめろんぱん」は、週末には本店だけで1日で2,000個売れるという大人気商品です。

一度食べたらやみつき!「ジャンボめろんぱん」(花月堂本店)2
1個200円(税込)

直径14cmの存在感たっぷりのジャンボめろんぱんは、外はサクッ、中はふわふわの食感。保存料を一切使用していないため、美味しく食べるならその日のうちがベスト。2階にはゆっくりと畳で寛げるカフェも併設。営業は午前9時~完売次第なので、早めの時間帯に行くのがオススメです。

●花月堂本店
●東京都台東区浅草2-7-13
●03-3847-5251
http://www.asakusa-kagetudo.com/
●9:00-売り切れ次第終了
●無休

下町浅草スイーツの王道 「大学芋」(おいもやさん興伸 浅草伝法院通り店)

下町浅草スイーツの王道 「大学芋」(おいもやさん興伸 浅草伝法院通り店)
創業140年の芋菓子専門店「おいもやさん興伸」。人気商品は「大学芋」と「スイートポテト」。大学芋とは、油で揚げたサツマイモに糖蜜を絡めた、黄金色がきれいな下町の王道スイーツ。

下町浅草スイーツの王道 「大学芋」(おいもやさん興伸 浅草伝法院通り店)2
大学芋みやび 200g 440円

下町浅草スイーツの王道 「大学芋」(おいもやさん興伸 浅草伝法院通り店)3
スイートポテト1個240円

大学芋は通年販売の「みやび」のほか、季節限定の芋を使用したものなど、一年を通して楽しむことができます。他にも芋ようかん、芋飴、芋けんぴなど、充実の芋菓子が種類豊富に取り揃えられています。

●おいもやさん興伸 浅草伝法院通り店
●東京都台東区浅草1-39-9
●03-5828-8530
http://www.oimoyasan.com/index.html
●10:00-19:00 ※都内、埼玉に複数店舗あり

※2017年3月1日現在の情報です。詳細は店舗に直接お問い合わせの上おでかけ下さい。

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」しよう

新着コラム

コラムをもっと読む